アコースティックギター種類-ガットギター

ガットギターというのは、ナイロンの弦が張られたギターを指します。ギター・ボディの表面は、フラット・トップ・ギター(フォークギター)同様、平たい形状をしています。

 

 

このナイロン弦の素材の性質により、ガットギターは柔らかくて丸い音色がするのが特徴です。
そのため、クラシックやフラメンコといったジャンルの他に、ジャズやボサノバ、フュージョンなどにも適しており、よく使用されています。

 

 

フラットトップギター(フォークギター)などよりも、ネックの太いためネックを握り込んで演奏するようなスタイルには向いているとは言えませんが、ナイロンという弦は柔らかく、弦の張力が弱いため、あまり握力を必要としないため、はじめてギターを手にする人にとっては、弾きやすいといった利点もあります。

 

 

ガットギターは、同じような姿かたちをしていますが、材質や構造の違いによって、クラシックギターフラメンコギターに分けられ、それぞれ向いている音楽のジャンルも大きく異なります。

 

 

 

クラシックギターとフラメンコギター

 

主にクラシックの演奏に用いられるギターがクラシックギターで、フラメンコの演奏で使用されるギターがフラメンコギターです。

 

サウンド面の違いとしては、フラメンコギターの方がクラシックギターよりも、明るく鋭いサウンドで、アタック感が強くて、音がすぐに減衰する歯切れの良いという特徴を持っています。

 

 

クラシックギターとフラメンコギターは、パッと見た感じでは違いが分からないのですが、ギター構造上の違いがあります。

 

フラメンコギターのボディの木材は、クラシックギターよりも薄くて軽いものが使われています。ボディ裏の材や側板には、杉の一種であるシープレスという軽い木材などで出来ています。

 

 

弦高にも違いがあり、クラシックギターの弦高はとても高く設定されています。フラメンコギターの方はフラットトップギター(フォークギター)と同じくらいで低めに設定されています。そのため、フラメンコギターの方が、素早い押弦に対応できます。

 

 

また、フラメンコギターには、ゴルペ板というセルロイドで出来た板を表面に貼っているのも特徴的です。この『ゴルペ』というのは、右手の薬指や中指などでギターの表面板を叩いてパーカッシブにように音を出すテクニックで、フラメンコという音楽の代表的な演奏方法です。

 

 

 

このように同じガットギターでも、クラシックギターとフラメンコギターとでは、大きく演奏スタイルが違います。

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン