アコースティックギターの弾き方・ピックの持ち方

 

アコースティックギターは指で弦を弾くことがありますが、最初はピックを使って弾くことが基本となってきます。

 

 

しかし、ピックの持ち方には、これといったルール、これが正解だというものはありません。

 

実際プロのギタリストでも、それぞれ持ち方は違います。
そのため、最終的には、あなたが持ちやすい方法でピックを握っていただければOKなのですが…

 

ただ、そう言ってしまうと、これからアコースティックギターをはじめようとする方にとっては、どうしたらよいか迷ってしまうと思います。

 

 

 

なので、ここでは、一般的に持ちやすいとされている方法をお伝えしようと思います。

 

 

 

まずは、ピックを持つ指の部分についてです。

 

人によって微妙に持ち方は異なるものの、大きくは3パターンあります。

 

 

人差し指の側面と親指の腹で持つ

 

アコースティックギターの弾き方・ピックの持ち方

 

人差し指の第一関節までの側面と、親指の腹を重ね合わせるようにして、その間にピックを挟んで持つという方法です。

 

 

この持ち方が最も多いパターンで、私自身もこのように持っています。

 

ピッキングが安定する持ち方ですので、これからギターをはじめる方におすすめの持ち方です。

 

まずは、この持ち方からはじめてみましょう♪

 

 

 

 

人差し指の腹と親指の腹でつまむように持つ

 

アコースティックギターの弾き方・ピックの持ち方

 

何か汚いものをつまみ上げるときかのように^_^;、人差し指と親指の腹で、ピックを持つ方法です。

 

この方法で弾いているギタリストもそれなりに多いとは思いますが、この持ち方の欠点は、ピックを落としやすいという面があります。
そのため、これからはじめる方には、あまりオススメはできませんね。

 

 

 

 

中指と親指の腹

 

この持ち方を基本とするギタリストは、珍しいとは思いますが、たまに居ます。

 

人差し指のときと同様に、側面を使った持ち方と、腹を使った持ち方があります。

 

中指でピックを持つパターンは、特殊なパターンと思ってよいでしょう。

 

 

 

 

 

ピックを持つ部分については、3パターンありましたが、ピックを持っていない他の指(中指、薬指、小指)の握り方には、大きく2パターンに分かれます。

 

じゃんけんのグーのように握って持つパターンと、OKサインのように手を開く2パターンあります。

 

これも、どちらが正解というわけではありませんので、持ちやすい方法で持つと良いでしょう。

 

 

私としては、細かいピッキングをする際には、OKサインのように指を開いたパターンの方が弾きやすいので、こちらの持ち方をメインにしています。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン

関連ページ

アコギを手にしたばかりの初心者が必要な練習と知識
アコースティックギターの弾き方・初心者の方へ入門講座
アコースティックギターの弾き方・ピックを使ったピッキング
アコースティックギターの弾き方・右手ピックの角度
アコースティックギターの弾き方・左手(フィンガリング)
アコギって難しいの?
アコギ上達に手の大きさは関係ない
指が痛くてアコギが押さえられない…痛めない工夫
アコギ・コードの押さえ方
アコギで音がキレイに鳴らない人へ
アコギ初心者の練習方法
アコギ初心者の方へ!最速で上達!最低限の自己投資
コードチェンジをスムーズにする3つのコツ!!
fコード押さえ方の3つのコツ
分数コード(オンコード)の弾き方 例C/G
アコギの主なピッキングスタイル
ストロークの基本・5箇条
アコギ 4ビート・8ビートストローク
アコギ16ビートストローク
アコギ・カーターファミリーピッキング
アコギ・スリーフィンガーピッキング
アコギ・アルペジオ(分散コード)
ソロギター初心者におすすめの練習曲
アコギ指弾きのための爪のケア
アコギの練習時間
アコギ・コード練習に最適な曲
アコギがスピーディに上達するための練習とは!?
アコギの上達には、実は考え方が重要!
録音して練習すればアコギは格段に上手くなる!
ピッキングとピック選択の重要性
アコギ・ハンマリングオンとプリングオフ
アコギのチョーキングは、3つの基本動作をマスターすることが攻略のカギです!
アコギ・スライド奏法 上手に決める5つのポイント
ギターを弾くと手首が腱鞘炎になってしまう原因と対策
スラム奏法の基本・弾ければすごく楽しいです♪