ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!

こだわりを持つギタリストが多いエフェクター「ディレイ」。エフェクターの接続順としても、ディレイは基本的に後段に接続するため、音への影響力は大きく、ごまかしが効かないエフェクターであります。

 

だから、ディレイの選択ミスは、ギタリストにとってかなりイタイ・・・

 

しかし、一言でディレイと言っても、その種類は膨大であるため、一体どんなディレイがおすすめで、どれが自分に合っているのか迷ってしまわれる方も多いことでしょう。

 

実際、「デジタル・ディレイ」と「アナログ・ディレイ」といった2種類の分類だけでなく、多機能モデルがあったり、価格帯も3000円程度の安いものから10万円近くする高級機種まで、実にバリエーションが豊富なエフェクターです。

 

ときどき『○○のディレイを買って失敗した』などと言っている人もいますが、これは、そのエフェクターが悪いというより、自分が求めているものをしっかりと整理しないうちに、買ってしまっているからだと思われます。漠然と「これが売れているから良さそう」と安易な気持ちで買うのは避けた方がよいエフェクターなのです。

 

といっても、あらゆるディレイを知ってからとなると、手にするまでにはそれはそれは途方もなく長い旅となり現実的ではなく、エフェクターマニアの方でない限り正直しんどいですよね。

 

そこで、大外れを避けるために、最低でも知っておいてほしいのは、「アナログ・ディレイ」と「デジタル・ディレイ」の違い。

 

ここでは、アナログとデジタル・ディレイの違い、そして、低価格帯と定番、高機能なディレイのうち、おすすめの機種について解説していきます。まずは自分が求めているディレイは一体どんな種類なのかを整理しつつ、おすすめ機種について見ていきましょう!

目次

アナログ・ディレイ

アナログ・ディレイとは・・・

アナログ・ディレイのディレイ音は、原音よりも丸みを帯びた暖かみのある自然なサウンドになります。

 

このように言われるのは、アナログ・ディレイの仕組みにその理由があります。

 

アナログ・ディレイというのは、入力された音を2系統に分けて、一方は原音をそのまま通し、もう一方でディレイ音を作っています。
アナログディレイの原理
ディレイ音を作るために、BBD呼ばれる素子を通しそこで音を遅らせるのですが、このとき高音域に余計な音が混ざってしまうため、低音域だけを通すフィルター(ローパスフィルター)を通して高音域を削ってしまいます。高音域は削られてしまうわけですから、こもったように音が変化するというわけです。

 

このように説明されると、アナログ・ディレイは「音が劣化して良くないじゃないの?」と思うかもしれませんが、むしろこの方がバンド演奏のオケに馴染みやすい自然なディレイ音に聴こえるため、アナログ・ディレイならではの良さであり個性なのです。

 

「ギターソロなどで音に厚みを持たせたい」「アルペジオなどバッキングで自然な広がりを加えたい」といった感じで、ディレイ音をさりげなく使いたいのであれば、アナログ・ディレイの方がバンドアンサンブルに馴染みやすく、扱いやすい音なのでおすすめです。

王道的なアナログ・ディレイのおすすめ機種

コンパクトアナログディレイの決定版!MXR / M169 Carbon Copy Analog Delay
コンパクトアナログディレイの決定版!MXR / M169 Carbon Copy Analog Delay

 

アナログ・ディレイと言ったらコレ!プロも愛用する超定番のMXRのカーボンコピーです。
アナログ・ディレイは、どうしてもディレイ・タイムが短くなりがちですが、これは最大600ミリ秒まで設定できるため、アナログ・ディレイとしては長い方で十分過ぎるくらいです。価格的にも1万円代なので、コンパクト・タイプのエフェクターの中としてはごく普通、比較的求めやすいと言えます。
サウンド的にも『これぞ、アナログ・ディレイ!』って感じで扱いやすいので、これを買って大外しすることはまずないでしょう。初心者の方にもおすすめできますし、故障しない限りは長い間ずーーっと使い続けることができる安定のエフェクターです。

リーズナブルを求めている方におすすのアナログ・ディレイ

低価格でステレオ対応のアナログディレイ!ARION / SAD-3
低価格でステレオ対応のアナログディレイ!ARION / SAD-3

 

低価格ながらも、しっかりとアナログ・ディレイの音を出してくれるARIONのSAD−3。
これ以上安いアナログ・ディレイだと、ツマミが少ないものばかりなので、少し慣れてくるとディレイ音の調整にストレスを感じるますが、これであれば、ディレイの設定で基本となる「ディレイ回数」「ディレイタイム」「ミックスレベル」の調整ができるので、ツマミ不足を感じることはないでしょう。
ただ、値段的に仕方ないのですが、ディレイタイムが50ミリ秒〜200ミリ秒の間での調整になるので、MXRのカーボンコピーなんかと比べてしまうと、個人的には少しもの足りなさを感じてしまいます。
しかし、低価格帯の中で、しっかりとアナログ・ディレイを体験できるのは、これが一番だと感じピックアップしました。安さを求めつつも、しっかりとアナログ・ディレイの音を体験したいのであれば、この機種はおすすめのです。

デジタル・ディレイ

デジタル・ディレイとは・・・

デジタル・ディレイは、アナログと違って「くっきり」「ハッキリ」とした輪郭を持ったディレイ音です。ディレイ音自体が、1つの音符であるかのように、しっかりと存在します。

 

デジタル・ディレイも入力された音を2系統に分けて原音とディレイ音に分けます。しかし、ディレイ音の作成過程が大きく違い、入力された音をデジタル化し保管&処理するため、アナログ・ディレイのように雑音が混じることなく音質の変化があまりありません。

 

音が劣化しないと聞くと、聞こえが良いのでデジタルの方が良いエフェクターだと思ってしまいがちですが、ここは結構落とし穴だったりします。
ディレイはよく「山びこ」に例えられることがありますが、実際の山びこは最初に発した自分の声が、そっくりそのまま返ってくるわけではないですよね。最初に発した声は、様々な物にぶつかり音が変化して、ボヤけた音として返ってきます。
デジタルとアナログのディレイ音像
そのため、劣化しないデジタル・ディレイは、不自然さを感じることがあるので、ディレイをさりげなく使いたいという場合にはあまり適していないと思います。本当はアナログな音を求めていたのに、デジタル・ディレイを買ってしまうと、「あれ?なんか違う・・・」「音がすっきり・キレイ過ぎて物足りない・・・」なんてことになります。

 

「打ち込み系の音楽やモダンな音楽をやりたい」「ディレイ音も1つの音符として効果的に使いたい」「くっきりハッキリしたディレイ音が出したい」というのであれば、デジタル・ディレイがおすすめです。

 

 

また、デジタル・ディレイの中には、アナログ・ディレイをシミュレートしたものがあります。

 

これは、わざと高音域を削りアナログ・ディレイのように劣化した音を作り出すといったものです。とはいえ、そもそも回路自体も違うので、どうしてもデジタル・ディレイの色を感じてしまうものが多いです(音として使えないというわけではない)。
本物のアナログ・ディレイを求めている方にはおすすめできませんが、この手のタイプはデジタルと切り替えられるエフェクターが多いので「メインはデジタル・ディレイで、たまにアナログ風ディレイも使ってみたい」という方にはおすすめできます。

おすすめの定番的デジタル・ディレイ

ルーパー機能付きデジタル・ディレイ!TC ELECTRONIC / Flashback Delay & Looper
ルーパー機能付きデジタル・ディレイ!TC ELECTRONIC / Flashback Delay & Looper

 

9種類のディレイを搭載をしたデジタル・ディレイ!中でもデジタル・ディレイの名器とも言われている「TC2290」を再現したディレイを搭載しており、これを目当てにFlashbackを使っている方も多いでしょう。他にも、テープエコーやアナログ風のディレイ、ディレイ音を逆再生するリーバス、ディレイ音に揺らぎを与えるモジュレーションなどが搭載されています。サウンド的には、綺麗でスッキリしています。かなりぶっ飛んだ超変態サウンドこそありませんが、デジタル・ディレイで表現したい事のほとんどは、これで実現できるでしょう。

 

また、現代仕様らしくパソコンやスマホとの連動することも可能で、トップギタリストが作成したディレイ・サウンドをコピーできるので、音作りが苦手な方でも安心できますね。

 

他には、最大40秒間、様々なフレーズを多重録音し、再生ができるルーパー機能も搭載している点もありがたいです。

 

通常のデジタル・ディレイに加え、ヴィンテージ風ディレイ、ルーパー、PC・スマホ連動と、まさに現代のスタンダート的位置づけのディレイで、デジタル・ディレイの定番機種と言ってもよいでしょう。機能が多くなると筐体が大きくなりがちなデジタル・ディレイですが、これだけのことが出来て通常のコンパクト・エフェクターのサイズ感なので使い勝手は文句なしですね。
音色を予め複数保存しておき足元で切替えを行いたいという人は、サイズ感は大きくなりますが上位機種もあるので検討してみるとよいでしょう。

>多機能型でおすすめなデジタル・ディレイ

多機能型デジタル・ディレイ!STRYMON / Time Line
多機能型デジタル・ディレイ!STRYMON / Time Line

 

12種類のディレイを搭載しており、アナログ・ディレイやエコーテープのようなヴィンテージ風ディレイはもちろん、かなり個性的なぶっ飛び系サウンドまで選べるようになっています。

 

このディレイの回路はすべてがデジタルというわけだけでなく、アナログ回路も採用しています。これによって、原音はデジタル化せれずアナログのまま忠実に処理してくれたり、アナログ風ディレイは、よりアナログ・ディレイに近いサウンドを出すことが出来るようになっています。

 

ディレイの種類を選択するツマミの他、Value、Time、Repeats、Mix、Filter、Grit、Speed、Depthと充実したツマミが用意されており、かなり繊細な音作りが可能です。この辺りは、操作が苦手な特に初心者の方にはあまりおすすめできず、玄人向けのエフェクターという印象を受けてしまうかもしれません。入門機として最初に手にするディレイとしては、少々難しい機種かもしれませんね。しかし、それだけ表現の幅が広がるディレイなので、これに一度慣れてしまうと、なかなか他のディレイに手が出せなくなってしまいます。。。

 

プリセット機能も充実しています。200もの音色を保存しておくことができ、足元操作で呼び出しすることが可能。ライヴなどでディレイ音を頻繁に切り替えたいという方にぴったりな、おすすめのディレイでしょう。

低価格帯のデジタル・ディレイといえばコレ

低価格のデジタルディレイならコレがおすすめ!DIGITECH / DIGITAL DELAY
低価格のデジタルディレイならコレがおすすめ!DIGITECH / DIGITAL DELAY

 

低価格でデジタル・ディレイを選ぶなら、断然デジテックのデジタル・ディレイがおすすめです。

 

他の1万円を切るような低価格帯のデジタル・ディレイって、結構イタイ欠点が多いんですよね。たとえば、エフェクターを直列に繋いでいて、ディレイをオフにしているときに、やたら音痩せが目立ち、音量が小さくなっちゃうようなものとか・・・これだと、曲中にディレイをオンにしたとき音量がでかくなってしまい扱いづらいですね。

 

安いエフェクターだとどうしてもこうした部分が目立ってしまうのですが、デジテックのデジタル・ディレイの場合は、音質の変化はあるものの、許容できる範囲なんじゃないかと思います。

 

デジタル・ディレイとして設定したい必要なツマミは搭載されているので、ディレイ初心者の方にはおすすめできる機種です。

ぶっちゃけ低価格帯のディレイってどうなの!?

後段に接続するディレイは、特に音の質が求められるエフェクターです。

 

ここまでは、低価格帯でのおすすめ機種も紹介させていただきましたが、低価格帯の中だったらコレが良いよという感じでのおすすめであり、長期利用を考えた場合、もう少し金銭的に頑張って、定番としておすすめさせていただいたクラスのディレイを手にした方が良いというのが、筆者の本音です。

 

特に、5000円クラスと1.5万円〜クラスのディレイとでは、クオリティのレベルが大きく違います。あくまで筆者の感覚的な話ではありますが、エレキギター本体で言えば、3万円クラスの入門ギターと10万円クラス以上のギターくらいの品質の差があるんじゃないかと思います。

 

もちろん、低価格帯のディレイでも、その音が気に入ればずっと使えますし、実際そのようなギタリストもいらっしゃいますけどね。ただ、多くの人の場合は、少し慣れてくると、上位機種のようなサウンドの質や機能が欲しいって思ってくるようになりますので、最初から定番クラス以上のディレイを買っといた方が、トータルでは安く済むというお話しです。

 

 

では、最初から高級機種を買った方がよいかと問われると、答えはノー。

 

エフェクターの場合、3万円以上のクラスのものは、ハンドメイドだったり、内部配線や回路に特殊なものを用いていたり、特殊機能の充実だったりと、単純に音質や造りそのものが価格に比例して大きく上がるとは言いづらいです。

 

そのため、使い手の拘りや特殊な使い方のニーズを満たすものとなり、ごくごく普通にディレイを使う人にとっては、それほど意味がないものだったりします。

 

強い拘りを持っていないのであれば、やっぱり定番クラスのディレイがおすすめです!

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる