ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い

現在、プロの現場でもアマチュアギタリストの間でも、高い評判を受けている、超高品質なノイズリダクションが、ISPのDECIMATORです。

 

 

ISPのDECIMATORは、今あるノイズリダクションの中で、最先端をいき、最強のノイズリダクションと言ってよいかと思います。

 

 

コンパクトエフェクターで足元を固めているギタリストには、ぜひとも手にしてほしいノイズリダクションです。

 

 

ノイズリダクションの最高の技術を持つISP

そもそも、エレキギター初心者の方にとっては、このISPというメーカー名にあまり馴染みがないかもしれませんね。

 

 

ISPという会社は、比較的最近誕生したメーカーです。

 

 

一昔前は、ノイズリダクションと言えば、ロックトロンのHUSHと言われており、多くのギタリストに使われており、今でも愛用しているギタリストはたくさんいます。

 

 

その創始者の1人が、HUSHの開発チームを引き連れて、新たに設立した会社がISPなのです。

 

 

そのため、ノイズリダクションに関しては、最高の技術力を持っているといっても良いかと思います。

 

 

コンパクトタイプのDECIMATORは、4機種がラインナップ

現在、コンパクトタイプのDECIMATORは、「DECIMATOR」「DECIMATOR G STRINGS」「DECIMATORU」「DECIMATORU G STRINGS」の4つの機種がラインナップされています。

 

 

ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い

 

 

いずれも、BOSSのコンパクトエフェクターと同じようなサイズですので、ボードへの組みこみなど、とても扱いやすいですね。ただ、重厚な筐体のせいで、ちょっと重たいといったデメリットもあります。

 

 

では、4機種について、それぞれ、どんな違いがあるのかを見ていくことにしましょう。

 

 

DECIMATORとDECIMATOR G STRINGSの違い

DECIMATORは、歪み系ペダルの後に繋いてノイズを除去するという、まぁごく普通の繋ぎ方をするノイズリダクションです。

 

 

ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い

 

 

 

それに対して、DECIMATOR G STRINGSには、インプットとアウトプットの他に、センド/リターンの端子が付いています。ケーブルの接続がちょっとややこしくなります。

 

 

ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い

 

 

一般的なノイズリダクションの場合、歪みに合わせて強めに設定すると、クリーントーンに切り替えた時に、不自然に音を切ってしまうため、違和感が発生してしまいます。

 

 

しかし、センド/リターンの間に、歪み系エフェクターを入れることによって、そのループ内で発生したノイズを除去することができるようになります。

 

 

つまり、クリーントーンに切り替えたときには、センド/リターン間のノイズリダクションが効かなくなるので、違和感なくノイズを除去することができるのです。

 

 

このDECIMATOR G STRINGSの方式は、BOSSのノイズリダクションNS2なんかと同じです。

 

 

DECIMATOR G STRINGSは、配線が面倒なので、そこがネックかと思いますが、歪みサウンドでノイズをしっかりと除去して、クリーントーンにも頻繁に切り替えたいギタリストにとっては、DECIMATORよりも、こちらの方が合っているかなって感じです。

 

 

スイッチャーなどを導入していて、クリーントーンのときには、ノイズリダクションをOFFにできる人は、DECIMATORでも良いかもしれませんね。

 

 

DECIMATOR(G STRINGS)とDECIMATORU(G STRINGS)との違い

ロングトーンかノイズか

DECIMATORは、一定の(設定した)音量以下になると、ノイズが多いと判断して、音を消してしまいます。

 

 

そのため、ロングトーンなどでは、音が減衰し、小さくなっていくと、ある一定のレベルで、音がブツっと途切れてしまいます。

 

 

DECIMATORUの方は、ロングトーンで、ブツッと一気に音を途切れさせないで、ノイズは残ってしまいますが、自然に減衰していく仕様になっています。つまり、こちらの方がサステインは長くなります。

 

 

どちらの方が優れているというわけではなく、好みで選んでよいかと思います。

 

 

多少のロングトーンは犠牲にしても、ノイズは徹底的に除去したいという方は、DECIMATORの方が良いし、ノイズが混ざってもロングトーンは綺麗に伸ばしたいという方は、DECIMATORUの方が良いでしょう。

 

 

自分の場合は、音が出ているときのノイズは、気にしないので、ロングトーンが活きるDECIMATORUの仕様の方が好きですね。

 

 

リンク機能

もう一つ、DECIMATORU(G STRINGS)には、リンク機能というものがあります。

 

 

2台のDECIMATORを接続してリンクすることができるようです。これによって、エフェクトループに1台、アンプのセンドリターンに1台にように割り当てることができるようです。

 

 

正直、この機能については、わざわざリンクさせるメリットというのが、イマイチよく分からないところです。普通は1台で充分だと思います。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる