アコースティックギター弦交換-弦張りとチューニング

ブリッジピンで新しい弦を固定する

 

いよいよ弦を張る作業です。

 

弦の順番はどこからでも構いませんが、まずは全弦ブリッジピンで固定します。

 

弦のポールエンドをブリッジの穴に入れ、ブリッジピンを親指でしっかりとはめ込んでいきましょう。
ここでは、ポールエンドがプリッジピンの先端にあたるようにしてあげることがポイントになります。

 

全弦固定し終わったら、弦を引っ張ってみて、ブリッジピンが抜けないかチェックしてみましょう。

 

 

 

弦の巻き方

 

まずは、1本ずつ弦をペグポストに弦を通して行きましょう。

 

弦を巻く時には、弦に折り目をつけてペグに弦を引っ掛けてから巻き取ると簡単です。
折り目はあまり短い位置に付けてしまうと弦を巻き取れなくなってしまうので、次のペグとの中間付近を基準とします。

 

折り目から先の弦を、内側から外側に張っている弦の下を通すように回し固定します。こうすることで、綺麗に弦を巻くことができ、あとでチューニングが安定してくれます。

 

あとは6弦から順に反時計回りにペグを巻いていきましょう。このとき、張っている弦を少し下に押さえ付けるようにして巻いていくとうまく巻けます。

 

全ての弦を張ったら、余った弦を5mm程残してニッパーで切りとりましょう。

 

 

 

チューニング

 

 

すべての弦が張り終ったら、今度はギターのチューニングを合わせます。

 

レギュラーチューニングでは、音は6弦から順番に「EADGBE」に合わせます。全てチューニングしたら、弦を指で引っ張ってください。
こうすることで伸びきっていなかった弦が伸び、チューニングが狂います。狂ったらまたチューニングし、それを何度か繰り返してチューニングが安定してきたら完了です。

 

 

アコースティックギター弦交換 << 1 2 >>

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン