アコースティックギターの各部の名称

 

ここでは、アコースティックギターの各パーツの名称や役割についてお伝えします。今後ギターをやっていく中でパーツの名称は度々耳にすることになるので、ぜひ構造を知っておきましょう。

 

アコースティックギターの各部の名称

 

 

ヘッド

 

まずは、ヘッド部分。ギターの頭にあたる部分なのでヘッドと呼んでいます。ギターのメーカーやブランド名などは、ヘッドに書かれていることが多いですね。

 

このヘッド部分には、ペグと呼ばれるチューニングするとき回すものが付けられています。

 

 

 

ナット

 

続いてナット。
ナットは、ヘッド側の弦の支点になる長細い棒状の部品のことです。弦受けなどと呼ばれることがあります。
一般的には、アコースティックギターのナットの素材は、カーボン、プラスティック、牛骨などで作られています。

 

ナットには溝が設けられており、この溝の部分に弦をかけることになり、これによって弦が横に滑らないように固定されるというわけです。

 

 

 

ネック

 

アコースティックギターの首にあたる部分のことで、棹などとも呼ばれることがあります。

 

ネックの表面にフィンガーボードが貼り付けられているものや、ネックとフィンガーボードが一体になっているものが存在します。

 

四季があり、湿度の変化が激しい日本では、特にネックが反ってくるなどのトラブルがあります。一般的には、こうしたトラブルを考慮して、ネックの木材は、マホガニーやメイプルといった固めの材が採用されています。また、ネック内部に金属のロッドが埋め込まれているものもあります。

 

ネックとボディを接合する部分のことを、一般的にはジョイントと言います。アコースティックギターの品質にかかわる重要な部分になります。

 

 

 

フレット

 

フレットは、フィンガーボード上に打ち込んだ金属製の棒のことです。

 

フィンガーボードを押さえることによって、このフレットが支点となり、サドルまでの間隔を変化させることで、音程を決定しています。

 

フレットの種類にも、硬さ、鋭さ、高さ、幅、形状など、さまざまなタイプのものが存在します。

 

 

フレットは、ヘッド側から順に1フレット、 2フレット、3フレット〜と呼びます。アコースティックギターでは、一般的には、20フレット程度までフレットが打ち込まれています。

 

1フレットごとに半音ずつ音程が変化するように打ち込まれており、サドルに近づくほどフレット間の幅が狭くなっていきます。

 

 

 

サウンドホール

 

サウンドホールは、エレキギターと大きく違う部分で、アコースティックギターのボディに空けられた穴のことを指します。

 

弦の振動によって発生したボディ内の共鳴を、このサウンドホールから外に向かって放出することによって音を出しています。アコースティックギターの音質や音量を決定する重要な部分でもあり、この大きさや形状の違いにより千差万別。

 

一般的な形状として、ラウンドホール、オーバルホール、fホールといったタイプが存在します。

 

 

 

サドル

 

サドルは、ブリッジ上に付いている駒のことで、ナット同様、弦の支点となる部分で、フレットからの弦の高さを決定したり、弦振動をボディに伝える役割を持っています。

 

アコースティックギターの場合、一般的には、象牙や牛骨、樹脂といった素材で作られています。これらは、エレキギターと違って、弦高の調整をするためには、サドル自体を削るしかありません。

 

一部のモデルでは、弦高調整をネジで行うことが出来るアジャスタブル・サドルと呼ばれるサドルを搭載しているアコースティックギターも存在します。

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン