エリクサーのギター弦が全然錆びない!練習用におすすめです♪

エレキギターに張っている弦は、いつもアーニーボールを使っていたのですが、すぐにサビちゃうので悩んでました。

 

 

酷いときには、弦を張った翌日には、部分的には錆が発生しています。ちゃんと、エレキギターを弾き終わった後に、メンテナンスしているのに・・・

 

 

 

弦が錆びていると、フレットは削れやすくなるし、スライドや弦移動などの際、ガサつきが気になるんですよね。

 

 

かといって、頻繁に弦を交換するとなると、金銭的に負担が重くなってしまいますよね。

 

 

そこで、エリクサーのコーティング弦を試してみました。

 

 

エリクサーのギター弦が全然錆びない!練習用におすすめです♪

 

 

本当に錆ない弦です!

正直、コーティング弦なんて、高いだけで、効果なんてたかが知れてるでしょと馬鹿にしていたんですよね。

 

 

でも、エリクサーの弦を張って2週間ほど経ちましたが、全然錆びない!まったく錆びる気配がありません。ここまでコーティングの効果があるのには驚きです。

 

 

弾き終わった後、手汗や垢を拭き取る手間をサボっても大丈夫かもって思うほどです。(一応メンテナンスしたほうがよいと思いますが)

 

 

エリクサーの弾き心地

エリクサーの弦の触り心地は、張ったときから、ヌルっとした感じが変わらず継続しています。

 

 

アーニーボールやダダリオなど、普通の弦を弦を張ったばかりのときとは違った感触で、コーティングされているが故の独特な触り心地がします。

 

 

弦を張ってそれなりに時間が経っても、フィンガースムーサーとかを使わなくても、良い感じで滑ってくれるので、弦移動やスライドがやりやすいなと感じました。

 

 

エリクサーのサウンド

サウンド面に関しては、まぁ普通かなって感じです。

 

 

アーニーボール弦を張りたてたばかりの、あのキラキラした高域はエリクサーでは出ないですね。

 

 

あのキラキラ感が五月蠅いと感じる人には、エリクサーの弦が合うと思います。

 

 

自分の場合、アーニーボールのキラキラ感が好きなので、ライブやレコーディングでは、残念ながらエリクサーは使えないですね。

 

 

なので、練習や作曲周期のときには、エリクサーを張って、ライブやレコーディングのときには、アーニーボールを張るという使い方をしていきたいですね。

 

 

エリクサー弦のまとめ

エリクサーのコーティング弦は、錆びずに、時間が経過しても、滑りやすいのが最大の魅力でしょう。

 

 

普通の弦を張って頻繁に弦交換をするなら、エリクサーの弦を張った方が長い期間持つし、経済的ですね。

 

 

サウンド面については、人それぞれ好みがあるので、ライブなどで使うときは、この弦がよいとは一概には言えません。

 

 

練習で使う分には十分だと思うので、おすすめできますし、自分も今後、エリクサーの弦には、お世話になりたいと思います。

 

 

ちなみに自分は送料が無料なので、弦はサウンドハウスさんで購入しています。

 

 

サウンドハウス

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法