エレキギター・ボディ材と音の特徴

エレキギターボディに使われている材質って、いくつか種類があります。

 

 

材質によって音の個性も変わってくるんですけど、実際に色々なギターを弾いていくうちに徐々に分かってくるかもしれませんが、初心者の頃から材による音の違いなんて分からないですよね。

 

そこで、ボディの材にフォーカスをあてて、材ごとの一般的な音の特徴について、お伝えしていきます。

 

ギターを選ぶ際の参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

以下は、材ごとの音の特徴ですが、
ラミネートといって2つの異なる材を組み合わせたエレキギターも存在します。

 

たとえば、ギブソンのレスポールは、マホガニーという材を裏材に使用して、表面にメイプルという材を使っています。ラミネートは、それぞれの材の弱点を補い合って、個性的なサウンドを目指す目的で使われています。

 

 

 

メイプル材

 

高音域が強く、音の輪郭がハッキリしていてクリアーなサウンドです。また、ピッキングによるアタック感やサスティン(音の伸び)が良いのが特徴です。

 

ただ、堅くて重い材木です。重量があるのでボディ全部にメイプルが使用されたギターは少ないかと思います。木目がキレイなこともあって、レスポールのようにボディの表面に使用されることが多いです。

 

また、同じメイプル材の中でも、堅さの違いによってハード・メイプルとソフト・メイプルに分けられることがあります。比較するとハードの方がアタック感が強く、ソフトはクセのない素直なサウンドと言われます。

 

ちなみに私の持っているシェクターのメイプル材がボディ表面に使用されています。

 

 

 

マホガニー材

 

低音から高音までがバランスよく鳴ってくれる材で、
特に低中音域に特徴があり、甘く柔らかな音がします。
ピッキングによるアタック感は弱く、あまり歯切れのよい音ではありません。

 

柔らかく、軽い材です。

 

メイプル材の特徴と比較すると対照的ですね。
それ故、レスポールは、双方の弱点を補う目的で、ラミネートしているのでしょう。

 

 

 

アルダー材

 

ストラトでよく見られる材で、
中域に特徴があり、よく枯れたサウンドなどと表現されます。
個体ごとの差が少なく、安定したサウンドを奏でてくれます。

 

程良い堅さであり、加工がし易いようで、
重量が軽いのもこの材の利点です。

 

ボディ材として単体としても、裏材でラミネートされることもあります。
信頼のおける優等生タイプの材と言えます。

 

私のシェクターもこの材が裏面に使われています(たぶんw)。

 

 

 

バスウッド材

 

癖がなく、高域〜低域までバランスの良いサウンドです。

 

非常に軽くて柔らかい材であるため、傷が付きやすいです。
価格にはリーズナブルな材で、コスト・パフォーマンスに優れた材です。

 

 

 

アッシュ材

 

クリアーな中高域が特徴的で、音ヌケの良さに定評があります。

 

アッシュ材には、ホワイト・アッシュ、スワンプ・アッシュ(ライト・ウェイト・アッシュ)がありますが、単にアッシュ材と言った場合、ホワイト・アッシュを指すことが一般的です。

 

堅くて、重量があります。
価格的にはマホガニーやアルダーなどより、少し高価になります。

 

 

 

ウォルナット材

 

アタック感が強く、高域のキラキラ感がストレートに出てくれます。

 

この材も非常に重いのが弱点です。
キレイな木目と赤黒い色が特徴的で、硬くて丈夫で湿度にも強いです。

 

 

 

 

↓ポチッっとしてくれるとうれしいです^^ ブログのランキングがあがるようです。
 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

 

 

質問、疑問、感想、要望などありましたら、こちらより気軽にお問い合わせください。
http://hirotun-gt.com/mail/contact.html

いただいたメールはすべて目を通させていただいております。出来る限り早急に返信させていただきますが、1週間経ってもこちらから返信がない場合、届いていない可能性があります。お手数ではございますが、再度ご投稿お願いします。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
ギターアンプの選び方
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドのおすすめ
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪