アコギに必要なメンテナンス用品

 

アコースティックギターで必要なメンテナンス用品

 

 

ニッパー・ペンチ

 

アコースティックギターの弦の交換時に必要になってくるのがニッパーです。

 

弦を取り除くときに、弦をカットしたり、新しい弦を張ったときに不要部分を切り落とす際に必要になってきます。

 

 

ニッパーは、基本的なメンテナンスのときに必要になってくるアイテムなので、ぜひ1つは用意しておきましょう。

 

 

 

 

ストリングスワインダー

 

ストリングスワインダーは、弦を交換する際に、ペグを素早く回せる便利な道具です。

 

ストリングスワイダーは、絶対必要なものではなく、無い場合はペグを手で回せば良いです。

 

でも、持っておくと非常に弦巻きが楽になりますし、それほど高いものではないので、用意しておきましょう。

 

 

 

 

クロス

 

アコースティックギターを弾いていると、手垢や脂がボディに付いてしまいます。

 

それらを拭き取ると際に必要になってくる布のことをクロスといいます。
クロスの素材は、様々なものがありますが、メガネ拭きと同じ柔らかい素材に人気があります。

 

大切なアコースティックギターです。小まめにクロスで拭いて綺麗にしてあげましょう!

 

 

クロスを使う際には、あまり力を入れて磨かないこと!!

 

ギターに乗っている埃などの汚れや、クロスに付着している汚れが原因となって、ボディに細かい傷を付けてしまうからです。

 

 

艶出しとしてクロスを使う際には、あらかじめボディの汚れを拭き取っておき、綺麗なクロスで磨き上げてください。汚れが付着していなければ、傷が付くことはありません。艶出しの際には少しチカラを入れても大丈夫です。

 

 

 

 

ポリッシュ

 

ポリッシュは、汚れを落として、アコースティックギターのボディの塗装表面を保護してくれるケア用品です。

 

ポリッシュの種類は様々ですが、ご自身のアコースティックギターの塗装の種類に応じて選択しましょう。特に、一部のラッカー塗装やオールド・ギターの場合は、専用のポリッシュを使用することをおすすめします。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン