ギターアンプの選び方

 

今回はギターアンプについてのお話。

 

 

何も知らないでギターアンプを購入すると音を出してがっかりすることがあります。

 

最低限、以下のツマミがついているものを選びましょう。

 

 

・3バンドイコライザー(低域、中域、高域の音域調整できる)

 

・マスター(ボリューム/音量)

 

・ゲイン(ドライブ/歪み)

 

 

 

ギターアンプはエレキギターのサウンドを決めるうえで超重要な機材で、アンプによって全くサウンドが変わってきます。私が初めて手にしたギターアンプは初心者セットに付いていたものでした。

 

 

人生で初めてエレキギターを手にして、とにかくはやく音を出したいとワクワクしながら家に帰りました。もちろん、このときはなんにも弾けませんでした。とにかく、あのロックギター特有の”ギュイ〜ン”とか”ズシャ〜”といった音を出してみたかったのです。

 

 

家に帰るなり、いざギターとアンプを繋いで、音を出してみると、

 

???

 

あれっ?なんか違う・・・

 

 

”ペケペケ”した音しか出なかったのです。
そう、このアンプにはゲイン(歪み)が付いていなかったのです。私の想像していた音は歪みだったのです。さらに中域を調整するツマミもついていませんでした。

 

 

その後、エフェクターという存在を知り、それでも歪みを作り出せるということが分かったので、すぐに買いに行ったことを今でも鮮明に覚えています。

 

 

これから、はじめてロックをやろうとギターアンプを購入する人は、歪みが付いているものを選んでくださいね(笑)

 

 

プリアンプ、パワーアンプ、スピーカー

 

それでは、ここで少しだけギターアンプの仕組みについてお話させてください。

 

ギターアンプは、プリアンプ、パワーアンプ、スピーカーの3種類の機材から構成されています。

 

 

プリアンプというのは、エレキギターからの音の信号を受けてイコライジング(低域、中域、高域を調整)して音を増幅させる役割を担っています。

 

エレキギターは大音量を必要とするため、プリアンプだけの音の増幅だけでは足りないため、次にパワーアンプでさらに音を増幅します。

 

そして、最後にスピーカーで音を出すという仕組みになっています。

 

 

アンプという言葉は増幅を意味するものであるため、正確にはプリアンプとパワーアンプの2つを指しますが、スピーカーも含めてアンプと呼んでいることが多いです。

 

 

 

チューブとトランジスタ

 

ギターアンプは、増幅回路に真空管が使われているもの(チューブ)と、そうでないもの(トランジスタ)に大別できます。

 

真空管を使用したものの特徴としては、よく暖かみのある音色、迫力があると言われています。真空管は寿命がきたら交換しないといけないのでメンテナンス性が悪いというデメリットもあります。

 

プリ・アンプ、パワー・アンプも真空管のものをオールチューブと言います。

 

 

一方、トランジスタは音が固いとか、暖かみがないとか言われていますが、最近では技術の進歩でチューブに近いサウンドを出すモデルも発売されているようです。

 

真空管がないためメンテナンス性がよく、一般的にチューブよりも安価です。

 

 

 

スタックとコンボ

 

プリアンプとパワーアンプの2つをあわせてヘッドと呼び、また、スピーカーが入った箱全体のことをスピーカー・キャビネット(以下、キャビネット)と呼んでいます。

 

ヘッドとキャビネットが、分かれているものをスタック(セパレート)タイプ、一体になっているものをコンボ(ビルトイン)タイプと呼んでいます。

 

 

スタックタイプは、迫力のある音が出せ、ヘッドとキャビネットを自由に組み合わせることができるためサウンドの幅も広がります。また、大きなライブステージではキャビネットを2台積んで音量を稼いだりして使われることもがあります。

 

ですが、サイズが大きすぎて一般家庭に置くのは難しいでしょう。

 

 

コンボタイプは、一般家庭にも置ける小さいものが売られていますので、自宅練習用にはこちらが現実的です。

 

 

 

ワット(W)数

 

一般的に、ワット数が大きい程、音圧や音量も大きく、迫力のあるサウンドが出せますが、アンプ自体のサイズも大きくなります。自宅練習で使用するには15W以下で十分です。

 

 

以上のことにより、自宅練習用のおすすめアンプは以下の通りです。

 

 

・3バンドイコライザー(低域、中域、高域の音域調整できる)
・マスター(ボリューム/音量)ツマミがある
・ゲイン(ドライブ/歪み)ツマミがある
・トランジスタ
・コンボタイプ
・〜15W

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

↓クリックしてくれるとブログのランキングが上がるようです^^

ギター ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドのおすすめ
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方
エレキギター・ボディ材と音の特徴
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪