アコギ・スライド奏法 上手に決める5つのポイント

アコギの奏法のひとつにスライド奏法と呼ばれる弾き方があります。

 

 

エレキギターでも使われますが、アコギでも使われ、ギター独特の奏法です。

 

 

スライドを行うことで、アコギがまるで歌っているかのような効果があり、演奏に幅広いバリエーションをもたらせてくれますので、ぜひともマスターしましょう!

 

スライドとはどのような奏法か

スライド奏法は、アコギの指板上を、横に滑らせて演奏する奏法です。ピッキングした後、押さえている指を指定されているフレットまで、横移動(スライド)させて、音を鳴らします。

 

 

普通にピッキングで2回弦を弾く場合と比べると、音程が滑らかに変化するという点がスライド奏法の特徴です。

 

 

スライド奏法は、アコギのタブ譜上では「S」などと表記されています。音程が上昇するケースと下降するケースがありますが、いずれもスライドと言います。

 

あわせてグリッサンドも覚えよう

また、スライドと類似する奏法でグリッサンド「g」と呼ばれる奏法があります。

 

 

こちらはスライドのように移動先のフレット指定がなく、任意のフレットから開始したり、任意のフレットに到達したりします。

 

 

やり方は基本的にはスライドと同じではありますが、アコギの指板上を大きく移動させる場合に使用されるケースがあります。

 

 

どの程度の距離を、どの程度の速度で移動させるかは、アコギ奏者のセンスが光るところです。

 

 

グリッサンドが出てきた場合、曲を良く聴いて、雰囲気を掴んで弾くことが大切です。

 

アコギでスライド奏法を決めるための5つのポイント

腕ごとスライドする

スライド奏法では、まずフォームが大切です。

 

 

スライドするときに指だけを移動させるのではなく、最初に構えたフォームのまま、腕ごと横に移動(スライド)させましょう!

 

 

このとき、親指も一緒に横移動させてあげることが重要です。

 

ネックを強く握り過ぎないこと

スライドをするときに、アコギのネックを力強く握ってしまっていると、スムーズにスライドを行うことができません。

 

 

音が鳴る最低限の力でフレットを押さえておくと、スライドが綺麗にキマってくれます!

 

左手の親指の位置

スライドする際のネックの握り方ですが、絶対にこうしなければならないというフォームは特にありません。前後のフレーズによって弾き分けて問題ありません。

 

 

しかしながら、アコギの高音弦をスライドさせるときには、ちょっと注意が必要です。

 

 

ネックを握り込むようにして、親指がフレット上に出た状態でスライドを行うと、とても弾きづらいです。

 

 

特に立って演奏するとき、スライドが途端に難しく感じてしまいます。

 

 

親指は、アコギのネック裏側に添えるように構えると良いですよ。

 

音は切らさないようにスライド

スライドをした際に、音が途切れてしまうという方がいますが、これは、フレットを移動している間に、指が弦から浮いてしまっているからです。

 

 

しっかりとアコギの指板上に指を押さえた状態のまま横移動させてあげましょう。

 

 

このときも、力を入れ過ぎていると滑らかに移動ができないので、音が鳴る程度の力で押さえるようにしてください。

 

スライドさせるスピードをコントロールしてニュアンスを出す

同じスライドでも、その移動させる速度をコントロールさせることによって、アコギのニュアンスは大きく変わって聴こえてきます。

 

 

例えば、一定速度でスライドさせた場合と、ゆっくりから速くスライドさせた場合とでは、前者の方がどちらかというと機械的な感じがします。

 

 

ここについては、どのようにスライドさせるのが正解というものはありません。曲の雰囲気に合わせて、好きなようにやっていただくことで問題ありませんので、色々と試してみましょう。

 

スライドを上達させるために

スライド奏法は、様々なポジションで使用されます。

 

 

低いフレット、高いフレット、低音弦、高音弦、どのポジションでも弾けるよう練習しておきましょう。

 

 

また、アコギは座って練習してばかりいると、いざ立って弾くときに、上手く弾けなかったりするものです。必ず立って演奏する練習も取り入れるようにしましょう。

 

=>【参考】アコギ初心者の方へ!最速で上達!

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン

関連ページ

アコギを手にしたばかりの初心者が必要な練習と知識
アコースティックギターの弾き方・初心者の方へ入門講座
アコースティックギターの弾き方・ピックの持ち方
アコースティックギターの弾き方・ピックを使ったピッキング
アコースティックギターの弾き方・右手ピックの角度
アコースティックギターの弾き方・左手(フィンガリング)
アコギって難しいの?
アコギ上達に手の大きさは関係ない
指が痛くてアコギが押さえられない…痛めない工夫
アコギ・コードの押さえ方
アコギで音がキレイに鳴らない人へ
アコギ初心者の練習方法
アコギ初心者の方へ!最速で上達!最低限の自己投資
コードチェンジをスムーズにする3つのコツ!!
fコード押さえ方の3つのコツ
分数コード(オンコード)の弾き方 例C/G
アコギの主なピッキングスタイル
ストロークの基本・5箇条
アコギ 4ビート・8ビートストローク
アコギ16ビートストローク
アコギ・カーターファミリーピッキング
アコギ・スリーフィンガーピッキング
アコギ・アルペジオ(分散コード)
ソロギター初心者におすすめの練習曲
アコギ指弾きのための爪のケア
アコギの練習時間
アコギ・コード練習に最適な曲
アコギがスピーディに上達するための練習とは!?
アコギの上達には、実は考え方が重要!
録音して練習すればアコギは格段に上手くなる!
ピッキングとピック選択の重要性
アコギ・ハンマリングオンとプリングオフ
アコギのチョーキングは、3つの基本動作をマスターすることが攻略のカギです!
ギターを弾くと手首が腱鞘炎になってしまう原因と対策
スラム奏法の基本・弾ければすごく楽しいです♪