ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方

エレキギターの弦は、自分のプレイスタイルや出したい音の方向性によって、合う・合わないがあり、どういった種類を選べばよいかは人によって変わってきます。

 

 

ここでの話を参考に、ご自身に合った弦を見つけていただければ幸いです。

 

 

スケールによっても最適な弦の太さは変わってくる

エレキギターのスケールは、ロングスケール、ミディアムスケール、ショートスケールなどがありますが、これらの違いによって、同じ弦でも張力(テンション)が変わってきます。

 

 

スケールが長いほど、テンションは強くなり、短いほど弱くなります。

 

 

スケールが良く分からないという方はこちらを参考にしてください。

 

=>ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう

 

 

 

弦のゲージも、ヘヴィゲージ、ミディアムゲージ、ライトゲージなど様々な種類がありますが、一般的には、弦は太ければ太いほど張力は強くなり、細いほど張力は弱くなります。

 

 

つまり、スケールの違いによって、それに合うゲージが変わってくるということです。

 

 

私の場合ですが、現在は、ロングスケールのギターには、ライトゲージ(009-042)の弦を、ミディアムスケールのギターには、ミディアムゲージ(010-046)の弦を張っています。

 

 

ダウン・チューニングにすると弦の張力が弱くなる

ハードロックやメタルなどのヘヴィーなジャンルの場合、レギュラーチューニングよりも音を下げたダウンチューニングが主流です。

 

 

弦のチューニングを下げると、張力も弱くなってしまいます。そのため、ダウンチューニングだと弾きづらいと感じるギタリストも多くいます。

 

 

こうした点を考慮し、張力を保つためには、弦のゲージを太いものに変えてあげ、張力を確保する必要があります。

 

 

ちなみに、1音下げチューニングで演奏するギタリストは、ヘヴィーボトムゲージ(010-052)を使う方が多いです。

 

 

 

ただ、ゲージが上がると、倍音成分が減っていく傾向にあります。

 

 

同じ太さでも、弦の種類によって、倍音が出やすいもの・出にくいものがあるので、色々な弦を試してみるとよいでしょう。

 

 

太い弦にすれば、音も太くなる

一般的には、弦を太いものに変えると、音も太くなり、一音一音がハッキリと聴こえるようになり、音抜けも良くなります。

 

 

しかし、弦が太くなれば、張力が強くなりますので、チョーキングなどがちょっと辛いな、ピックがなんだか合わないな等と感じることがありますね。

 

 

自分の出したいサウンドと、プレイスタイルのバランスが大切で、こうしたことを考慮して弦を選んでいくと良いです。

 

 

ギターの弦のまとめ

ここまで、「弦のゲージは、太ければ太いほどテンションは強くなり、音も太くなるが、倍音が減っていく傾向にある」、「スケールやチューニングによって、最適な弦の太さが変わってくる」、「プレイスタイルとサウンドのバランスを考慮して弦を選ぶことが大切」ということを学んできました。

 

 

弦は、実際に色々と試してみないと、自分にピッタリと合うものが何か分かりませんが、ここでの話を参考にぜひ最適な弦を見つけていただければ幸いです。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
ギターアンプの選び方
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドのおすすめ
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
エレキギター・ボディ材と音の特徴
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪