エレキギターの保管とメンテナンス・ネックの反りと錆び予防

 

エレキギターは、その大部分が木材で作られており、呼吸をする生き物です。

 

そのため、

 

エレキギターの周辺の環境に、とても影響を受けてしまう楽器なのです。

 

 

ですから、保管しておくときは、きちんと正しい環境で保管することが大切であり、また、定期的にメンテナンスが必要になります。これを怠ると、そのエレキギターがもっている能力を最大限、活かすことができなくなってしまいます。

 

正しい保管の仕方やメンテナンス方法をぜひマスターしておきましょう!

 

 

 

 

.ネックの反りを予防

エレキギターの保管とメンテナンス・ネックの反りと錆び予防

 

 

ベースなどの太い弦が使われている楽器の場合は、ネックにかかる負荷がとても大きいので、弾かないときは弦を緩めておく必要があります。
でも、エレキギターに関してはそれほど弦の張力が強くはないので、毎日弾くようであればレギュラーチューニングのままの置いておいても良いでしょう。

 

 

 

ただ、日本は湿度や室温の変化がとても激しい国です。そのため、エレキギターのトラブルも発生しやすい環境なのです。

 

エレキギターでも弦を張った状態ではネックに負荷がかかっているという状態には変わりないので、長期間弾かない場合には、こうしたトラブルを防止するためにも、全ての弦を軽く緩めた状態で保管しておきましょう。

 

保管する場所も、特に湿気や室温の変化が多い、窓の近くなどには置かないようにしましょう!

 

 

 

また、傷などを防止するためにも、ハードケースに入れて保管した方が良いでしょう。ただし、湿度によってエレキギターの金属パーツが錆びたり、木材への影響がありますので、必ず湿度調整剤を入れておいてください。

 

 

 

くれぐれも車の中にギターを置いたまま放置なんてことはしないでくださいね。特に真夏なんかでは、車中はとんでもない熱さになります。

 

そのため、エレキギターには悪い環境でその影響はとても大きい… 極端にネックが反ってしまったり、金属部品が錆びてしまったりする原因になります。

 

 

 

 

演奏後は弦を拭くこと

エレキギターの保管とメンテナンス・ネックの反りと錆び予防

 

 

エレキギターの弦にとって、もっともの厄介なものは水分や塩分です。
すぐに弦が錆びてしまうのは、演奏時に付いてしまった手汗による影響がとても多く、錆びの原因であります。

 

 

こうした弦の錆びを防止する方法としては、演奏が終わったら必ずギタークロスなどで拭きとることを心掛けましょう。

 

 

また、演奏前や後には、弦の潤滑剤を使用することをおすすめします。

 

これは、フィンガリング時に発生する、弦やフィンガーボードとの摩擦を小さくしてくれます。滑らかにフィンガリングすることが可能になりますし、弦の錆びも防ぐこともできます。

 

その結果、弦が長持ちさせることが出来ますので、潤滑剤を使いましょうね。

 

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法