フロイドローズのフローティング、弦高調整

 

フロイドローズのブリッジの浮き具合や、弦高は、

 

今までと違う種類や太さの弦を張ると、状態が変わってきます。

 

 

 

弦を貼り直した際に、ブリッジが浮いてきたり、反対に下がってしまい、

 

平行ではなくなってしまうことが多くあることでしょう。

 

 

 

調整に関しては、ちょっと厄介、面倒だと敬遠されがちなフロイドローズですが、

 

やり方さえ覚えてしまえば、結構簡単ですよ。

 

 

 

ここでは、フロイドローズの調整の仕方について見ていくことにしましょう。

 

 

 

準備するもの

 

  • プラス・ドライバー
  • 六角レンチ

 

 

ブリッジを平行にする

 

人によっては、あえてブリッジを下げたり浮かせたりする人もいますが、

 

基本的には、ブリッジは平行にしてあげるのが理想形です。

 

 

フローティング具合は、

 

エレキギターのボディ裏にあるスプリングで調整してあげます。

 

フロイドローズのフローティング、弦高調整

 

 

一般的には、右に回すとネジが締まっていき、反対に左に回すと緩んでいきます。

 

 

 

ブリッジが浮いている場合、

 

ネジを締めていくことで、ブリッジが平行になってきます。

 

 

ブリッジが下がっている場合には、

 

その反対にネジを緩めていけばよいのです。

 

 

 

ブリッジの浮き具合の調整は、たったこれだけで調整できます。

 

 

 

スプリングのかけ方でアーミングの感触が変わる

 

また、スプリングのかけ方次第で、アーミングの感覚が変わってします。

 

先ほどの写真では、スプリングを3本平行に並べてかけていましたが、

 

以下のように、左右のスプリングをハの字にかけてあげることもできます。

 

フロイドローズのフローティング、弦高調整

 

 

どちらが正しいというものではありませんので、

 

あなた自身がしっくりとくる方法をチョイスしてあげればOKです!

 

 

 

弦高を調整する

 

フロイドローズの弦高調整は、

 

ブリッジを固定しているネジ(六角レンチ)を回して調整します。

 

フロイドローズのフローティング、弦高調整

 

 

右に回せば、ネジが締まり、弦高が低くなり、

 

反対に回せば、ネジが緩み、弦高が高くなります。

 

 

弦高の調整も、たったのこれだけです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ネジを回すだけなので、簡単ですよね!?

 

スプリングのかけ方は、色々試してみて、自分に合ったかけ方を探してくださいね。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法