ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)

ピックアップは、エレキギターのサウンドに大きく影響するため、多くのギタリストが最も興味を持っているパーツです。

 

 

そもそもピックアップというのは、弦の振動を拾うマイクのような装置で、ピックアップが違うだけで、アンプからの出音が全く違ったサウンドキャラクターになります。

 

 

ピックアップは、膨大な種類がありますが、それらを大別すると、”シングルコイル”と”ハムバッカー”、”パッシブ”と”アクティブ”に分けることができます。

 

 

ここでは、シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブについて、それぞれの特徴を見ていくことにします。

 

 

エレキギターを選ぶ上での、重要な判断基準になりますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

 

シングルコイル・ピックアップの特徴

ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)

 

 

シングルコイルは、主にストラトキャスタータイプのエレキギターに採用されているピックアップで、見た目上は、一般的には、写真のように細めのバーであることが特徴です。

 

 

フェンダーが主にこのタイプのピックアップを搭載しているため、”シングルコイルと言えばフェンダー”と連想する人も少なくありません。

 

 

 

シングルコイルのピックアップは、ピッキングに対しての反応がとても良く、音色は、タイトで高音域が強調されたサウンドが特徴です。

 

 

私の場合、煌びやかなクリーントーンを出したいときや、チャキチャキとした軽快なカッティングを刻みたいときには、主にシングルコイルのピックアップを使っています。

 

 

ノイズが気になるシングルコイル

構造上の話になりますが、このピックアップは、シングルと呼ばれている通り、コイルが1つしかついていません。

 

 

そのために、電気や磁力などの外部から影響を受けやすく、ノイズが発生しやすいというデリケートな一面も持っています。

 

 

歪みを深くかけると、ノイズも増幅されてしまうため、目立ってしまったり、ハウリングを起こすこともあります。

 

 

 

でも、こうしたノイズは、気になるようであれば、ノイズゲートなどのエフェクターを使って消すことができるんですよ。

 

 

また、最近では、コイルの巻き方向を逆にして、2段積みにした、ノイズレスなシングルピックアップ(スタック・モデル)なんかも発売されていますね。

 

 

ギブソンのシングルコイル”P90”

ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)

 

 

シングルコイルと言えばフェンダーと連想してしまいますが、実は、ギブソン社にも”P90”というシングルコイルのピックアップがあります。

 

 

これは、見た目上は、一般的なシングルコイルのピックアップよりも、太めのバーになっています。

 

 

P90のサウンドは独特で、甘い音色でありながら、タイトなピッキングレスポンスが得られるので、このピックアップに魅了され、ハマってしまうギタリストも少なくありません。

 

 

レスポールやSGのスペシャルやジュニアといったモデルなんかには、最初からP90が採用されている場合が多いです。

 

 

ハムバッカー・ピックアップの特徴

ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)

 

 

上述したシングルコイルのノイズが多いという欠点を、改良するかたちで登場したピックアップが、ハムバッカーです。

 

 

ハムバッカーは、それぞれで位相を逆に配置したシングルコイルが2つ並べられており、これによって不要な信号が打ち消し合って、ハムノイズを軽減しています。

 

 

そのため、見た目上も、一般的なシングルコイルの倍の太さがあります。

 

 

 

音色上は、繊細なシングルコイルのサウンドに対して、太く力強いサウンドになる点がハムバッカーの特徴です。

 

 

私は、ヘヴィーな歪みサウンドを作りたいときは、迷わずハムバッカーのピックアップを選択しています。

 

 

ハムバッカーだとクリーントーンは扱いづらいかも

ただ、クリーントーンの音作りはちょっとシビアですね。一般的なハムバッカーでは、ピックアップの出力が高いため、ギター本体のボリュームを絞らないと、歪んでしまうし、音が太すぎちゃって、綺麗なクリーントーンを作るのが難しく感じます。

 

 

曲の雰囲気によっては、敢えて、そうしたクリーントーンが欲しいときもあるんですけどね。

 

 

 

ハムバッカーのこうしたクリーントーンへの悩みを汲んでか、ハムバッカーを疑似的にシングル化する”コイル・タップ”が出来る、スイッチを搭載したエレキギターも発売されているんですよ。

 

 

自分の所有しているギターの中では、シェクター製のストラトキャスタータイプが、コイル・タップができるのですが、ライブなんかでは、とても便利です。

 

 

パッシブとアクティブの違い

一般的なギターについている8割は、パッシブ・タイプのピックアップで、電力を必要とせず、本体のみで稼働してくれます。

 

 

 

これに対して、アクティブ・タイプのピックアップの場合、稼働させるのにバッテリーを必要とし、ギター本体内に内蔵します。

 

 

アクティブ・ピックアップは、回路内で音の信号を増幅する仕組みであるため、そもそもの出力や低かったり、交流抵抗を低くしたりして、ノイズが少ないモデルが多いのが特徴です。

 

 

 

ただ、アクティブの場合、音質をピックアップで加工してしまうため、その癖がもろに出音に影響してしまうので、ここが好みの分かれるところだと思います。

 

 

弾いたときの指先のニュアンスや、弦の鳴りを素直に伝えてくれる方が良いなら、パッシブ・ピックアップの方が良いかなって感じですね。

 

 

 

私の持っているエレキギターは、全てパッシブ・ピックアップです。

 

 

アクティブだと、ピッキングで表現できる幅が狭くなっちゃって、なんとなく人工的なサウンドに感じてしまい、敬遠してしまいます。

 

 

もちろん、アクティブでも、個性的なサウンド出しているプロのギタリストさんもたくさんいるので、アクティブ・ピックアップに対する”思い込み”もあるんだとは思っています。

 

 

 

パッシブもアクティブも、それぞれの”良さ”があるので、色々と弾き比べてみて、自分の好みのサウンドが出るピックアップを探すとよいと思います。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
ギターアンプの選び方
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドのおすすめ
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方
エレキギター・ボディ材と音の特徴
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪