ピックアップのブレンド

 

アコースティックギターのピックアップに関して、『ブレンド』という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

 

ピックアップのブレンドは、最近もっとも関心が高く、数多くのギタリストが採用しているアコースティックギターのピックアップでのサウンドメイキング技です。

 

 

例えば、アコースティックギターに、ピエゾマイクタイプのピックアップを搭載しているとします。このアコギをアンプに繋いで放たれる音色は、エレキギターのような硬いサウンドになってしまったとします。

 

そのため、もっとアコースティックギターの生音が本来持っている空気感を出したいと考えます。

 

そんな時に、とても効果的な手法が『ブレンド』という技です。

 

 

 

『ブレンド』というのは、簡単に言うと、ピックアップ1つだけではなく、異なる特性をもった二種類以上のギター用マイク(ピックアップ)を仕込むことです。

 

それぞれのマイクに欠けている欠点を補わせることによって、よりアコギの生音に近づけることができるのです。

 

 

 

ブレンドを行うと、例えばこんなことができます。

 

ケース例1

 

【悩み】

 

なんだか音が硬すぎてエレキっぽい音がするなぁ…

 

 

【解決】

 

こんな悩みを解決してくれる効果的なブレンド方法は、
ピエゾマイク & コンタクトマイクのピエゾマイク & 楽器用コンデンサーマイク

 

 

 

ケース例2

 

【悩み】

 

ライブハウス、ホール、スタジオなどさまざまな演奏環境でアコギを演奏するため、できるだけハウリングを抑えたい。
また、アコギ自体には加工することなく取り付けたい。

 

 

【解決】

 

こんな悩みを解決してくれる効果的なブレンド方法は
マグネットマイク & コンタクトマイク マグネットマイク & 楽器用コンデンサーマイク

 

 

 

このように、ブレンドを行うことで、1つのマイクでは表現できなかった悩みを、特性の違うピックアップを複数ブレンドすることによって、自分が理想としているアコギの音に作り上げることが可能になります。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン