アコギ・ギブソン・ダヴ(dove)

 

アコギ・ギブソン・ダヴ(dove)

 

 

ダヴ(dove)は、1962年にギブソン社から発売された機種です。

 

その2年前に誕生したハミングバードの兄弟機種と言われていますが、
ハミングバードに続くスクエアショルダー型のアコースティックギターとしてデビューしました。

 

 

ちなみに、スクエアショルダー型というのは、ハミングバードの記事で少し触れておりますが、ボディのネック側の形状の事を指しており、イカリ肩になっている形状のことです。

 

 

 

ピックガードには、平和を象徴するハトがモチーフにされデザインされていますが、これが「DOVE(=ハト)」という名前の由来です。

 

また、ブリッジの部分の形も特徴的で、髭のような形をしています。ここは、ハミングバードとの違いが、見た目でパッと分かる部分と言えます。

 

 

 

ギブソン・ダヴ(dove)の基本的な仕様は、トップ板にはハミングバード同様にスプルースが用いられております。

 

サイドとバック板には、マホガニーではなくメイプルが使われているのが特徴的です。

 

ネックの木材は、製造された時期によって異なっていますが、マホガニー材メイプル材が使用されています。

 

ネックスケールについては、25 1/2インチとなっており、
ハミングバードよりも少し長いネックを採用しているのが特徴的です。

 

 

 

この2機種は兄弟機種と言われていますが、サウンドカラーは大きく異なります。

 

ダヴ(dove)と比べると、ハミングバードの方が温かみのあるサウンド。

 

 

低音もしっかり出ているのですが、サイドやバックにメイプル材が使われていることもあり、とてもクリアーで音抜けが良いです。高音が強調されたシャキッとアタック感のあるサウンドが特徴的です。

 

 

ネックスケールの違いからも、ハミングバードよりも音にハリがあり、歯切れが良い音色です。

 

 

ルックスもとても格好良く、これは一生もののアコースティックギターになってくれるでしょう。

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン