中古でアコギを購入する際の注意点

 

中古で以前から憧れていたアコースティックギターを購入する方も多いでしょう。

 

 

 

ただ、正直、はじめてアコースティックギターを買う人には、中古はおすすめできないんですよね…

 

アコースティックギターの状態の基準が分からないうちは、中古に手を出すのはちょっと危険だと感じるからです。

 

 

2本目以降であれば、中古という選択肢はアリだと思います。

 

 

 

2本目以降だし、狙っていたギターを見つけることができて、ギターの見た目も綺麗だし、価格も予算内だし、問題ないだろう、買ってしまおう…

 

ちょ、ちょっと待った!!

 

この程度の判断で、購入するのは如何なものかと思います。

 

ここでは、中古のアコースティックギターを買う場合の注意点についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

通販やオークションってどうなの?

 

最近は、ネットオークションや通販などで、中古品が多く出回っていますが、
アコースティックギターを通販は購入するのは、とても危険です。

 

 

購入した後で、実物が届いて、弾いてみると、弾き心地が異様に悪かったり、ネックが大きく反っていたり、フレットがすり減り過ぎていたりします。また、傷などを気にする人にとっては、写真では分からなかったような細かい傷がたくさん付いていたりして、ショックを受けることもあるでしょう。

 

 

ネットオークションや通販だと、確かに安く購入することができて、たいへん便利ではありますが、このような問題が発生してしまうリスクがつきものです。

 

やはり、実店舗に出向いて、実際に手にとって試奏はするべきです。

 

 

 

ただし、

 

ヤマハ(yamaha)などのように有名で、あまり個体差が少なく安定した品質を提供してくれる国産のアコースティックギターで、尚且つ、年式が新しいものであれば、通販やオークションであっても、さほど大きな問題はないかと思います。

 

その場合でも、気になる点があれば、販売者に、しっかりと確認しておきましょうね。

 

 

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン