間違ったチューニング方法

 

アコースティックギターチューニングの方法はいくつか存在しますが、その中でハーモニクスを使ったチューニング方法というものがあります。

 

「6弦5フレットと5弦7フレット」「5弦5フレットと4弦7フレット」…のハーモニクスの音が同じだから、それに合わせてチューニングしていく方法です。

 

このハーモニクスを使ったチューニング方法は、様々な教本にも書かれていますが、実は正確なチューニングができないのです。

 

 

 

なぜ、チューニングが狂ってしまうのか!?

 

そこには、楽器の調律という問題が大きく影響しているのです。

 

アコースティックギターという楽器は、12平均律と呼ばれる音程で成り立っているのですが、ハーモニクスは純正律と呼ばれる調律の音程で音がでます。

 

ちなみに、純正律とは、人間にとって心地よいと言われる調律なのですが、複雑なコード進行や様々なキーに対応することが苦手なので、ギターをはじめ現代の楽器は、12平均律という調律にしているのです。

 

 

ハーモニクスでチューニングしていくということは、イコール純正律でチューニングしていくということ。そうなると、本来は12平均律のため、実音で弾いたときには、チューニングがガタガタに狂ってしまうのです。

 

 

 

正しいチューニングは?

 

正しくチューニングを行うためには、ハーモニクスで各弦をチューニングしていくのではなく、1つの弦をチューナーなどで調整したうえで、その弦を基準に他の弦をチューニングしていくと、全体として綺麗なチューニングができます。

 

耳で聞いてチューニングしていくため、僅かに隣接する弦同士の音程がズレるかもしれませんが、全体としては綺麗なチューニングが出来ているので、アコースティックギターで多用するコードを弾いたときには、心地よいサウンドを奏でてくれるのです。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン