アコギ・ストラップの取り付け方

 

アコースティックギターを座って弾けるようになってきたら、ライブを想定して立って練習しましょう!

 

このとき必要になってくるのが、ギターストラップです。

 

 

 

基本的にギター用のストラップは、アコギ本体についているピンに取り付けて完了なのですが…

 

ストラップピンが、ボディのお尻の部分(エンドピン)だけで、1つしか付いていないアコギの方が多いです。
(エレキギターの場合は、2つ付いているのにね)

 

 

もう片方はどのように取り付ければよいのやら…

 

 

と、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そこで、ここでは、ストラップピンが1つしか付いていないアコースティックギターのストラップの取り付け方を解説していきたいと思います。

 

 

 

アコースティックギターのストラップの取り付け方には大きく2通りあります。

 

 

 

ヘッドを紐で結んで取り付ける

 

アコギ・ストラップの取り付け方

 

まずは、エンドピンをストラップの穴に入れて装着して、もう片方は、ストラップに付属されている紐を使ってヘッドの付け根部分を結び、取り付けるという方法です。

 

ヘッドに紐を結び付ける際は、弦の下をくぐらせるように通しましょう。

 

アコギ・ストラップの取り付け方

 

 

 

ネックヒールに穴をあけ、ストラップピンを取り付ける

 

もう一つの方法は、ネックヒールの部分に、穴をあけてストラップピンを取り付けるという方法です。

 

取り付ける際に注意することは、まずはピンバイスなどで下穴をあけること!

 

アコギ・ストラップの取り付け方

 

 

 

これを行わないで、無理やりネジを回して穴をあけていくと、木材が割れてしますリスクがあるからです。

 

必ず下穴をあけてから、ピンを取り付けるように注意しましょう。

 

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン