アコースティックギターにエフェクターは必要か

 

アコースティックギターの場合、アコギが持つ本来の音を大切にするため、エフェクターは必ずしも必要ではありません。

 

 

ただし、

 

ライブやレコーディングなどでは、ピックアップを搭載したアコースティックギターの音を出力する場合、ちょっと味付けしたいというケースがあります。

 

それでも、エレキギターのような積極的なサウンドメイキングは行わず、
あくまでアコースティックギターが持っている本来の美しい音色を重視するため、軽くかけるのが基本です。

 

 

そのあたりを考慮したうえで、アコースティックギターで使うエフェクターには、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

 

 

 

リバーブ

 

優先度 ★★★★☆ 1つは持っておきたいエフェクター

 

 

リバーブは残響感を与えるエフェクターです。
お風呂場で歌を歌ったときのような響きにようなものですね。

 

 

アコースティックギターのエフェクターとしては基本的なもので、レコーディングやライブなどでは広く使われています。本来のアコースティックギターの響きを最大限優先して、薄くかけるのが基本です。

 

 

リバーブには、主に「ルーム」「ホール」「プレート」といった効果が用意されています。

 

ルーム…比較的小さな部屋での残響を再現したリバーブです
ホール…広いコンサート会場の残響感を再現したリバーブです
プレート…金属的な反射音を再現したリバーブで、ホール同様、残響感に広がりがあります。

 

 

 

コーラス

 

優先度 ★★☆☆☆ あれば便利!

 

 

コーラスは、原音に対して、僅かに音を遅らせた音をミックスすることで、音に揺らぎを与えてくれるエフェクターです。

 

コーラスを深くかけてしまうと、アコースティックギターの音色が失われてしまいますので、これもまた薄くかけるのが基本です。

 

 

 

ディレイ

 

優先度 ★☆☆☆☆ 使用頻度は少ない

 

 

ディレイは山彦効果のようなエフェクターです。
音が返ってくるスピードをコントロールすることができます。

 

アコスティックギターでは、それほど使う機会はないようにも思いますが、エフェクターとしてはメジャーなものですので、ここに挙げさせていただきました。

 

 

 

イコライザー

 

優先度 ★★★☆☆ 余裕があれば持っておきたい!

 

イコライザーとは、音の帯域別に出力量をコントロールするエフェクターです。
(たとえば、低音を上げたいときは100Hzを上げるとか、高音をカットしたいから2kHZをカットするとか)

 

イコライザーは、他の楽器との音域のバランスを調整するため、レコーディングではよく使われるエフェクターです。

 

 

 

コンプレッサーやリミッター

 

優先度 ★★★☆☆ 余裕があれば持っておきたい!

 

 

コンプレッサーもリミッターも、音量のバランスを整えてくれるエフェクターです。

 

アコースティックギターの場合、ピッキングのニュアンス・力具合で、音量にバラつきが発生してしまいます。
音量のバラつきを整え、調整していくれるのがコンプレッサーやリミッターの目的です。

 

 

 

シュミレーター

 

優先度 ★★☆☆☆ あれば便利!

 

アコースティックギターでピックアップを付けてラインで音を出力した場合、生音とは異なる音色になってしまいがちです。

 

このような場合に、生音を再現する目的で作られているのがシュミレーターです。

 

 

シュミレーターの中には、コンデンサーマイクやダイナミックマイクで拾った音、ビンテージギターの音色を再現したようなものもあります。

 

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン