ギターシールドのおすすめ

 

ギターシールドは様々な種類や長さのものがあり、

どれを購入したらよいのか迷ってしまうかと思います。

 

 

ギターシールドのおすすめ

 

 

 

また、エレキギター初心者の頃は、シールドなんて音が出れば良くて、

何を選んでも同じなんじゃないかと、思われるかもしれませんが、

そうした考えをお持ちの方は改めるべきです。

 

 

 

そこで、ここではギターシールドの役割を理解して、

どういったものを選べばよいのか、

おすすめのケーブルは何があるのか、

ご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

ギターシールドの大切な役割

 

ギターシールドのおすすめ

 

 

そもそも、シールドというものの役割は、

エレキギターやベースのピックアップというマイクで拾った

音の振動を電気の信号に変えてアンプに伝達するという役割を担っていて、

このギターとアンプをつなぐ時のケーブルのことを呼んでいます。

 

 

 

ケーブルは周囲の環境に左右されやすい

 

電気信号というものは、とても周囲の環境に影響されやすいものです。

電気製品が近くにあるだけで、少なからず何らかの影響を受けてしまいます。

特に、厄介なのはノイズ(ジ〜という雑音)を拾ってしまうことです。

ギターシールドのおすすめ

特に、ロックギターなどでは、”ギュイ〜ン”、”ズシャ〜”というような

ドライブ(歪み)を、アンプやエフェクターを使用して鳴らすジャンルです。

 

 

このドライブによって、ノイズが目立ってしまうのです。

演奏しているときは、さほど気にならないのですが、

演奏を止めたときや、演奏中でも休符のように

一瞬音がなくなるようなシーンで、”ジ〜”と鳴っていると、

とても聞き苦しく、格好悪いものです。

 

 

 

粗悪なものほど、ノイズが多く、断線しやすい

 

粗悪なシールドほどすぐに劣化して、このノイズが発生します。

また、ちょっと動いて床などに触れただけでも

雑音を拾ってしまうことがあります。

 

 

初心者用のギターセットなどに付属してくるシールドは、こうした場合が多いです。

 

 

ギターシールドのおすすめ

 

 

しかも、

すぐに断線して音が出なくなり、買い直す頻度も多くなります。

これでは、お財布にも優しくありませんね。

 

どんな品質の良いギターシールドでもドライブのかけ具合や環境によっては、ノイズは発生します。粗悪なものほどノイズが目立ちやすいということです。

 

 

 

ケーブルの質や長さによって音質が変わる

 

さらに、シールドの質は音質にも影響を与えます。

 

 

これは、ギターシールドの長さも関係してきますが、

電気信号は、アンプに伝える過程で僅かではありますが劣化していきます。

特定の音域(周波数)が低くなっていき、音が細くなっていくのです。

 

シールドは、質が悪ければ悪いほど、長ければ長いほど、音の劣化が顕著になります。

このように意外にもデリケートなものなのです。

 

 

 

シールドは所詮、消耗品

 

しかし、

エレキギターのシールドは、どんなに良いものを使っていても、所詮は消耗品です。

他の機材と比べて買いなおす機会が多いです。

 

そのため、
毎回毎回、高価なシールドを買うとなると、
経済的ではなく、おすすめできません。

価格は、500円くらいから1万円以上するようなものまであるんですよ。

 

 

練習用としては、3〜5mで3,000〜5,000円の

ギター用のシールドをおすすめします。

ライブやレコーディングなど『ここぞ』というときに、

少し高価なものを買ってもいいと思います。

 

 

 

プラグの形は用途に応じて選びましょう

 

シールドのプラグの形には、

両側が真っ直ぐなストレート(S/S)と、Lの形をした(L/L)、

また、両方を持ったS/Lプラグがあります。

どちらの方が音質的に優れているというわけではありませんので、

用途に応じて選んでください。

 

 

ギターシールドのおすすめ

 

 

例えば、ギターのジャック部分やアンプに挿入する場合、

一般的にはストレートのプラグを使うことが多く、

コンパクトタイプのエフェクターに挿すにはL型のプラグを使ったりします。

 

 

ギターシールドのおすすめ

 

 

ギターやアンプ、エフェクターのジャック形状や位置は、

それぞれ異なりますので、ご自身が使用する機材に合わせて選んでくださいね。

 

 

 

 

 

おすすめのギターシールド

 

いくつか信頼のおける製品をピックアップしてみました。

ご参考にしてください。

 

 

 

カレナ(CANARE)

 

音質的な癖がなく、自然ななサウンドが特徴的。

値段が安いものの耐久性が非常によいため、

多くのギタリストが愛用しているギターシールドです。

コストパフォーマンスがよいのでギター初心者におすすめです。

 

 

 

 

ベルデン(BELDEN)

 

中低音域が強調されたサウンドが特徴です。

音にパンチがあり、歪ませたときのパワー感に定評があります。

筆者もこのベルデンのギターシールドを愛用しています。

 

 

 

 

モンスターケーブル(MONSTER CABLE )

 

エレキギターとの相性がとてもよく、特にロックをやるギタリストに人気があります。

カッティングなどのバッキングプレイから、力強いなリードサウンドまで、

幅広いロックサウンドを忠実に再生してくれます。

音質の劣化も少なく、ギターの音を素直にアンプに伝えることができるシールドです。

 

 

 

 

カスタムオーディオジャパン(CAJ)

 

音ヤセ・劣化が非常に少ないのが特徴。

クセがなくとても初心者にも扱いやすいギターシールドです。

日本製で耐久性にも優れています。

 

 

ギターシールドは自作しよう

ギターシールドは自作すると、市販のシールドを買ったときよりも、半額くらいになるんですよ。

 

=>ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!

 

ぜひ自作できるようになりましょう!

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
ギターアンプの選び方
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方
エレキギター・ボディ材と音の特徴
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪