LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!

 

発売前から沸々と注目を集め続けているLINE6のAMPLIFi 150AMPLIFi 75
こいつ、とんでもなくヤバいアンプなんです…
(amplifiでもAMPLIFIでもなく、AMPLIFiが正式名称)

 

LINE6 AMPLIFi1台で、何でもできる超多機能、
家でもスタジオでもライブハウスでも使える革命的なアンプです。

 

もう、エフェクターもスピーカーも要らない時代になったのかも!?
う〜ん、なんだか、ちょっと寂しい…

 

目次
1. AMPLIFiのココがスゴイ!!
2. 高出力なのに部屋に置ける大きさ
3. 運搬できる重さ
4. 入出力端子と活用法
5. コントロールパネル
6. サウンド
7. アンプシュミレータとエフェクター
8 .AMPLIFiをお得に購入したい

 

LINE6 AMPLIFiの特徴をザックりまとめると

 

ざっくりとLINE6 AMPLIFiの主な特徴を挙げると、

 

  • 150Wと75Wの2機種で、大型アンプと同レベルのワット数だけど、

    小ぶりで、軽めで、オシャレ。

  •  

  • アンプシュミレータ70種以上、エフェクト100種以上、

    キャビネット20種以上もの多彩なサウンドバリエーション。

  •  

  • もちろん、保存できるし、FBVペダルで音の切替が可能。
  •  

  • 5Wayスピーカーで、3Dギターサウンド。
  •  

  • iPad/iPhoneで操作可能で、Bleutoothでワイヤレス接続!
  •  

  • 音楽用のスピーカーとしても優秀!
  •  

  • iPad/iPhoneの音楽をストリーミング再生
  •  

  • 音楽に合わせてセッションが可能
  •  

  • 再生している音楽にマッチしたギターサウンドを、

    世界中から探し、自動的に提供してくれる

 

 

こんなところかな。
で、これだけのことができて価格が安い

 

定価(税抜)で、AMPLIFi(150W)が5万3500円、AMPLIFi(75W)が4万2500円です。

 

 

これは、ヤバいですよね…

 

普通の大型アンプが10万円はするのに…

 

音がショボいのでは!?

 

 

いえいえ、そこはLINE6!

 

今までのアンプシュミレータやストンプボックスのようなエフェクターが、
このAMPLIFiには詰まっています!

 

充分、レコーディングにも対応できるレベルなのです。

 

恐るべし、LINE6。

 

 

ひとつ、LINE6・AMPLIFiに足りない機能は、
オーディオインターフェースとしての機能が、現時点では実装されていないところ。

 

現時点では…

 

そう、背面パネルには、しっかりとUSB接続できる端子が付いているんです。
おそらく、今後のアップデートでUSB接続でオーディオインターフェースとしても使えるようになるんでしょうね。

 

そんなLINE6・AMPLIFiが2014年3月末に日本でもついに登場!

 

 

AMPLIFi 75  ⇒ 【ギターアンプ】LINE6 AMPLIFi 75

 

AMPLIFi 150 ⇒ LINE6 AMPLIFi 150

 

 

LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も部屋に置ける大きさ

 

 

AMPLIFi 150(W)やAMPLIFi 75(W)を見て、まず驚いた部分は、アンプの大きさです。

 

amplifi150amplifi75_line6

 

 

150Wと聞くと、通常の練習スタジオやライブハウスに置いてあるマーシャル(100W)やJC-120(120W)のようなドデカイ筐体を想像してしましますが、

 

このAMPLIFi 150(W)は、それら以上のワット数なのに、サイズが小さい。

 

AMPLIFi 75wなんて、我が家にある25Wのマーシャル・アンプと外寸がほぼ同じ…

 

 

 

ライブでも使える自分用のアンプが欲しいと思っていても、普段、部屋に置いておくと邪魔になるからと諦めていた人も多いのではないでしょうか。

 

でも、このAMPLIFiのアンプであれば部屋に置いておくことができます。

 

ツマミなど凹凸になるものが隠れているから、武骨でゴツゴツとした印象はなく、すっきりとしたシンプルモダンなデザインとなっています。

 

さらに、音楽スピーカーとしても使えるから、

 

お洒落なスピーカー・インテリアとして部屋を彩ることもできます。

 

 

しかも、Bluetoothでワイヤレス化できるので、ケーブルで部屋が汚らしく見えないという点も、とても印象が良いですね。

 

 

 

奥行も、AMPLIFi 75wは約20cm、AMPLIFi 150wは約24cmと、どちらも薄い!
どちらも部屋の置き場に困らないですね。。。

 

 

いや〜 本当にすごいです…

 

 

LINE6/AMPLIFiアンプ・外寸

 

AMPLIFi 75w : 445(幅) x 318(高さ) x 203(奥行) mm
AMPLIFi 150w : 571(幅) x 413(高さ) x 241(奥行) mm

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる