アコギの弦高調整-サドルのトラブル

 

作業時には他の部品にもご注意を

 

特にエレアコタイプの場合、サドルが収まっている穴の下に、
ピエゾ式のピックアップが取り付けられている場合がありますので、作業時には傷つけないように気を配りましょう。

 

ピックアップというのは、傷をつけてしまうことで、音の拾い具合が悪くなってしまうのです。

 

 

もしも、誤って傷を付けてしまい、音の拾いが悪くなってしまった場合には、ピックアップをひっくり返すことで復活する場合がありますが、まずは傷を付けないように注意しましょうね。

 

 

 

サドルがガタつく場合

 

稀にサドルをはめている穴が大きくて、サドルを付けてもガタつくケースがあります。

 

その場合、プラスチック製など薄くて丈夫なもの(例:トランプやポイントカードなど)を、適当な大きさに切って、隙間を埋めてあげましょう。

 

こうすることで、ガタつきがなくなり、弦の振動を上手くボディに伝えてくれるようになります。

 

 

 

誤ってサドルを削りすぎた場合

 

間違ってサドルを削り過ぎて、弦高を必要以上に低くしすぎてしまった場合、サドルがガタつく場合と同様に、プラスティック製のカードなどを使って、サドルの下に挟む事で弦高を高く調整することができます。

 

 

ただ、やはり音質的にはあまり良くありません。

 

弦がフレット触れて音がビビってしまうよりかはマシなので、一時的な応急処置方法として理解しておきましょう。

 

恒久的には、新しいサドルに交換した方が良いです。

 

 

 

サドルは音を決定する重要なファクター

 

サドルは材質を変えるだけで、弦の材質を変えたくらいに音が変わるものです。

 

元々プラスチック製のサドルが乗っているアコギを、牛骨のサドルに変えるだけでも見違えるように音が変わります。

 

牛骨に変えることで、サスティーンが長くなり、音も高級感がましたような音に早変わりしてくれるのです。

 

 

もちろん、サドルの材質は牛骨以外にも良いものはあると思いますが、色々と試してみるとよいかもしれません。

 

こんなにも小さなパーツ1個で、大きく音が変わるので、サドルというのはとても重要な部品なのです。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン