ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!

どこのスタジオやライブハウスにも必ず置いてあるのが、このローランドのジャズコーラスです。スタジオやライブハウスにおいてあるのはJC-120が多いです。

 

ジャズコーラス

 

ジャズコーラスのクリーントーンは文句ないサウンドです。でも、歪みがね・・・アンプについている歪みは、ハッキリ言って使い物にならない!んで、エフェクターで歪み作ってアンプに挿しても、イマイチなんですよね。。。どうしてもジャズコーラスを使わなければならないシーンが出てくるかと思います。そこでジャズコーラスでの歪みの音を向上させるための方法をいくつかご紹介したいと思ってます。

 

ここでは、ジャズコーラスの基本的な使い方から、チャンネルリンク、ステレオ活用といった、サウンドを向上させる方法を、お伝えします。ぜひ、クリーンだけでなく、歪みもそれなりのサウンドになるよう使いこなしてください!

 

ジャズコーラスの基本的な使い方

 

1975年の登場から40年近く経ちますが、現在に至るまでそのスペックは、まったくと言っていいほど変わっていません。普通の練習スタジオってマーシャルなどのチューブアンプ1台とジャズコーラス1台なので、ギター2人いると1人はジャズコーラス使うことになりますよね。

 

たまにジャズコーラス2台なんてこともあります。少なくともジャズコーラスが置いていないスタジオやライブハウスは見たことないですね。そのくらい定番のアンプ。つまり、ジャズコーラスが使いこなせれば、どこにいっても安定した音を鳴らすことができるってことです。

 

まずは基本的な使い方を理解しましょう!

 

ジャズコーラスの前面パネル

まず、ジャズコーラスを使ったことがない人のために、アンプの説明から。
ジャズコーラスパネル
ジャズコーラスってチャンネルが2つあるんですよ。左側のツマミが4つ並んでいる部分がチャンネル1です。これはアンプを単なる「クリーンアンプ」として使うための部分です。

 

4つのツマミは、左からVolume、Treble、Middle、Bassと、まぁごく普通のアンプ。で、Volumeの隣にあるのがブライトスイッチ。といいます。これは、ギターの「高域」を増幅することで、より音の抜けをよくするためのスイッチです。

 

ギターの種類や他エフェクターなどの設定にもよりますが、特にストラトのリア・シングルPUだと、ONにすると相当キンキンとした耳障りな音がします。

 

次にチャンネル2。こちらはツマミが9つありますが、左4つはチャンネル1と同じです。チャンネル1の機能に加えて、デイストーション、リバーブ、コーラス、ヴィブラートが使えるという点が特徴です。このディスト―ションが前述の通りイマイチな歪みなんですよね…

 

そして一番右側の、3つのツマミが並んだ部分は、ジャズコーラスに内蔵された揺らぎ系エフェクターです。一番右のツマミでヴィブラート、エフェクトオフ、コーラスを選択するスイッチになっています。で、その左2つのツマミでエフェクターのかかり具合を調整します。

 

コーラスとは「なんぞや?」という方はエフェクターの種類を徹底解説!モジュレーション編をご参考にしてみてください。ジャズコーラスがコーラスというエフェクターの生みの親なんですね。

 

ギターからシールドを繋いでチャンネル1かチャンネル2に挿入するのですが、各チャンネルそれぞれにHighとLowと書かれた2つの挿入口があります。

 

どちらに挿しても音色は変わりません。Highの方が大きな音が出ると思っていただいて結構です。ジャズコーラス(JC-120)は120ワットもあるので、一般的なマーシャルなどのアンプよりも高出力です。

 

ライブハウスなどでのはSHURE SM57をオンマイクで拾ってPAに渡しているのが一般的かと思いますが、このセッティングで音を上手く拾えるボリュームの設定値は、Highで2、Lowで3が適正値と言われています。

 

それ以上音をあげると音が割れたりして音圧が減ってしまうそうです。そのため、調整できる幅が広がるLowに挿すことをオススメします。

 

また、Treble、Middle、Bassのツマミは、5(12時)をMAXと考えましょう。しかも、ただでさえ高出力なのに、3バンドのツマミも目いっぱい上げると、とんでもない爆音になってしまい大迷惑です。特にTreble。キンキンするので要注意です。0〜5の範囲内であれば1変えるだけで素直に音質が変わってくれます。ジャズコーラスについては、Treble、Middle、Bassのツマミは5までと覚えておきましょう。

ジャズコーラスの背面パネル

続いて背面の各種挿入口。
背面パネル
左側のLINEOUTはレコーディングなどでマイクを通さないでPAなどに音を送るための挿入口。これは普段使うことはないかな。

 

次に、センド/リターンです。リターンの挿入口が2つあってステレオで使えるのが特徴的です。最近はPODなどアンプシュミレーター付きのエフェクター使う人が多いので、前面のインプットには突っ込まないで、こちらに挿入している人も多いですね。あとは、ギター→歪みエフェクター→ジャズコーラス・プリアンプ(前面インプット)→SEND→空間系エフェクター→RETURNみたいな使い方をします。

 

右の3つは、前面パネルのツマミにあった内臓エフェクターのコーラス(トレモロ)、リバーブ、ディスト―ションのON/OFFの切り替えるためのフットスイッチをシールドで繋ぐ挿入する口です。

 

私はこれは使ったことがないな。。。
ちなみに、フットスイッチにはラッチ式とアンラッチ式の2種類があって、ラッチ式は1踏みでオン⇔オフを切り替えるもので、アンラッチ式は足で踏んでいる状態のみオンになります。

jc120切り替え


チャンネルリンク

ジャズコーラスのクリーントーンは良いんだけど、歪みとなると…

 

一般的にジャズコーラスは、マーシャルなどのアンプと比べると音が細くて歪みサウンドが物足りませんよね。本当はマーシャルなどチューブアンプ使いたいけど、状況によってはジャズコーラスを使わなければならないシーンは多々あると思います。

 

例えば、ツインギターでスタジオやライブハウスにマーシャルが1台しかないとか、ジャズコーラスしか置いてないとか、ライブハウスのマーシャル故障中とか(←コレ。2度経験しました)

 

ギタリストである以上ジャズコーラスでも歪みサウンドでカッコいい音を出せるようになることは必要なスキルと言ってもいいでしょう。ジャズコーラスの音作りの幅を格段にアップさせることができるチャンネルリンクという手法についてお伝えします。

 

チャンネルリンクって何?

JC-120にはチャンネル1とチャンネル2の2つのチャンネルが用意されています。で、チャンネルごとにそれぞれプリアンプも独立しています。この両チャンネルのプリアンプを同時に稼働させてしまおうという技がチャンネルリンクです。

 

チャンネルリンクのやり方

やり方は非常に簡単!通常はチャンネル1のLowなど一箇所にシールドを挿すので、チャンネル1のHighとチャンネル2のHighまたはLowの穴は空いていますよね。

 

この空いているチャンネル1のHighとチャンネル2のHighまたはLowの穴をシールドでつないであげればチャンネルリンクの完成です。

チャンネルリンク

これによって、ギター→チャンネル1→チャンネル2→スピーカーと直列で入力できることになります。直列でつながっているだけなので、両チャンネルの音がミックスされた音が出音になります。JC120はスピーカーが2つありますが、チャンネルごとの音がそれぞれのスピーカーに独立して出るわけではありません。

 

ギターからチャンネル1Lowに挿す例で説明しましたが、もちろん他の組み合わせも可能。組み合わせは8通りありますが、どれが正解というものではないので色々と試してください。

ギターの接続

リンク

チャンネル1のHigh チャンネル1・Low と チャンネル2・High をリンク
チャンネル1・Low と チャンネル2・Low をリンク

チャンネル1のLow

 

チャンネル1・High と チャンネル2・High をリンク
チャンネル1・High と チャンネル2・Low をリンク
チャンネル2のHigh チャンネル1・High と チャンネル2・Low をリンク
チャンネル1・Low と チャンネル2・Low をリンク
チャンネル2のLow チャンネル1・High と チャンネル2・High をリンク
チャンネル1・Low と チャンネル2・High をリンク

 

どんなメリットがあるの?

チャンネル1とチャンネル2の両方のプリアンプを直列につないでいますので、それぞれのチャンネルの(トレブル/ミドル/ベース)のイコライザーを使うことができます。これにより音作りの幅は格段にあがります。

 

また、プリアンプ2機を同時稼働しているので、歪みの音が太くなったり、チューブアンプに似た暖かいサウンドになります。

 

さらに、チャンネル1と2の間にエフェクターを挟むこともできます。たとえば、ギターから直接チャンネル1に挿して、チャンネル1→エフェクター→チャンネル2とつなげば、ドライ音(生音)とエフェクター音を同時ミックスさせることができます。これによって音像をクリアーにすることができます。

 

最後に、チャンネルをリンクさせる際の注意点です。シールドは短いほど信号を速く伝えることができます。ピッキングによる音のレスポンスを良くするために可能な範囲で短いシールドを使いましょう。

ステレオフル活用

ジャズコーラスで、カッコいい歪みサウンドを作れるようになることは、ギタリストである以上は必須のスキル。チャンネルリンクという手法を使って、ジャズコーラスの音を太くする、音作りの幅を広げる方法を紹介しました。

 

でも、スピーカーからはミックスされた音が出るだけで、左右それぞれ違う音がでるわけではないですよってお話しましたね。ここからは、ステレオ効果をフル活用するための手法を2つ程ご紹介します。

設定ゼロでステレオ効果

ジャズコーラスは、その名の通りコーラスというエフェクターが内臓されているアンプしたね。このアンプ内蔵エフェクターはコーラスの他にもヴィブラートも内蔵されています。こいつを使ってステレオ効果を生み出す手法です。

 

ジャズコーラスの前面パネル・チャンネル2内にあるツマミの右側にこのコーラススイッチがありますね。これを「VIB」モードにして、RATEとDEPTHのツマミはゼロにしましょう。
ジャズコーラス前面パネル

 

そうするとヴィブラートの効果が音に反映されることはなく、簡単にステレオ効果を得ることができます。

 

ギターアンプの近くに立っていると分かりにくいと思いますが、アンプ正面で少し離れた位置で音を聴き比べてみてください。左右のスピーカーが活かされて、音が分厚くなっていると感じることができるでしょう。

 

前回ご紹介したチャンネルリンクと合わせ技で使えば、さらにギターサウンドがパワフルで存在感を出すことが出来ます。

 

これだけで、普通にアンプに挿している人と比べて、圧倒的な差を付けることができますね。分かる人が見れば、「お!You知ってるね〜」って思われますよ。

 

リターン挿し

チャンネルリンク、ヴィブラート設定ゼロといった手法を使うことで、音に厚みを持たせたり、太くすることで歪みサウンドをより良いものにすることが出来ます。

 

でもね。ジャズコーラスのプリアンプを通している以上、ジャズコーラスの音なんですよね。この音が嫌いな人にとっては、プリアンプを鳴らしている限り、如何なる手法を使ってもどうにもなりません

 

そんなに人にオススメの手法がリターン挿しです。この手法を使うことで、ジャズコーラスのプリアンプの音からは、おさらば出来ます。また、左右のスピーカーで異なるサウンドを出したいという人にもオススメです。

 

背面のパネルを見てみましょう。

JC120背面

 

RETURNと書かれたインプットがありますよね。前面のインプットを使わずに、ここに直接つないでしまえば、ジャズコーラスのプリアンプ部を介することなく、直接パワーアンプにつなぐことができるのです。

 

つまり、PODなどアンプシュミレーターを使えば、シュミレートした様々なプリアンプの音をダイレクトに伝えることが出来ます。しかも、RETURNのインプットはLとRがあり、ステレオ効果をフル活用できるんです。

 

たとえば、

  • 左右のスピーカーで異なる歪みサウンドを出す
  • Aメロは左、Bメロは右のスピーカー、ギターソロでは両方で音を出す
  • ソロで右からは通常の音で、左からピッチシフターなどでハモリの音を出す
  • ショートディレイで左右に振ってあげればCDにような音の広がりを演出することもできます

考えれば使い方は無限大。こんなつなぎ方もできますね。
ジャズコーラスの繋ぎ方

 

ジャズコーラスのプリアンプを使わないので、アンプシュミレーターなどのプリアンプが必要になります。それと音量は全てエフェクターで設定することになるので、ボリュームペダルがあった方がいいですね。

 

最近のマルチエフェクターには、アンプシュミレーターが入っているので、それを使えばOK。エフェクターの設定でスピーカーシュミレータをオフにすることをお忘れなく!

 

また、ライブのときには、必ず左右のスピーカーの前にマイクを1本ずつ立ててもらいましょう。せっかくのステレオ効果が、意味なくなってしまいますからね。

 


太い音の作り方

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる