アコギ・ヤマハ(yamaha)のLシリーズ

 

ヤマハ(yamaha)を代表するアコースティックギター、Lシリーズ!

 

1974年にLシリーズの歴史は、はじまりました。
他のアコースティックギターと比べるとその歴史は浅いかと思いますが、グレードの高さには定評があります。

 

 

ヤマハ(yamaha)のアコースティッギター・Lシリーズは、それまでの伝統的な技工と構造を継承しているモデルで、ヤマハ(yamaha)が長年培ってきた技術が、惜しげも無く注ぎ込まれています。

 

それでいて、その時代の音楽、ギタリストが必要としているニーズにも応え、それを超えるアコースティックギターを製造しています。

 

このようにLシリーズは、トラディショナルな造りであると同時に、常に時代が求めている音色や演奏性を追求しており、音楽シーンを彩り続けているアコースティックギターと言えます。

 

 

Lシリーズは、とても多くの一流ギタリストをはじめとして、多くのアコースティックギターのファンに愛用され続けています。

 

 

 

L-10シリーズなどは、ドレッドノート型としては透明度が高くて、繊細なサウンドで、美しいトーンが奏でられます。

 

マーチンよりもサウンドは少し硬めに感じる方もいるようですが、
『ヤマハ(yamaha)のLシリーズを持ってればマーチンは要らない!』
という人がいるほど、このアコースティックギターは愛されています。

 

 

一言でLシリーズと言っても、その種類は豊富で、様々な系統に分家しています。
次回は、そのあたりについて、見ていくことにしましょう!

 

 

 

=>ヤマハ(yamaha)・Lシリーズの歴史1/2
=>ヤマハ(yamaha)・Lシリーズの歴史2/2

ギター人気ブログランキング

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン