オクターブチューニングのやり方を覚えてギターのピッチを安定させよう

しっかりとエレキギターの開放弦の音をチューニングしたはずなのに、ハイフレットを弾くとなぜか音程がズレているような感じがすることってありますよね。

 

 

これは、まさにオクターブチューニングの調整が必要な状態なんですよ。

 

 

弦楽器ならではの、ちょっと面倒なところですね。でも、正確なピッチで演奏するためには、必要なことですので、しっかりと調整してあげましょう。

 

 

オクターブチューニングが狂うとはどういうことか

ところで、エレキギターの音は、何で決まるかご存知でしょうか。

 

 

これ、押し弦しているフレット、または、開放弦の場合はナットから、サドル位置の距離で決まっているのです。

 

 

オクターブチューニングのやり方を覚えてギターのピッチを安定させよう

 

 

12フレットの音が、開放弦と同じ音(1オクターブ上)なのは、ちょうど、この距離が半分になるからなんですよ。

 

 

つまり、オクターブチューニングが狂っているということは、12フレットの位置が、半分ではなくなってしまっている状態なのです。

 

 

オクターブチューニングがずれてしまう原因

では、どうして、距離が変わってしまう(=オクターブチューニングがずれてしまう)のでしょうか。

 

 

それは、弦高を調整したり、環境の変化や弦を交換してネックが反った場合などに変わってきてしまいます。

 

 

僅かな距離の変化なのに、オクターブチューニングは、ズレてきてしまうのです。ギターという楽器は、チューニングに対してとてもデリケートなんですね。

 

 

ですから、エレキギターをいじった場合、弦を変えた場合には、こまめにオクターブチューニングをしてあげる必要があるんですよ。

 

 

オクターブチューニングのやり方

オクターブチューニングは、開放弦と12フレット実音をチューナーを使って、サドルの位置をイジリながら、合わせていきます。

 

 

サドルの位置を調整するには、ドライバーや六角レンチなどの工具を使って調整していきます。

 

 

エレキギターによって違ってきますので、ご自身のエレキギターのネジを確認し、必要な工具を用意しましょう。

 

 

オクターブチューニングのやり方を覚えてギターのピッチを安定させよう

 

 

サドルは、ネックに近づけると音が高くなり、ネックから遠ざけると音が低くなります。

 

 

6弦〜1弦まで終わったら、もう一度6弦から合わせてみてください。結構ずれていたりしますので、これを2,3回繰り返して、安定してきたら完了です。

 

 

オクターブチューニングって、結構、地味な作業ですね。。。でも、美しい音を奏でるためには、必要な作業なので、しっかりと行いましょう。

 

 

オクターブチューニングが出来ないエレキギター

残念ながら、オクターブチューニングが出来ないエレキギターというのも存在します。

 

 

それは、レスポールジュニアなどサドルが1本のバーになっているものや、テレキャスターなどサドルが3つしかない3連サドルと言われているものです。

 

 

オクターブチューニングのやり方を覚えてギターのピッチを安定させよう

 

 

ご自身のエレキギターがこれらに該当する場合は、オクターブチューニングは諦めるしかありません。

 

 

ただ、サドルを交換することで、調整することができるようになりますので、オクターブチューニングが気になる場合は、サドルを交換するとよいでしょう。

 

 

最後に

オクターブチューニングをしっかりと行っている人って意外と少ないんですよね。

 

 

せっかくプレーが上手であっても、音程が合ってないと、下手に聴こえてしまうし、台無しです^^;

 

 

弦を交換するときなど、こまめに調整する癖をつけてください。

 

 

結局、こういうところにもしっかりと気を遣える人って、プレー面や音作りなどにも気を配れているので、エレキギターも上手になる傾向にあるんですよ。

 

 

面倒くさがらずに、オクターブチューニングを覚えて、しっかりと調整するように心がけましょう!

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法