あなたのアコギは弾きやすいですか!?

 

アコースティックギターという楽器は、

 

ギターが持っている魅力的なサウンドを

 

ストレートに出してくれる楽器です。

 

 

 

それゆえに、ごまかしが効きにくい楽器とも言えるでしょう。

 

 

 

細かいニュアンスを正確に表現するためには、

 

そのアコースティックギターが持っているポテンシャルを

 

最大限活かしてあげる必要があるのです。

 

 

 

少しでも、弾きづらいと感じている場合、

 

それがそのまま”音”として現れてしまいます。

 

 

 

また、

 

弾きづらさは、ギターの上達の大きな妨げともなってしまうものです。

 

ちょっとしたことで、つまづいて、上達するために時間がかかってしまうのです。

 

 

 

他のギターで練習したら、

 

『今まで弾けなかったフレーズが弾けるようになった』

 

というようなことは、よく聞くことです。

 

 

これは、ご自身が持っているアコースティックギターが弾きづらいからだったからです。

 

 

無駄なところで、躓いていても時間の無駄ですし、

 

何よりも、ギターがつまらないと感じてしまう原因になりかねません。

 

 

 

しかし、残念なことに、ほとんどのギター所有者は、

 

ご自身のギターが持っているポテンシャルを発揮していません。

 

 

 

どんな安いアコースティックギターであっても、

 

数十万円もするような高級ギターにも負けないような

 

弾きやすさを実現することは出来るのです。

 

 

 

それを実現するのは、ギターのメンテナンス・セッティングです。

 

 

 

弦高は適切な高さになっているのか、

 

弦は綺麗に張れているのか、

 

チューニングが正確にできているのか、

 

などです。

 

 

 

よく、安いアコースティックギターを使っていて、

 

『これ、安いから弾きづらいのは仕方ない』

 

と、諦めて、すぐに、

 

より高級なギターを購入される方もいらっしゃいます。

 

 

 

確かに高級なギターというのは、

 

材へのこだわりや造りが精巧であると言えるでしょう。

 

 

 

しかし、どんなに良いギターを手にしたとしても、

 

弾きやすさを実現するためには、ギターをしっかりとセッティングしてあげることが必要なのです。

 

 

 

すぐに、新しいギターを手にする前に、

 

今所有しているアコースティックギターを最高のセッティングが出来るようになることが先決です。

 

(常にプロのリペアに頼めるような人は、自分でセッティングできなくてもよいですが…)

 

 

 

このサイトでも、お伝えしていますが、

 

正しいネック調整、弦高調整、チューニングなどをしっかりと理解して、

 

ご自身の手でメンテナンスできるようになることが大切なのです!

 

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン