アコースティックギター種類・リゾネーターギター

アコースティックギター種類・リゾネーターギター

リゾネーターギターは、まだエレキギターがなかった時代に、ギターの大音量化を目的として誕生しました。
円形の薄いアルミニウム製の「共鳴板(リゾネーター)」をブリッジの下に取り付けたギターなのですが、現在はかなりマニアックなギターなのかもしれません。

 

 

アコースティックギター種類・リゾネーターギター

ギターのボディ本体は、金属製のものと木製のものがあります。

 

金属製のものは、その独特の響きや音の伸びに魅力があり、ハワイアン、カントリー、ブルースといったジャンルで、スライドギターを多用するギタリストに支持されました。
木製のリゾネーターギターは、大音量化に成功し、ブルーグラスミュージックなどで使用されました。

 

 

一般的には、コードをジャンジャカかき鳴らすようなギターでなく、弦も太いものが使われ、弦高も高いものが多いです。スライドで使用されることが多い理由としては、フレットをきちんと押さえなくても大きな音が出やすいという特徴を持っているからです。

 

 

リゾネーターギターは、太くて深みがあり、スライド・ギターを多用する人におすすめ出来るアコースティックギターです。

 

 

また、見た感じも独特で、たいへん美しいため、そこに魅力を感じている方も多いです。

 

ちなみに、リゾネーターギターは、ドブロ社のものが有名なため、社名をとってドブロギターと呼ばれていたりします。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン