エレキギター弦交換A

 

新しい弦を張る

 

ギターを清潔にしたら、いよいよ新しい弦を張っていく作業に入ります。

 

取り付けていく弦の順番はどの弦からでも構いませんが、まずは全ての弦のブリッジ側を固定していきます。ブリッジ側から弦を通して、弦のボールエンド部分をテールピースに固定していきます。

 

 

エレキギター弦交換A
レスポール型は、ボディ表面についているテールピースから弦を通します。

 

 

エレキギター弦交換A
ストラトタイプの場合は、ボディ裏側からブリッジに弦を通すことになります。

 

 

エレキギター弦交換A
ロック式トレモロの場合は、ボールエンド部分は邪魔なので、ニッパーで切り取ってから、ロックしていきます。

 

 

 

 

全ての弦の固定が完了したら、指で弦を引っ張ってみて、弦が抜けないかチェックしておきましょう。

 

 

 

 

ブリッジ側が完了したら、今度はヘッド側。弦を1本ずつペグポストに通して行きます。

 

 

エレキギター弦交換A
弦を巻く前に、次のペグ2個分を基準にして、弦に折り目をつけてペグに引っ掛けておきましょう。こうすることで巻き取りが簡単になります。

 

あとはペグを反時計周りに回して、弦を巻き取っていきます。
(ごく一部のギターでは、時計周りの場合もあります)

 

 

 

エレキギター弦交換A
このとき、折り目よりも下側に弦が巻かれていくように、弦を人指し指でヘッドに軽く押さえ付けるようにしておくと、綺麗に巻けますよ。後でチューニングが安定するようするためにも丁寧に巻いていきましょう。

 

全ての弦が巻き終わったら、邪魔な部分は目に入ったり危ないので、5mm程残してニッパーで切り取ってしまいましょう。

 

 

弦が重ならないよう、下に向かって綺麗に巻くことが、チューニングを安定させるポイントです。
エレキギター弦交換A

 

 

 

チューニング

 

通常のチューニングの場合、6弦〜1弦のそれぞれの開放弦の音を「EADGBE」に合わせます。

 

6本の弦を一通りチューニングし終わっても、まだ、ネックの反り具合が安定していなかったり、弦がしっかりと伸びきっていないので、チューニングが安定していないはずです。大抵の場合、音が下がっていると思います。

 

 

エレキギター弦交換A
弦を伸ばすようなイメージで、弦を指で摘んで引っ張ったり、チョーキングしたりしてみましょう。

 

その後、チューナーを使って再度チューニングし直します。

 

 

この時点でもまだ、チューニングが安定していないと思いますので、また弦を引っ張ってから、チューニングし直します。

 

 

これを何度か繰り返していくうちに、チューニングが安定してきますので、狂わなくなったら、チューニング完了です♪

 

 

 

ロック式トレモロの場合は、ナット部分のロックを締めて、ファインチューナーで微調整して完了になります。
そのため、上述のチューニングを安定させる作業は、1〜2回程度行えば問題ありませんが、ロック後にファインチューナーで調整できるようネジの回し具合は確認しておきましょうね。

 

 

エレキギターの弦交換 <前へ 1 2 次へ>

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法