ギターの演奏力を上達させるだけでは上手く聴こえない!

音作りも上達させよう

 

エレキギターをバンドで演奏するとき、観客に上手く聴かせたいと思うことは、ギタリストなら誰でも一度は考えることでしょう。そのため、私たちは練習に練習を重ね、日々、演奏力を向上させようとしますね。

 

しかし、バンドで演奏となると、特にコピーバンドの場合、いくら演奏力が高くても、観客に上手く聴かせることは出来ません!特に、ギター経験のない観客は、完全なる素人さんなので、細かいテクニックなどよりも雰囲気でギターの上手い下手を判断してしまうからです。

 

もっと言えば、ギターの音だけ聴いている人なんて、同じギタリストか一部のマニアックな観客だけでしょう。多くの観客は、ギターはバンド全体の中で一部の音に過ぎず、相対的にギターの音を耳にしているだけというわけです。

 

ではこれより、何を上達させれば観客に良い演奏を届けることができるのか考えていくことにしましょう!

ギタリストの役割はバンドに彩りを加えること!?

そもそもエレキギターは、バンドの中では歌に次いで目立つ楽器ではあるものの、バンド全体としてみればドラムやベースと比べるとリズム隊としての役割は低いし、メロディーは間奏以外はボーカルの役割なので、ギターの役割って微妙なところですね。エレキギターはバンドの音に彩りを与える楽器といったところでしょうか。

 

故に、いくらギタリストの演奏力やリズム感が良くても、ドラムやベースのリズム隊がしっかりしていなければ、相対的にギターは上手く聴こえてきません。しかし、こればかりは、ギタリストがどうこうできる問題ではなく他のメンバーの力量にかかっています。

 

では、ギタリストに何ができるのかと考えると、それは音の良さではないでしょうか。「音の良さ」というとギター単体の音で考えてしまいがちですが、「エレキギターはバンドに彩りを与える楽器」なので、ここではその曲の雰囲気を出すことが良い音と定義することにしましょう。

 

観客が素人でも、バンド全体の音を聴いていても、「音の良さ」というのは感じとることができます。特に、観客が原曲を知っているコピー曲であれば、雰囲気が似ているか似ていないか程度は誰しもが判断できますよね。

音の良さを追及するとは?

しかし、だからと言ってアーティストと全く同じ馬鹿高い機材を揃えようという話ではなく、、曲の雰囲気にあった効果的な色を付けれるようになろうということです。

 

『そもそも機材が違うんだから同じ音を出すことは無理』と割り切って、初心者のうちから自分らしい音を追い求めるギタリストも多くいます。「自分らしい音の追及」というと聞こえは良いですが、手持ちの機材で雰囲気を似せることの方が得るものは遥かに多いでしょう。

機材の使い手になる

手持ちの機材で、あれこれと試行錯誤しながら雰囲気を出そうとすることで、機材の使い方や音作りのコツのようなもの自分なりの答えを導き出せ、音作りのレベルアップに繋がります。機材に頼るのではなく、機材の使い手になることが大切なのです。

 

機材・エフェクターの繋ぎ方には基本というものがありますが(エフェクターの繋ぎ方の基本については、「エフェクターのつなぎ方−基本編」を参照)、その理屈を分かっていれば、例えば奇抜な音を出したいときなどに、敢えて基本から逸脱した繋ぎ方をすることで、効果を狙うことができます。もちろん、トライ&エラーを繰り返して最適な雰囲気が出るか地道に見つけていく作業になりますが、この過程(経験)こそがご自身の音作りの実力になっていくのです。

ピッキングも音作りの1つ

また、ピッキングも音作りの1つです。機材だけで雰囲気を作ることはできず、ピッキングなど演奏面でも似せる工夫をしていかなければなりません。

 

これは、演奏力の向上に大きく繋がることですが、生音でペチペチ練習しているだけでは、身に付かない技術です。エフェクターを繋ぎギターアンプで音を出して、ピッキングによって出音をコントロールして雰囲気を似せていく練習をしましょう。

 

基本的なピッキングの仕方は、教本やWebサイトなどでも学ぶことはできますが、曲・フレーズに適した「雰囲気作りのためのピッキング」というのは練習の中で見つけていくしかありません。ピックの角度を工夫したり、弦を当てる位置を変えたり、ピックに加え親指も弦に当てハーモニクス気味に弾き倍音を強調してみたり、強弱を変えてみたり、色々と試すことはたくさんあります。ぜひピッキング1つで多彩な音色をコントロールできるよう技術を磨いていってください!

ギターを上手く聴かせる演奏のまとめ

音色によって雰囲気を作りだすことは、ギタリストにとっては大きな技術であり、実力の1つであることはお分かりいただけたでしょうか。

 

ギタリストであれば「自分らしい音」を追及したいと考えるようになるのはごく自然なことですが、特に初心者のうちは、雰囲気もコピーするようにしましょう。そもそも、様々な音の出し方を知らないまま、自分らしい音を追及することなんて無理がありますよね。

 

もちろん、どんなに音作りが上手くても、演奏面のレベルが低ければ、雰囲気を出すこと難しく、良く聴かせることはできません。

 

演奏面でのレベルアップは全力で行っていくことは当たり前として、ぜひ「音作りをする練習」もご自身の練習メニューに加えてみましょう!

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの楽しみ方
ギター初心者が覚えるべきこと | はじめてのギター
エレキギターのタブ譜の読み方と記号を覚えよう
上達のためのエレキギターのタブ譜との向き合い方
エレキギターの弾き方・ギタリスト入門・初心者の方へ
深爪が出来ない原因と対策
エレキギターの弾き方・ピックの持ち方
エレキギター初心者は教則本で練習してはいけない!
メトロノームの正しい使い方を知って、効果的にギターの腕を向上させましょう!
エレキギターの弾き方・右手ストローク編
空ピッキングを攻略してリズムキープ力を向上しよう
エレキギターの弾き方・右手ピックの角度
エレキギターの弾き方・左手(フィンガリング)
ギターの左手と右手のタイミングの合わせ方
ピッキングのスナップ力を高めるためのトレーニング
上達する期間を大幅短縮させるための劇薬
ギターの上達を妨げる原因は情報にあった?
コピーが3倍速くなる練習方法!
エレキギターの耳コピのやり方
耳コピしやすいようDAWでエレキギター以外の音を削除する方法
ドリームキラーがウザい!上達を邪魔する悪魔の声
エレキギターが上手くなる人ならない人の特徴
マジメな人ほどギターが上手くならない!?
あなたは、どんなフレーズでも弾けるようになります!!
絶対必要!ギター初心者の方へ…時間は有限、最低限の自己投資!!
直近の明確な目標がないとギターは上手くならない!!
読者さんから頂いた決意表明!
リハーサルスタジオでの失敗!これは気を付けよう
実力だけじゃない!ステージでオーラを放つには!?
エレキギター初心者のための練習方法
最速でエレキギターを上達させる方法とは?
エレキギター初心者脱出のコツ!さらなる高みを目指すには!?
意外とやりがちな無駄な練習…効果的なエレキギターの練習をしよう!
ギター練習の最適な時間配分
エレキギター教室・それでも通いますか?これからはオンライン講座!
パワーコードは明暗がない-コードよりも先に-
パワーコードの押さえ方をマスター【音源付】
パワーコード更なる上達へ【音源付】
フォームが異なる変形型のパワーコード
余弦ミュートは上級者に通ず-秘伝継承-
ブリッジミュートのやり方-コツを伝授【音源付】-
チョーキングのやり方-3つのコツを押さえろ!
ユニゾンチョーキングのやり方と3つのコツ
オクターブ奏法めっちゃ便利!キレイに音が出ない人必見
スライドのコツ-カッコよく決める3つのポイント-
ハンマリングとプリングを決めるコツ
fコードの音がならん!ギター初心者が弾けるようになる押さえ方
ストロークの5ヶ条・エレキギター初心者を脱せよ!
コードチェンジが上手くなる!誰も教えてくれない3ステップ練習法
初心者ギターコード練習曲・おすすめの曲はコレです!
アルペジオで注目させよう!上手く弾けない3つの原因と対策
カッティングのコツ!やっぱりコレカッコいいね!
歯切れのよいカッティング
ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方
カッティング時における右手のストロークの練習
カッティングのアップピッキングの引っかかりを治す
カッティングのときハーモニクスを鳴らないようにする3つのポイント
オープンコードのカッティングは、一度コードフォームを崩してブラッシングします
ストレッチって大事だね…柔軟な左手づくり
腱鞘炎にならない弾き方と対策
右手首の力とスタミナをアップさせる基礎練習
左手を器用にする3つのトレーニング
左手のバタつきを抑える+小指強化トレーニング
フィンガリングノイズや無駄な動きをなくす!弦を押さえたり、離すタイミング
なめらかで美しいフィンガリングをするための基礎練習
オルタネイトピッキングの3つのコツ!初心者から究めろ
オルタネイトピッキングの練習譜面
ピッキングが音作りでも重要な理由
速弾きピッキングが上達!練習時間15分「右手を○○するだけ」
速弾きピッキング3つのコツ!これから始める人へ(基本編)
速弾きピッキング3つのコツ!これから始める人へ(弦移動編)
速弾きピッキングでハマってしまう罠。。。
速弾き・レガート奏法を攻略するには?
速弾きピッキングで良い音出すには手首のスナップが大切
スウィープ・ピッキングがみるみる上達・弾けない3つ原因と対策
タッピング(ライトハンド)の練習
ピッキング・ハーモニクスを綺麗に鳴らすコツ
壁にぶち当たったときに!オススメの練習方法
ギターが上手くなる音作りとは!?
ギターでアドリブが上達する3つのポイントとは!?
アドリブ上達・フレーズを使いこなすには!?
アドリブ上達・コーダルラインを意識
アドリブ上達・思いついたメロディをギターで演奏
ギターアドリブ用オケ(Cメジャースケール)
ギターアドリブ・ペンタトニックスケール
ギターを弾くのに受け身な姿勢はやめよう!積極的に行動すればモチベーションが上がりますよ!
効果的な練習の仕方とは!?馬鹿正直ではエレキギターは上達しない!
ライヴで良い演奏をするために1.3倍速で練習しよう