初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!

一言でエレキギターと言っても、様々なメーカーから様々な種類のモデルが発売されています。

 

 

これからエレキギターを始めようとしている初心者の方にとっては、何がおすすめで、何を選んだら良いのか、迷ってしまうことと思います。

 

 

もしも、既にどうしても欲しい1本があるならば、エレキギターを弾くモチベーションが高くなるので、それを選ぶことをおすすめします。

 

 

ここでは、どれにしようと迷っている初心者の方を対象に、おすすめするエレキギターのお話をしますね。

 

 

最初の1本目は重要でストラトキャスターが良い

最初の1本目は、いい加減に選んでしまうと、今後の上達に大きく影響してきますので、非常に重要です。

 

 

弾きづらいエレキギターを選んでしまうと、せっかく手にしても、エレキギターの腕が伸び悩み、挫折してしまう可能性が高いのです。

 

 

初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!

 

 

そこで、私が初心者の方におすすめするものは、『ストラトキャスター』と呼ばれているタイプのエレキギターです。

 

 

ストラトキャスターと呼ばれているエレキギターの本家はフェンダー社なのですが、今では各社からこのタイプのエレキギターが発売されております。

 

 

数ある種類の中でも、スタンダードなモデルと言えるでしょう。

 

 

初心者にもネックが握りやすくて押弦しやすいエレキギター

エレキギターの弾きやすさは、ネックと呼ばれる左で握る部分の太さや形状が、大きく関わってきます。

 

 

最初の頃は、あまり違いが分からないかもしれませんが、ある程度練習をすると、その違いが顕著に表れてきてしまいます。

 

 

ネックの太さや形状に癖があると、弦を押さえるの事ばかりが大変になってしまい、上達するうえで余計に時間がかかってしまいます。

 

 

これでは、肝心の運指がなかなか上達しないといった問題が発生し、伸び悩む原因となってきてしまいます。

 

 

 

ストラトキャスターは、ネックの幅が太くなく、厚みも比較的スタンダードなものが多く、変な癖がなく、おすすめです。

 

 

そのため、初心者にとって、とても弾きやすいエレキギターだと言えるで、ぜひ最初に選んでほしい1本です。

 

 

ストラトキャスターはどんなジャンルの音楽でも弾ける万能タイプ

ストラトキャスターは、どんなジャンルの音楽でも弾きこなすことができる万能タイプのエレキギターです。

 

 

 

エレキギターによっては、どうしても音楽のジャンルに合わないサウンドがあるんですよ。

 

 

たとえば、テレキャスターと呼ばれるエレキギターで、ヘヴィメタルなんかのジャンルをやる人は、ほぼいません。

 

 

絶対に出来ない・ダメという訳ではないのですが、あの重いサウンドは、テレキャスターは出せない苦手なサウンドなんですね。

 

 

 

反対に、軽快なサウンドを特徴とするカントリーなどといったジャンルでは、テレキャスターは大活躍します。

 

 

しかし、図太いサウンドが出るレスポールと呼ばれるエレキギターは、どちらかというと不向きなジャンルと言えます。

 

 

 

このように、エレキギターの種類によって、その音楽のジャンルに得意不得意があるのです。(絶対に出来ないというわけではないので、その点は誤解しないでくださいね)

 

 

 

既にやる音楽が決まっているのであれば、その音楽に合ったエレキギターを選ぶのも良いです。

 

 

ですが、これから始める初心者の多くの方は、様々な音楽をやることになるでしょうから、万能なストラトキャスターがおすすめです。

 

 

ハムバッカー搭載のストラトキャスタータイプがより万能

初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!

 

 

エレキギターには、”ピックアップ”と呼ばれる音を拾う装置が、2〜3個付いていて、演奏時には、それらのうち、どれを使うか切り替えて使用します。

 

 

ストラトキャスターには、3つのピックアップが付いているのですが、もともとは3つとも”シングルコイル”と呼ばれる種類のピックアップでした。

 

 

 

初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!

 

 

ですが、現在では、3つのうち1つだけが”ハムバッカー”というピックアップが乗っているモデルも存在しています。

 

 

私は、ストラトキャスターの中でも、この”ハムバッカー”が乗っているエレキギターをおすすめします。

 

 

 

ハムバッカーの方が、出力にパワーがあるのですが、これは、たとえばハードロックなどの激しい音楽をやる場合にも対応しやすくなります。

 

 

そのため、3つともシングルコイルのものよりも、より汎用的に使用することができるからです。

 

 

3〜5万円くらいのエレキギターがおすすめです

エレキギターの価格はピンキリで、用意できる予算によっても変わってきますが、出来れば1万円を切るような安いエレキギターは避けた方が無難です。

 

 

木材の組みこみが雑で、内部の電装系の部品が粗悪だったりします。

 

 

これでは、弾きづらかったり、音がペラペラし過ぎていたり、しばらくすると何らかのトラブルが発生したりしてしまいます。

 

 

とはいえ、最初から数十万円もするエレキギターを買うのは勇気がいるかと思いますので、最初の1本目は、目安として3〜5万円程度のエレキギターがおすすめです。

 

 

管理人がおすすめする初心者向けのエレキギター

初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!

 

 

YAMAHAのPacificaと呼ばれるもので、私自身も、初心者の頃、最初に手にした1本目は、このシリーズのもので、上達に大きく貢献してくれました。

 

 

その後も何十本もエレキギターを弾いていますが、YAMAHAのPacificaは、トラブルもなく、とても弾きやすいエレキギターの一つですよ。

 

 

同じPacificaでも、カラーや木材の種類やグレードによって、たくさん種類があります。価格が高いものがありますが、3万円台のものを探してみましょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
ギターアンプの選び方
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドのおすすめ
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方
エレキギター・ボディ材と音の特徴
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪