アコースティックギター種類-アーチドトップギター

アーチドトップギター構造上の特徴

 

アーチドトップギターは、表板(トップ)が中央に向かってアーチ状に、丸く盛り上がっているギターのことです。

 

他にも、フラットトップギターのようにサウンドホールが中央に丸く空いているのではなく、バイオリンなどのように英語の「f」や「S」のような穴を持っているのが特徴です。

 

これらの穴は、それぞれfホールやSホールなどと呼ばれています。

 

 

 

アーチドトップギターが誕生した背景には、まだエレキギターが登場していなかった時代に、バンド・アンサンブルで大きな音が出せるギターを目的として作られたとも言われています。

 

そのため、他のギターと比較するとボディが非常に大きいというのも特徴です。

 

 

エレキギターが登場すると、アーチドトップギターにピックアップを搭載したモデルが誕生します。

 

ただ、ボディがとても大きいということもあり、アンプで音を出すとハウリングが発生しやすく、それを解消する目的で小ぶりなボディをもったフルアコースティックフルアコ)というギターも誕生しています。

 

 

現在では、ピックアップを搭載していないアーチドトップギターのことを、ピック・ギターとも呼んでいます。

 

 

 

弦の張り方についても、フラットトップギターとは大きく異なり、『テール・ピース』という部品をブリッジ部分に搭載しています。

 

これによって、フラットトップギターにようにボディとネックが水平ではなく、アーチドトップギターはボディとネックに傾斜が付いています。

 

 

 

サウンドの特徴

 

ボディ内部には、ブレイシングと呼ばれる力木が存在しないため、フラットトップギターと比べると、ボディ全体にリバーブ(響き)が効き、暖かみあるマイルドなサウンドが特徴的です。

 

ロングトーンも歯切れも良いサウンドも得意としており、単音弾きもカッティングにも向いていますので、 ジャズやフュージョンといったジャンルでよく使われています。

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン