上達のためのエレキギターのタブ譜との向き合い方

プロのアーティストの曲をコピーするときには、タブ譜を利用することも多いでしょう。エレキギターは、タブ譜を読むことで、コピーする時間を大幅に短縮することが出来るので大変有り難いものでもあります。(タブ譜の読み方は『エレキギターのタブ譜の読み方と記号を覚えよう』参照)

 

しかし、タブ譜に頼り過ぎるというのは、たいへん問題であり、様々な面でエレキギターの上達を妨げてしまう可能性があることも、理解しておきましょう。ここでは、タブ譜とエレキギターの上達との関係について見ていきたいと思います。

タブ譜のウソ

エレキギターのタブ譜というのは、結構いい加減なもので、中には明らかに違った音が指定されているケースがあり、実際の音源とは違った譜面になっているものが多々あるのです。

 

また、タブ譜の誤りとまでは言わなくとも、譜面上では表現しづらい微妙なニュアンスまでは書かれおらず、あらゆることが書き記されている万能なものではありません。

 

これら実際の音源とタブ譜との違いを、便宜上ここでは”タブ譜のウソ”と表現することにします。楽譜がスラスラと読めてしまう得意な人ほど、”タブ譜ありき”で目で見て曲をコピーしがちですが、それではタブ譜のウソに気付くことができません。

正確なコピーをするためには耳で判断

このタブ譜のウソに気付けるようになるためには、音源からエレキギターの音を聴きとる耳を鍛える必要があります。

 

タブ譜をまったく読まずに、耳でコピー(いわゆる耳コピ)することで、しっかりと音を聴き分ける能力が高まりますが、初心者の方や慣れていない方は、いきなりゼロから耳コピをするのは大変かもしれません。そこで、一度タブ譜を読んで運指を覚えたら、音源と自分の音を何度も何度も比べることから始めてみましょう。

 

自分の演奏と実際の音源が少しでも雰囲気が違っていたら、そこにはタブ譜のウソが隠れているはずです。ウソを見つけたら、フレットの押さえ方やチョーキングの仕方などフィンガリング、ピッキングの仕方、アクセントの付け方などを試行錯誤して、出来るだけ音源に近づけるように工夫していきましょう。耳コピのやり方については『エレキギターの耳コピのやり方』で詳しく述べているので参照してみてください。

 

微妙なニュアンスが上達のカギ

「微妙なニュアンス」という部分を聴き分け、再現することは、上達には不可欠なことです。

 

ニュアンスという言葉自体が曖昧なものなので、自身の耳を鍛えていくしかありません。また、それらを表現しようとすると、それまでの自分の演奏スタイルとは違った、指使いであったり、ピックの当て方、ピッキングの強弱、リズムなどを経験的に学ぶことができるので、ただ単にタブ譜通りにコピーするよりも間違いなくエレキギターの腕は上達し、一歩上をいく演奏ができるようになります。

 

もちろん、こうしたタブ譜では表現できないニュアンスまでコピーするのは、難しい場合もあります。音源の弾き手であるギタリストの癖と自分の演奏スタイルに、大きな差異のようなものがあるとすると、それを埋めていく作業には時間がかかるかもしれません。100%忠実に再現する必要はないと思いますが、似たような雰囲気を作りだす工夫は必要でしょう。

 

いくらギターが上手い人でも、これらを行っていないと音源とは程遠い演奏となってしまいます。たまに、ギター講師の方などがYOUTUBEなどに有名な曲の弾き方を挙げているものを目にすることがありますが、ちょっと雰囲気が違うな・・・と感じることもあります。そもそも「忠実な再現」を狙った演奏ではないので、この土俵に挙げること自体がナンセンスかもしれませんが、タブ譜には記されていないニュアンスの大切さというのを実感していただくことができると思います。

 

最後に

ここまで、「タブ譜は万能ではない」「微妙なニュアンスは耳で聴き分け、試行錯誤し自分のエレキギターで表現しよう」というお話しをしてきました。

 

ただ、完璧に再現した演奏こそが良い演奏かと問われると、その答えは必ずしもイエスとは言えません。ここまでの話と矛盾しているように感じるかもしれませんが、模倣は自身の演奏表現を広げるために重要な方法であり、上達の手段だということです。
もしも、寸分の狂いもない忠実な再現を、自分のギタリストとしての最終的なゴールとしているのであれば、模倣で終わってもよいでしょう。
ただし、その先にある自分らしい演奏を目指すのであれば、こうした表現方法は1つのオプションに過ぎず、様々な引き出しを持っており、その組み合わせによって、自分らしさが作り上げられていくものだと思います。そのために、今から1つ1つ、細かく深いところまで吸収しようとする姿勢が大切になってくるのではないでしょうか。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの楽しみ方
ギター初心者が覚えるべきこと | はじめてのギター
エレキギターのタブ譜の読み方と記号を覚えよう
エレキギターの弾き方・ギタリスト入門・初心者の方へ
深爪が出来ない原因と対策
エレキギターの弾き方・ピックの持ち方
エレキギター初心者は教則本で練習してはいけない!
メトロノームの正しい使い方を知って、効果的にギターの腕を向上させましょう!
エレキギターの弾き方・右手ストローク編
空ピッキングを攻略してリズムキープ力を向上しよう
エレキギターの弾き方・右手ピックの角度
エレキギターの弾き方・左手(フィンガリング)
ギターの左手と右手のタイミングの合わせ方
ピッキングのスナップ力を高めるためのトレーニング
上達する期間を大幅短縮させるための劇薬
ギターの上達を妨げる原因は情報にあった?
コピーが3倍速くなる練習方法!
エレキギターの耳コピのやり方
耳コピしやすいようDAWでエレキギター以外の音を削除する方法
ドリームキラーがウザい!上達を邪魔する悪魔の声
エレキギターが上手くなる人ならない人の特徴
マジメな人ほどギターが上手くならない!?
あなたは、どんなフレーズでも弾けるようになります!!
絶対必要!ギター初心者の方へ…時間は有限、最低限の自己投資!!
直近の明確な目標がないとギターは上手くならない!!
読者さんから頂いた決意表明!
リハーサルスタジオでの失敗!これは気を付けよう
実力だけじゃない!ステージでオーラを放つには!?
エレキギター初心者のための練習方法
最速でエレキギターを上達させる方法とは?
エレキギター初心者脱出のコツ!さらなる高みを目指すには!?
意外とやりがちな無駄な練習…効果的なエレキギターの練習をしよう!
ギター練習の最適な時間配分
ギターの演奏力を上達させるだけでは上手く聴こえない!
エレキギター教室・それでも通いますか?これからはオンライン講座!
パワーコードは明暗がない-コードよりも先に-
パワーコードの押さえ方をマスター【音源付】
パワーコード更なる上達へ【音源付】
フォームが異なる変形型のパワーコード
余弦ミュートは上級者に通ず-秘伝継承-
ブリッジミュートのやり方-コツを伝授【音源付】-
チョーキングのやり方-3つのコツを押さえろ!
ユニゾンチョーキングのやり方と3つのコツ
オクターブ奏法めっちゃ便利!キレイに音が出ない人必見
スライドのコツ-カッコよく決める3つのポイント-
ハンマリングとプリングを決めるコツ
fコードの音がならん!ギター初心者が弾けるようになる押さえ方
ストロークの5ヶ条・エレキギター初心者を脱せよ!
コードチェンジが上手くなる!誰も教えてくれない3ステップ練習法
初心者ギターコード練習曲・おすすめの曲はコレです!
アルペジオで注目させよう!上手く弾けない3つの原因と対策
カッティングのコツ!やっぱりコレカッコいいね!
歯切れのよいカッティング
ブラッシング時にハーモニクスが鳴らないようにするために左手ミュートの3つのやり方
カッティング時における右手のストロークの練習
カッティングのアップピッキングの引っかかりを治す
カッティングのときハーモニクスを鳴らないようにする3つのポイント
オープンコードのカッティングは、一度コードフォームを崩してブラッシングします
ストレッチって大事だね…柔軟な左手づくり
腱鞘炎にならない弾き方と対策
右手首の力とスタミナをアップさせる基礎練習
左手を器用にする3つのトレーニング
左手のバタつきを抑える+小指強化トレーニング
フィンガリングノイズや無駄な動きをなくす!弦を押さえたり、離すタイミング
なめらかで美しいフィンガリングをするための基礎練習
オルタネイトピッキングの3つのコツ!初心者から究めろ
オルタネイトピッキングの練習譜面
ピッキングが音作りでも重要な理由
速弾きピッキングが上達!練習時間15分「右手を○○するだけ」
速弾きピッキング3つのコツ!これから始める人へ(基本編)
速弾きピッキング3つのコツ!これから始める人へ(弦移動編)
速弾きピッキングでハマってしまう罠。。。
速弾き・レガート奏法を攻略するには?
速弾きピッキングで良い音出すには手首のスナップが大切
スウィープ・ピッキングがみるみる上達・弾けない3つ原因と対策
タッピング(ライトハンド)の練習
ピッキング・ハーモニクスを綺麗に鳴らすコツ
壁にぶち当たったときに!オススメの練習方法
ギターが上手くなる音作りとは!?
ギターでアドリブが上達する3つのポイントとは!?
アドリブ上達・フレーズを使いこなすには!?
アドリブ上達・コーダルラインを意識
アドリブ上達・思いついたメロディをギターで演奏
ギターアドリブ用オケ(Cメジャースケール)
ギターアドリブ・ペンタトニックスケール
ギターを弾くのに受け身な姿勢はやめよう!積極的に行動すればモチベーションが上がりますよ!
効果的な練習の仕方とは!?馬鹿正直ではエレキギターは上達しない!
ライヴで良い演奏をするために1.3倍速で練習しよう