アコギ・コードの押さえ方

 

コードを鳴らしたとき、綺麗な響きが鳴ってくれない人は、アコギの押さえ方として、基本的な部分を一度確認してみましょう。

 

 

 

指を立てる

 

アコギ初心者でコードが上手く鳴ってくれない原因としては、左手の指が寝てしまっている場合が多くあります。

 

アコギ・コードの押さえ方

 

押さえている指が、隣接する弦に触れてしまっているため、音がミュート(音が出ない)状態になっているのです。

 

 

では、どうしたら、指を立てることができるのでしょうか!?

 

実は、手首や親指の角度がポイントなのです。

 

ご自身のコード・フォームを確認してみてください。
親指の位置がどこにありますか。

 

 

アコギ・コードの押さえ方

 

親指がフレットを握り込むようにしていると指が寝やすくなってしまいます。
握り込むのではなく、ネックの裏側のした方に親指を添えてあげると、指が立ちやすくなります。

 

握り方、特に親指の位置を意識して、指を立ててコードを押さえられるようになりましょう!

 

 

どちらの握り方でも、間違いということはありませんが、クラシックギターの世界では、ネックの裏側に親指を添えた握り方のほうが多いです。

 

慣れてくると、親指で握り込むようなフォームにしても、音が綺麗になってくるようになります。6弦の音は鳴らしたくないというような場合、親指でミュートすることが出来るので、このフォームにした方が有利になります。

 

 

 

押さえる位置

 

アコギ・コードの押さえ方

 

弦を抑える位置は、フレットとフレットの真ん中ではなく、なるべくフレットに近いギリギリの位置を押さえるようにしましょう。もちろん、コードによっては、常にギリギリを押さえることは、難しいので、”出来る限り”です。

 

フレット間の真ん中あたりを押さえてしまうと、ビビった音が鳴ってしまったりするからで、もっとも綺麗に鳴らせることができる場所が、フレットギリギリというわけです。

 

 

 

こちらの記事も参考になります。
アコギ初心者の方へ!最速で上達!

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン

関連ページ

アコギを手にしたばかりの初心者が必要な練習と知識
アコースティックギターの弾き方・初心者の方へ入門講座
アコースティックギターの弾き方・ピックの持ち方
アコースティックギターの弾き方・ピックを使ったピッキング
アコースティックギターの弾き方・右手ピックの角度
アコースティックギターの弾き方・左手(フィンガリング)
アコギって難しいの?
アコギ上達に手の大きさは関係ない
指が痛くてアコギが押さえられない…痛めない工夫
アコギで音がキレイに鳴らない人へ
アコギ初心者の練習方法
アコギ初心者の方へ!最速で上達!最低限の自己投資
コードチェンジをスムーズにする3つのコツ!!
fコード押さえ方の3つのコツ
分数コード(オンコード)の弾き方 例C/G
アコギの主なピッキングスタイル
ストロークの基本・5箇条
アコギ 4ビート・8ビートストローク
アコギ16ビートストローク
アコギ・カーターファミリーピッキング
アコギ・スリーフィンガーピッキング
アコギ・アルペジオ(分散コード)
ソロギター初心者におすすめの練習曲
アコギ指弾きのための爪のケア
アコギの練習時間
アコギ・コード練習に最適な曲
アコギがスピーディに上達するための練習とは!?
アコギの上達には、実は考え方が重要!
録音して練習すればアコギは格段に上手くなる!
ピッキングとピック選択の重要性
アコギ・ハンマリングオンとプリングオフ
アコギのチョーキングは、3つの基本動作をマスターすることが攻略のカギです!
アコギ・スライド奏法 上手に決める5つのポイント
ギターを弾くと手首が腱鞘炎になってしまう原因と対策
スラム奏法の基本・弾ければすごく楽しいです♪