隣接弦をハーモニクスで合わせると正確なチューニングが出来ない

 

色んな本に「6弦 5フレットと5弦 7フレットのハーモニクスは、同じ音が出るので、それらの音をあわせてチューニングしましょう」などと書かれていますよね。

 

隣接弦をハーモニクスで合わせると正確なチューニングが出来ない

 

 

でも、

 

実は、これでは正確なチューニングができず、微妙なズレが発生するのです。

 

これに合わせて5弦と4弦、4弦と3弦…とチューニングしていくと、最終的には6弦と1弦の音が大きくズレてしますのです。

 

 

 

何故かと言うと、
ギターは、12平均律という音程で成り立っている楽器であるためなのです。

 

 

 

私たちがドミソ〜と弾いた時心地よく感じるのは、12平均律の音程ではなくて、純正律の音程なのです。

 

「だったら、純正律で作ればいいのに…」と思われる方もいるでしょう。

 

 

なぜ純正律ではないかというと、現代の音楽環境にマッチしないからで、様々なキーや複雑なコード進行に対応するためだと言われており、これらは純正律は適さないのです。

 

 

 

12平均律は、オクターブ間の音程こそ正確ですが、他の音程は純正律とは微妙にズレているのです。
特に長3度の音程の狂いが、ひどい…(長3度というのは、基準とする音を「ド」とすると、「ド」と「ミ」の関係(音程)のことね。)

 

つまり、

 

ギターは、心地良い音程から少しズレてるのです。

 

 

 

ハーモニクスというのは、実音ではなく倍音成分の音を出しているので、純正律での音が出ています。だから、ハーモニクスでチューニングを行うということは、純正律でチューニングしていることになりますよね。

 

でも、

 

ギターは12平均律の楽器なので、ハーモニクスでチューニングしていくと、実音で弾いたとき、チューニングが狂っているのです。

 

 

これが、ハーモニクスでチューニングすると正確なチューニングができないカラクリなのです。

 

 

 

正確なチューニングを行うためには、たとえば、1弦開放など基準となる弦をチューナーなどで合わせて、その弦の実音を基準に、他の弦のチューニングを行うと良いです。

 

そうすれば、全体的なチューニングが正確になってくれますよ。

 

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法