アコースティックギター弦交換-弦の外し方とメンテナンス

古くなった弦を外す

 

まずはペグを回して弦を緩めましょう。このときストリングワインダーを持っていると簡単に緩めることができますので1つは持っておきたいですね。

 

 

ある程度緩めたら、ブリッジピンを外します。弦はどの順から外しても構いませんよ。ブリッジピンは、ペンチなどで摘んで引っこ抜くことも出来ますが、ギターを痛めないように注意しましょう。また、ストリングワインダーには、ブリッジピンを抜く部分が付いているので、ここを使えば簡単に抜くことが出来ますよ。ギターを痛めないためにも、やはり持っていた方がいいですね。

 

ブリッジピンが全部外れたら、ニッパーで弦を半分くらいの位置で切っちゃいましょう。そのうえでペグに巻きついている弦もくるくる回しながら外します。

 

 

 

ギターを清潔に

 

弦が全て外れたら、ギターポリッシュをクロスにつけて、ギターのボディを綺麗にメンテナンスしてあげましょう。
普段、弦を張っている状態だと拭きとれない部分などには埃なども堪り易いので、そのような場所を特に念入りにね!

 

 

フィンガーボードは、「オレンジオイル」や「レモンオイル」などをクロスにつけて、磨いてあげましょう。こうすることで、汚れを取るだけでなく、木が乾燥するのも防いでくれます。人間における化粧水や乳液のようなものですね。

 

普段は、お手入れしていない方も、弦交換のときくらいは、気を遣ってあげてくださいね。大切なギターを長持ちさせるためです。

 

 

 

アコースティックギター弦交換 << 1 2 >>

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン