アコギ・アルペジオ(分散コード)

アルペジオってなぁに?

 

アルペジオとは分散和音のことです。
コードストロークでは、コードを「ジャラーン」というようにひと塊の音として弾いていましたよね。

 

 

アルペジオの場合は、コード(和音)の構成音を、1音(ないし2音)ずつバラバラに分解して演奏し、音を重ねていくのです。そのためブロークン(分解)・コードなどと言われることもあるんですよ。

 

 

 

アコースティックギターでは、アルペジオは、フラットピックを用いて弾かれることもありますが、指弾きも多用されます。

 

 

 

アルペジオの弾き方

 

アルペジオが弾けるようになるためには、まず指番号を覚えることが上達の早道です。この指番号は、世界共通のモノですので、ここで覚えてしまいましょう。

 

 

 

右手は、一般的に、4〜6弦を親指で弾き、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指で弾きます。

 

アコギ・アルペジオ(分散コード)

 

 

 

また、初心者のうちは、「サムピック」という親指に付けるピックをつけて練習することをオススメします。

 

 

 

 

左手はコードストロークのときと同じです。

 

しかし、コードストロークと比べて、誤魔化しがきかないのがアルペジオです。

 

アルペジオは、1音1音を正確に発音して、コードの音を重ねていきます。弾いた音を途切れさせないよう、全ての音を綺麗に響かせることが重要になってきます。

 

 

そのため、左手の押さえ方が曖昧だと音が途切れてしまうので、コードストロークのときよりもシビアになってくるのです。

 

アルペジオを綺麗に響かせるためには、まずは、指をしっかりと立てること!

 

 

一方で、アルペジオは、コードストロークのときのように、左手を、一度に全てを押さえる必要がありません。弾く音から順に指を押さえていけばよいので、そういう意味では左手の時間的な忙しさはないとも言えます。

 

 

 

アルペジオは、アコースティックギターでは、重要な奏法ですので、ぜひマスターしておきましょうね!

 

 

 

こちらの記事も参考になります。
アコギ初心者の方へ!最速で上達!

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン

関連ページ

アコギを手にしたばかりの初心者が必要な練習と知識
アコースティックギターの弾き方・初心者の方へ入門講座
アコースティックギターの弾き方・ピックの持ち方
アコースティックギターの弾き方・ピックを使ったピッキング
アコースティックギターの弾き方・右手ピックの角度
アコースティックギターの弾き方・左手(フィンガリング)
アコギって難しいの?
アコギ上達に手の大きさは関係ない
指が痛くてアコギが押さえられない…痛めない工夫
アコギ・コードの押さえ方
アコギで音がキレイに鳴らない人へ
アコギ初心者の練習方法
アコギ初心者の方へ!最速で上達!最低限の自己投資
コードチェンジをスムーズにする3つのコツ!!
fコード押さえ方の3つのコツ
分数コード(オンコード)の弾き方 例C/G
アコギの主なピッキングスタイル
ストロークの基本・5箇条
アコギ 4ビート・8ビートストローク
アコギ16ビートストローク
アコギ・カーターファミリーピッキング
アコギ・スリーフィンガーピッキング
ソロギター初心者におすすめの練習曲
アコギ指弾きのための爪のケア
アコギの練習時間
アコギ・コード練習に最適な曲
アコギがスピーディに上達するための練習とは!?
アコギの上達には、実は考え方が重要!
録音して練習すればアコギは格段に上手くなる!
ピッキングとピック選択の重要性
アコギ・ハンマリングオンとプリングオフ
アコギのチョーキングは、3つの基本動作をマスターすることが攻略のカギです!
アコギ・スライド奏法 上手に決める5つのポイント
ギターを弾くと手首が腱鞘炎になってしまう原因と対策
スラム奏法の基本・弾ければすごく楽しいです♪