ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

ブラッシング時に”ポヨヨ〜”とハーモニクスが鳴ってしまうことってありますよね。

 

 

クリーントーンでは気付かなかったけれども、歪みサウンドにすると目立っちゃうなんて事はよくあります。

 

 

 

ブラッシングのときに、あえてハーモニクスを鳴らしちゃう場合もありますが、一般的には鳴らさないのが基本です。

 

 

コツコツとブラッシングの音を鳴らしたいのに、ハーモニクスが鳴ってしまうと、とても格好が悪いし、歯切れの良いコード・カッティングができませんよね。

 

 

特に、3,5,7フレットのポジションは、ハーモニクスが鳴りやすいので、ここを押さえているときは、要注意です。

 

 

 

ハーモニクスが鳴らないようにするためには、ブラッシング時、左手のミュートがとても重要で、ミュートの仕方を色々と工夫する必要があります。

 

 

基本的には、2本以上の指を触れてあげることで、ハーモニクスは鳴らなくなりますが、コードのフォームによって左手の使い方は違ってきます。

 

 

ここでは、代表的な3つのフォームを使って、ブラッシング時の左手ミュートの仕方を3パターン紹介していきますので、ぜひここで身につけてしまいましょう。

 

 

人差し指を追加してブラッシングするパターン

たとえば、E7(#9)のコードフォームは、以下の通りですが、普通に構えた場合、人差し指は立てて押さえるかと思います。

 

 

しかし、これだとブラッシングの際に、特に3弦7フレットのポジションで、ハーモニクスが鳴ってしまいます。

 

 

ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

 

 

そこで、人差し指の腹を使って3弦〜1弦を、指先で5弦を触れてあげます。

 

 

こうすることによって、1本の指だけのミュートでは鳴ってしまうハーモニクスが、人差指が加わることによって消えてくれます。

 

 

ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

 

 

ちなみに、私はこのコードでブラッシングをする場合、ロック・グリップで握り、親指で6弦をミュートしていますが、ちょうど5フレットに乗ってしまいます。

 

 

ここもハーモニクスが気になるので、中指の指先も触れてあげ、2本の指でミュートしています。

 

 

使っていない指を追加してブラッシングするパターン

先ほどの例の場合、実音とブラッシングのときのフォームは変わりませんでしたが、今度はブラッシング時にフォームが変わります。

 

 

 

たとえば、A7の場合、以下のようなコードフォームになりますが、5フレット、7フレットと、ハーモニクスが鳴りやすいポジションがたくさんありますよね。

 

 

このフォームのまま、ブラッシングしてしまうと、色んなポジションでハーモニクスが鳴って、非常に聞き苦しいサウンドになってしまいます。

 

 

ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

 

 

 

このフォームの場合、小指が空いていますよね。空いている指を使わない手はありません。

 

 

なので、ブラッシングのときには、瞬時に小指も加えて全弦触れてあげます。

 

 

これで、2〜3本の指でミュートするかたちになるので、ハーモニクスが鳴らなくなります。

 

 

ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

 

 

実音とブラッシングが激しく入れ替わるカッティングのときは、小指を付けたり外したりと忙しくなりますので、繰り返し練習して慣れる必要があります。

 

 

すべての指が埋まっているバレーコードのパターン

今度はFのバレーコードのように、すべての指が使われているケースです。

 

 

ハーモニクスが鳴りやすいAのバレーコードで見ていくことにしましょう。

 

 

ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

 

 

1、2、6弦が指一本になるので、ブラッシングの際、どうしてもハーモニクスが鳴りやすいポジションです。

 

 

ここを複数の指で押さえてあげるには、小指と薬指の使い方がポイントで、実音からブラッシングに移行したとき、以下の写真のように瞬時に薬指や小指の指先と腹を弦に触れてあげます。

 

 

ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方

 

 

今まで見てきた3つのパターンの中では、慣れないと一番難しく、動きを身体に覚え込ませるまでは、ちょっと時間がかかるかもしれません。

 

 

でも、慣れてしまえば、自然とできるようになるので、繰り返し練習して、身体に覚え込ませることが攻略のカギとなります。

 

 

ブラッシング時のミュートのまとめ

ここまで、3つのパターンを見てきましたが、共通して言えることは、ブラッシングの際には、複数の指で触れてあげることが、ハーモニクスを鳴らさないコツです。

 

 

もちろん、コードフォームは、ここで見た3パターン以外もありますが、ブラッシング時の基本的な指の動きは、ここで見た3パターンが出来れば、応用を利かせることが可能だと思います。

 

 

 

コードカッティングは、バッキングにおいては、基本的な奏法でもありますが、奥が深く難しい奏法のひとつかもしれません。

 

 

ハーモニクスが鳴らないように、複数の指を使ってブラッシングすることを、繰り返し継続的に練習して、自然とできるようにしておきましょう。

 

 

また、練習する際は、ハーモニクスが鳴りやすい、よりシビアな歪みサウンドで練習することも忘れないようにしましょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの楽しみ方
ギター初心者が覚えるべきこと | はじめてのギター
エレキギターのタブ譜の読み方と記号を覚えよう
上達のためのエレキギターのタブ譜との向き合い方
エレキギターの弾き方・ギタリスト入門・初心者の方へ
深爪が出来ない原因と対策
エレキギターの弾き方・ピックの持ち方
エレキギター初心者は教則本で練習してはいけない!
メトロノームの正しい使い方を知って、効果的にギターの腕を向上させましょう!
エレキギターの弾き方・右手ストローク編
空ピッキングを攻略してリズムキープ力を向上しよう
エレキギターの弾き方・右手ピックの角度
エレキギターの弾き方・左手(フィンガリング)
ギターの左手と右手のタイミングの合わせ方
ピッキングのスナップ力を高めるためのトレーニング
上達する期間を大幅短縮させるための劇薬
ギターの上達を妨げる原因は情報にあった?
コピーが3倍速くなる練習方法!
エレキギターの耳コピのやり方
耳コピしやすいようDAWでエレキギター以外の音を削除する方法
ドリームキラーがウザい!上達を邪魔する悪魔の声
エレキギターが上手くなる人ならない人の特徴
マジメな人ほどギターが上手くならない!?
あなたは、どんなフレーズでも弾けるようになります!!
絶対必要!ギター初心者の方へ…時間は有限、最低限の自己投資!!
直近の明確な目標がないとギターは上手くならない!!
読者さんから頂いた決意表明!
リハーサルスタジオでの失敗!これは気を付けよう
実力だけじゃない!ステージでオーラを放つには!?
エレキギター初心者のための練習方法
最速でエレキギターを上達させる方法とは?
エレキギター初心者脱出のコツ!さらなる高みを目指すには!?
意外とやりがちな無駄な練習…効果的なエレキギターの練習をしよう!
ギター練習の最適な時間配分
ギターの演奏力を上達させるだけでは上手く聴こえない!
エレキギター教室・それでも通いますか?これからはオンライン講座!
パワーコードは明暗がない-コードよりも先に-
パワーコードの押さえ方をマスター【音源付】
パワーコード更なる上達へ【音源付】
フォームが異なる変形型のパワーコード
余弦ミュートは上級者に通ず-秘伝継承-
ブリッジミュートのやり方-コツを伝授【音源付】-
チョーキングのやり方-3つのコツを押さえろ!
ユニゾンチョーキングのやり方と3つのコツ
オクターブ奏法めっちゃ便利!キレイに音が出ない人必見
スライドのコツ-カッコよく決める3つのポイント-
ハンマリングとプリングを決めるコツ
fコードの音がならん!ギター初心者が弾けるようになる押さえ方
ストロークの5ヶ条・エレキギター初心者を脱せよ!
コードチェンジが上手くなる!誰も教えてくれない3ステップ練習法
初心者ギターコード練習曲・おすすめの曲はコレです!
アルペジオで注目させよう!上手く弾けない3つの原因と対策
カッティングのコツ!やっぱりコレカッコいいね!
歯切れのよいカッティング
カッティング時における右手のストロークの練習
カッティングのアップピッキングの引っかかりを治す
カッティングのときハーモニクスを鳴らないようにする3つのポイント
オープンコードのカッティングは、一度コードフォームを崩してブラッシングします
ストレッチって大事だね…柔軟な左手づくり
腱鞘炎にならない弾き方と対策
右手首の力とスタミナをアップさせる基礎練習
左手を器用にする3つのトレーニング
左手のバタつきを抑える+小指強化トレーニング
フィンガリングノイズや無駄な動きをなくす!弦を押さえたり、離すタイミング
なめらかで美しいフィンガリングをするための基礎練習
オルタネイトピッキングの3つのコツ!初心者から究めろ
オルタネイトピッキングの練習譜面
ピッキングが音作りでも重要な理由
速弾きピッキングが上達!練習時間15分「右手を○○するだけ」
速弾きピッキング3つのコツ!これから始める人へ(基本編)
速弾きピッキング3つのコツ!これから始める人へ(弦移動編)
速弾きピッキングでハマってしまう罠。。。
速弾き・レガート奏法を攻略するには?
速弾きピッキングで良い音出すには手首のスナップが大切
スウィープ・ピッキングがみるみる上達・弾けない3つ原因と対策
タッピング(ライトハンド)の練習
ピッキング・ハーモニクスを綺麗に鳴らすコツ
壁にぶち当たったときに!オススメの練習方法
ギターが上手くなる音作りとは!?
ギターでアドリブが上達する3つのポイントとは!?
アドリブ上達・フレーズを使いこなすには!?
アドリブ上達・コーダルラインを意識
アドリブ上達・思いついたメロディをギターで演奏
ギターアドリブ用オケ(Cメジャースケール)
ギターアドリブ・ペンタトニックスケール
ギターを弾くのに受け身な姿勢はやめよう!積極的に行動すればモチベーションが上がりますよ!
効果的な練習の仕方とは!?馬鹿正直ではエレキギターは上達しない!
ライヴで良い演奏をするために1.3倍速で練習しよう