左利きの人のアコギ選び

 

基本的にアコギは右利きに人向けに作られているものが多く、左利きの人はどうしたらよいのか、悩むのではないでしょうか。

 

 

プロで活躍されているギタリストにも、左利きの方はたくさんいらっしゃいます。
皆さんが、同じように弾いているかと言うとそうではありません。

 

 

そこで、左利きの人はどのようなアコギを選べばよいのか、いくつかのケース毎にお伝えしていきます。

 

 

 

右利き用のアコギを使用するpart1

 

普段は左利きの人でも、アコギになると右利きと同じように弾くギタリストもいます。たとえば、木村カエラはこのタイプですね。

 

左利きでも右利きの人同じように弾くことができる場合がありますので、一度楽器店でレフティ用と弾き比べてみましょう!

 

 

右利き用で通常通り弾くことが出来るのであれば、アコギ選びに苦労しません。

 

 

 

右利き用のアコギを使用するpart2

 

2つ目としては、右利き用のアコギを逆にもって、尚かつ弦も上下逆さに張ることで、レフティ用のアコギとして使用する方法があります。

 

かの有名なギタリスト・ジミヘンドリクスは、このタイプです。

 

 

アコギの種類によっては、逆さにもつことで弾くづらくなってしまうギターもありますので、そのあたりは考慮が必要です。

 

 

 

右利き用のアコギを使用するpart3

 

3つ目は、右利き用のアコギを単純に逆さにもつパターンです。

 

松崎しげるがこの形をとっています。

 

通常は6弦が上、1弦が下にきますが、これが全く逆で1弦が上、6弦を下にきます。

 

 

ギターのタブ譜を読む際など、全てが逆さになるので、この形は正直おすすめできません!

 

 

 

左利き用のアコギを使用する

 

欲しいアコギに左利き用があれば、素直に左利き用のアコギを使用するのがベストです。

 

ただ、一般的に、価格が右利き用のアコギよりも若干高くなる場合が多く、その点がネックとなってきます。

 

 

また、市場に出回っているレフティ用のアコギは、その種類も少ないため、欲しいアコギがあっても右利き用しかなく、なかなかお目当てのアコギが見つからないことが多く、選択の幅が狭まってしまいます…

 

 

 

それぞれ、メリット、デメリットがありますので、ご自身にあったスタイルを確立していきましょう!

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン