よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割

エレキギターの本体には、実に様々なパーツが使用されており、これらが1つ1つに、それぞれ名称が付けられており、重要な役割を持っています。

 

特に初心者の方は、各部の名称までは知っていても、それぞれの役割について、しっかりと理解している人は意外と少ないでしょう。

 

 

しかし、各パーツが持つ役割を知ることは、これからエレキギターに関わっていく中で、とても大切です。それぞれが、サウンド、演奏性に大きく関わってくるからです。

 

ここで説明している内容を一通り読むことで、エレキギターという楽器をより深く理解することができ、また、自分好みのエレキギター像が見えるようになってきます。それでは、早速見ていくことにしましょう!

 

各部の名称

 

ヘッド内にある各部の名称と役割

 

エレキギターの頭となる部分で、ネックの先端部分を指します。

 

ヘッドには、ペグが取り付けられており、その配置の仕方によってもその形状は様々なものが存在します。一般的に、メーカーやブランド名が書かれている部分でもあります。

 

ヘッド内パーツ名称

 

ペグ:弦を巻き取り固定する

 

弦を巻き取る金具です。ペグには穴があり、そこに弦を通して、巻き取ることで弦が固定され、また、巻き取り具合によって、目的の音にチューニングしていきます。

 

ペグの配置は、一般的に、1列に配置されているものと、左右に3つずつ配置されているものの2種類があります。

 

トラスロッドカバー:レスポールタイプのギターに多い

 

エレキギターには、ネックの反りを調整するために、トラスロッドと呼ばれる一本の金棒がネック内部に埋め込まれています。その先端部分を隠すために、ヘッド部分にトラスロッドカバーがあります。

 

トラスロッドカバーは、レスポールと呼ばれるエレキギターに付いていることが多く、カバーがなくトラスロッドの先端がむき出しのエレキギターもあります。

 

ネック周辺の各部の名称と役割

 

ネックは、左手で弦を押さえるときに握る部分です。長さや太さ、裏側の丸み具合など形状は様々で、演奏のしやすさに左右される部分でもあります。

 

これからエレキギターをはじめようとしている方は、楽器店で実際に触れ、握り心地を確認して、自分の手にしっくりくるか判断するとよいでしょう。

 

ネック各パーツ名称

 

ナット:開放弦の支点となる部分

 

ヘッドと指板の間にあるパーツで、弦が横にズレないようにする役割があります。開放弦を(フレットを押さえずに)弾くときは、ここが支点となります。

 

ナットの材質には、牛骨、象牙、金属、プラスチックなどがあります。ナットは、音の伸びや、開放弦(フレットを押さえない状態)の響きに影響を与えます。

 

指板(フィンガーボード):弾き心地に影響

 

ネックの表面に張り付けられている木材で、左手の指が触れる部分になります。指板に使われる材質は、主にメイプル、エボニー、ローズウッドという木材が使用されており、弾き心地や音質にも影響を与えます。

 

また、指板には、ポジションマークといって、押さえているフレットがどこか分かりやすいようにマークがつけられています。ポジションマークは、指板の表面や側面についており、一般的には、3、5、7、9、12、15、17、19、21フレットにあります。マークの形や材質も様々なものがあります。

 

フレット:指で押さえたときに支点となる金属の棒

 

指板上に打ち付けられている金属の棒のことで、左指で押さえたときに、ここが支点となり、音程が決まります。

 

ネック側から1フレット、2フレット、3フレット・・・と数えていき、1フレットごとに半音階ずつ上昇していきます。フレットの数はギターによっても異なりますが、21・22・24フレットが一般的です。

 

また、フレットの材質や形も様々なものがあり、音質や弾き心地が変わっていきます。

 

ボディにある各部の名称と役割

 

エレキギターの顔とも言える部分が、このボディで、色、形、木材の種類に、様々なものがあり、見た目だけでなく、重量や音色にも影響します。

 

1枚の木板で出来ているものを1ピース(1p)、2枚の板を横に繋げたものを2P、3枚なら3Pと呼んでいます。エレキギターのボディ場合、2Pと3Pが多いです。枚数が少ないほど、値が高くなる傾向にあります。

 

また、ボディの表面をトップ、裏側をバックと呼んでおり、トップ板にバックとは異なる木材を張り合わされて造られているものもあります。

 

よく分かる!エレキギター各部の名称とパーツがもつ役割

 

ピックガード:ボディへの傷防止が主目的

 

ピックガードは、ピッキングの際に、ピックが当たって、ボディに傷が付かないようにする目的で、主に合成樹脂の板が取り付けられています。

 

上記の写真のように、ピックガードが付いてないモデルも多数あります。デザイン性も考慮され、色や素材が工夫されているエレキギターもあります。

 

ピックアップ:弦振動を拾うマイク

 

ピックアップは、平たく言ってしまうと、マイクの役割を果たすものです。

 

弾いた弦の振動を拾って、電磁的な信号に変えてくれる装置で、サウンドを決定するうえで、とても重要なパーツです。言わば、エレキギターの心臓部と言ってもよいでしょう。

 

ハムバッカーとシングルコイル

 

ピックアップには、シングルコイルとハムバッカーという種類があります。これらの違いについての詳細は、ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)で確認しましょう。ここでは、2本のバーが繋がっている太いピックアップをハムバッカー、1本で細いピックアップをシングルコイルと覚えておいてください。

 

また、搭載しているピックアップの数は、エレキギターによって異なりますが、2基と3基のものが一般的です。ネックに近い方から、フロント・ピックアップ、(センター・ピックアップ)、リア・ピックアップと呼びます。

 

ピックアップセレクター:3段階と5段階が切替がある

 

ピックアップセレクターは、その名の通りピックアップをセレクト(選択)するレバーで、どのピックアップを使うかを指で切替えて使用します。切替えは、3段階(3WAY)と5段階(5WAY)のものがあります。

 

3wayでは、ピックアップが2基のものは、フロントと、フロントとリアのミックス、リアの切替えができます。3基のものは、フロント、センター、リアの切換えができます。

 

5Wayでは、フロント、フロントとセンターのミックス、センター、センターとリアのミックス、リアの切換えが可能です。

 

ピックアップセレクター

 

一般的に、フロントに近いほど、低音が強調された、甘くこもったようなサウンドになり、リアに近づくほど高音が強調された、固くブライトなサウンドになります。

 

ボリュームノブ:音量や歪みをコントロール

 

音量を調整するノブです。単純に音量だけでなく、歪み具合を調整するためにも使用されます。

 

たとえば、ピックアップによっては、ボリュームノブを全開にすると、音が歪んでしまうことがありますので、きれいなクリーントーンを出したいときは、ノブを絞って調整します。

 

ボリュームノブが2つ付いているもの(主にレスポール呼ばれるタイプのエレキギター)は、フロントとリアそれぞれの音量が個別に調整できるようになっています。

 

トーンノブ:サウンドキャラクターをコントロール

 

トーンノブは、音色のキャラクター(明暗)を調整するものです。全開を基本設定として使う方が多いかと思います。絞っていくに従って、高音成分が減り、こもったサウンドになっていきます。

 

トーンノブが2つ付いているものは、ピックアップを2基搭載しているギターであれば、フロントとリアそれぞれで調整できるようになっております。また、3基のものは、フロントとセンターだけが調整でき、リアの調整ができないものが一般的かと思います。

 

ボリュームノブも、トーンノブも、ツマミを回した時の、音色の変化は、緩やかなものと急なものとがあります。これは、内部のポッドと呼ばれるものの種類によって変わってきます。ここについては、『ポット交換・選び方と役割』で詳しく説明しています。

 

特殊なノブ:オンオフにより一瞬でサウンドを切替

 

ボリュームやトーンノブの中には、押したり、引っぱったりすることでオン・オフが切替えられるものがあります。これによってサウンドがどう変化するかは、個々の機種によって異なります。

 

代表的なものとしては、オンにすることで、調整したノブの目盛りに関わらず、全開にした状態にできるものや、ハムバッカーのピックアップを疑似的にシングルコイル化する『コイル・タップ』という機能などが挙げられます。

 

また、これらの機能は、ボリュームやトーンノブで操作するのではなく、別個にスイッチが用意されているエレキギターもあります。

 

ブリッジ:弦に関して様々なことを司るパーツ

 

ボディに固定されている金属パーツで、弦を支えるうえで重要な役割を担っている部分です。弦の振動をボディに伝える役割があるため、サウンドにも影響を与えます。

 

ブリッジのうち、実際に弦が乗っている部分をサドルと言いますが、サドルは弦の支点となるほか、チューニングの安定性にも大きく関わってきます。
ネジを回すことで、サドルが上下に動かし、これにより、弦の支点の位置が動き、オクターブ調整を行うことができます。このオクターブ調整が上手くできていないと、いくらペグを回してしっかりとチューニングを行ったとしても、音程が合わなくなります。オクターブチューニングについては、『オクターブチューニングのやり方を覚えてギターのピッチを安定させよう』を参考にしよう!

 

また、サドルは、その高さを調整することで、フレットからの弦の高さ(弦高)を調整することができるため、演奏のしやすさを決定する上でも、とても大切なパーツです。

 

ジャック:エレキギター本体の音の最終出口

 

エレキギターとギターアンプを繋ぐシールド(ケーブル)を挿す部分で、ここから、ギターアンプに出力されます。ギターによって、ボディの表面に配置されているものと、サイドに配置されているものとがあります。

 

各部の名称やパーツの役割を知ることで、自分なりの基準を持つ

 

いかがでしたでしょうか。エレキギターには、たくさんのパーツがあり、それぞれがとても重要な役割を持っていることを、理解していただけたのではないでしょうか。ここで説明させていただいた内容は、エレキギターを知るうえで、どれも基本的な内容になっています。

 

実際には、一つ一つのパーツは、たくさんの種類があるため、エレキギターの組み合わせは膨大な数があり、その組み合わせによって、最終的なサウンド、演奏性が決定されるため、実に奥深いものです。

 

しかし、ここで説明した各部の名称やパーツの役割の基本を知っておくことで、今後、エレキギターを判断するうえで『自分なりの基準』を持つことができるようになってくるでしょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

ギターを始める前のその疑問、ここで解決!
エレキギター初心者が最初に揃えるべきアイテム
初心者はどんなエレキギターを選べばよいか
入門者のためのエレキギターの購入の仕方
エレキギター初心者セットはおすすめできません!バラで購入しよう!
初心者におすすめのエレキギター1本目はストラトキャスタータイプです!
ギターのスケール(弦の長さ)の種類は常識的な事なので覚えておこう
ネックのジョイント方式の種類とギターのサウンドへの影響
ピックアップの種類と特徴(シングルコイルとハムバッカー、パッシブとアクティブ)
チューナーはギターの名脇役
高精度なチューニングができるストロボチューナー
ギターアンプの選び方
エレキギター初心者におすすめのエフェクター
ギターシールドのおすすめ
ギターシールドは自作するとこんなにも安くなるんですよ!
ギターシールドの自作〜やり方は簡単です〜
ギターピックにはどんなものがあるか
可愛いリラックマギターピックがおすすめです!
エレキギター弦の交換時期と選び方
ギターの弦はどの種類を選ぶべきか?自分のサウンドに合った弦の見つけ方
エレキギター・ボディ材と音の特徴
中古エレキギターの選び方@
中古エレキギターの選び方A
中古エレキギターの選び方B
サウンドハウスの評判と特徴 今ではギター関連商品はほとんどここで買ってます!
ピックの滑り止めGORILLA SNOTを試してみました♪