アコースティックギター の歴史

アコースティックギターにはとても長い歴史があります。

 

元は8世紀に遡る。アラビアの古代楽器がスペインに持ち込まれ、それまでのヨーロッパ独自の楽器と融合され、アコースティックになったと言われています。その後は、長い歴史の中で、何度も何度も、弦の本数や長さ、ボディー構造や材質など改良が加えられ、現代にあるアコースティックギターの形となりました。

 

 

 

アコースティックが大衆に広まったのは、15世紀・西洋のルネッサンス期です。当時は、複弦4コースと呼ばれる2本で1セットとなっており、4セット張られているものでした。また、大衆ギターの他にもビウエラ・デ・マノと言うギターも広まりました。これは、貴族の間で人気を博していたギターと言われています。

 

その後、16世紀に入ると、複弦5コース(2本×5セット)のバロック・ギター(リュート)が、ヨーロッパ全土で注目を浴びることになります。 その後、18世紀後期になるとこのバロック・ギター(リュート)で奏でられる音楽が、既に完成されてしまったと言われ、徐々に衰退して行くことになります。

 

これを契機に、6単弦の古典ギターが注目を浴びるようになります。古典ギターは、多くの人の間で大変人気になり、大衆や貴族など身分に関わらず好まれ使われていました。

 

 

 

19世紀に入ると、ようやく現代のギター構造に近づき『クラシック・ギター』の基礎が完成されました。これは、スペインのアントニオ・トーレス・ジュラードが今までのギターを集大成して、作り上げたとものです。

 

その一方で、ドイツのクリスチャン・フレデリック・マーチンがニューヨークに渡り発明したギターが、皆さんが知っている「フォーク・ギター」です。フォーク・ギターを製造したギター工房が、現在はあの有名なギターメーカー「マーチン」なのです。

 

 

アコースティック・ギターは、バイオリンなどのような他の完成された弦楽器とは異なり、長い歴史の中で、常に改良され続けており、その時代の音楽に対応する形で進化しているギターと言えます。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン