アコースティックギター種類-12弦ギター

 

複弦ギターの一種で、一般的にはギターの弦は6本ですが、この『12弦ギター』は、そのネーミングの通り12本の弦を張ったギターで、2本で1つの音を出します。

 

アコースティックギターだけではなく、エレキギターにも12弦ギターは存在します。

 

アコースティックギター種類-12弦ギター

 

通常のギターは、レギュラー・チューニングでは、6弦から順に「E(ミ)」「A(ラ)」「D(レ)」「G(ソ)」「B(シ)」「E(ミ)」ですが、12弦ギターの場合は、それらに加えて、6〜3弦には1オクターブ上の高音弦を、1,2弦にはユニゾン(同じ弦)を張ります。

 

そのため、通常のギターは1弦が最も高い音になりますが、12弦ギターの場合には、3弦に張られたオクターブ上の弦が最も高い音を出すことになります。

 

 

 

このように2つの弦で1組になっているため、12弦ギターが奏でるサウンドは、コーラスがかかったような厚みのある、独特でキラキラした響きが特徴的です。

 

特に、アルペジオ(コード分散音)なんかを演奏したときには、とても気持ちの良い音色がします。

 

 

12弦ギターは2弦1組のため、2本ずつ押さえる必要がありますので、若干の慣れが必要になりますし、弦が多いため一般的にはネックが太くなる傾向がありますので、弾きやすさという点ではデメリットがあるとも言えます。ただ、”慣れ”の範囲内かと思います。

 

 

12弦ギターは主にリズムギターとして使われ、ジャンルとしてはポップスやフォークなどが一般的です。ごく稀にロックでも使用されていますが、それ以外のジャンルでも使用してみても、面白いギターです。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン