アコギ・マーチン・D-35の特徴

 

マーチンのドレッドノートシリーズの『D-35』。

 

アコギ・マーチン・D-35の特徴

 

 

ドレッドノートシリーズの名称についているハイフンの後ろの数字は『スタイル』と呼ばれているもので、使用されている木材などの種類やクオリティ、また、バインディングなどの装飾面の違いなどを表しています。

 

スタイルの数字は、一般的に大きいほど、グレードが高いものであり、値段も高くなります。

 

でも、音色やルックスの面でも好みが分かれますし、年式や個体差によってもだいぶ変わってきますので、数字が大きければ良いというものではありません。

 

 

ドレットノートシリーズのアコースティックギターは、大きいサイズが特徴で、サウンドの面では、とてもダイナミックで音量が大きいというのが共通する特徴です。

 

 幅:15 5/8インチ(396.9mm)
 ネックスケール:25.4インチ(645.2mm)

 

 

そんなドレッドノートシリーズの中の1機種にD-35があります。

 

 

D-35はD-28とほぼ仕様が同じなのにサウンド全然違う

 

マーチンD-35は、同じドレッドノートシリーズの人気機種D-28と比較されることがあります。

 

ここでは、D-28とD-35のスペック的な違いや音に与える影響を中心に、D-35の特徴についてお伝えしていきます。

 

 

実は、D-28とD-35とでは、使われている木の材質はほぼ同じなんですよね。

 

トップ板にはスプルース材が使われ、サイドとバック板はローズウッド、ネック材にはマホガニーという組み合わせで、どちらの機種も共通しているのです。(一部の機種では木材が異なります)

 

そのため、よく比較されるのだと思います。

 

でも、サウンドは全く違った音色を奏でるのが不思議なところです。

 

D-28は低音に利いていてガツンとパンチのあるサウンドが特徴ですが、
D-35の方は各音域がバランスよく鳴っており、煌びやかな印象を受けることでしょう。

 

歌いながらアコースティックギターを奏でる人にとっては、D-35の方が相性が良いと言えそうです。

 

 

 

D-28とD-35の違いとは?

 

アコギ・マーチン・D-35の特徴

 

 

この2つの機種の違いはD-28が一般的な2ピースであるのに対して、D-35の方は3ピースなのです。

 

木材の供給不足もあって、良質な木の端材の寄せ集めで、サイドとバックが作られています。

 

 

このように聞くと、D-35の方がグレードが低く、安いのでは?と思われてしまいがちなのですが。。。

 

 

むしろD-28よりも、グレードが高い扱いであり、高額になる傾向にあります。

 

 

 

アコギ・マーチン・D-35の特徴

 

外観上ではバインディングに違いが見られます。

 

D-35にはネックにバインディングが施されていたり、よく見るとサイドにも白と黒の2色のバインディングが施されており、高級感のある装いです。

 

 

 

ここまでの違いだけなら、サウンド面で大きな違いは生まれないと思います。

 

 

実は、サウンドに大きな影響を与えているのは、トップ板のブレイシングの厚さの違いなのです!

 

D-28では5/16インチ(7.94mm)であるのに対して、D-35は1/4インチ(6.35mm)と若干薄く作られています。

 

アコースティックギターの音色は、トップ板の振動の仕方にデリケートに反応するもので、厚みの違いによっても振動の仕方が大きく変わってくるのです。

 

D-35の方が薄い分、振動を妨げないため、弾いたときの反応が良いギターに仕上がっており、各音域がバランスよく鳴ってくれるのです。

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン