アコギ・ギブソン・J-160E

 

アコギ・ギブソン・J-160E

 

J-160Eはギブソンで製作されおり、その歴史は、1954年からスタートします。

 

サウンドホールにギブソンのレスポールで有名なシングルコイルのピックアップ『P-90』が装着されているエレクトリック・アコースティック、いわゆるエレアコです。

 

 

 

アコギ・ギブソン・J-160E

 

J-160Eは、ビートルズのジョン・レノンやジョージ・ハリスンなどに愛用されていたことは、とても有名なお話で、たくさんのギタリストに愛されているアコースティックギターです。

 

 

 

 

基本的な構造は、J-45と同じスタイルを採用しており、そこにP-90がフロントに取り付けられています。

 

エレアコとして、ハウリング防止対策がなされており、ボディの内部は、ラダー・ブレイシングという生音を抑える力木を採用しています。また、J-160Eの初期のモデルは単板だったのですが、その後ボディトップも、すぐに合板へと変更されており、ハウリング対策がなされています。

 

 

こうした対策がなされていることから、
J-45と比較すると、音量も小さくて、またサステインも短い、独特の硬めの音色になっているのが特徴的です。

 

 

 

現在では、一般的にアコ-スティックギターでピックアップを取り付ける場合、より生音らしい音色を得るために、ピエゾ・ピックアップを採用します。

 

一方で、このJ-160Eは、エレキギターに取り付けているピックアップが使われているので、アコースティックギターというよりも、フルアコのエレキギターと同じ構造です。そのため、アンプに繋ぐとエレキギターのような音色が得られるのも、J-160Eの大きな特徴と言えます。

 

 

また、アコースティックギターで用いられるブロンズ弦だと、どうしてもピックアップで音を上手いこと拾ってくれないため、アンプに繋ぐ際にはニッケル弦を張る必要があります。

 

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン