これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方

エレキギターにおけるコンプレッサーは、初心者の方が初めて使うと、他のエフェクターと比べると派手さがないため、一見何も変化しないように感じるかもしれません。しかし、実はピッキングによる音量差を無くすという面で、かなりの貢献をしてくれるエフェクターです。

 

ここでは、コンプレッサーの効果や使い方、また使う上での注意点などを、分かりやすく説明します。このエフェクターを知ることで、ライブやレコーディング時に、威力を発揮してくれるので、しっかりと理解しておきましょう!

コンプレッサーの原理

効果が実感できない方にはなかなか理解しづらいエフェクターですが、コンプレッサーを理解するには、まずは、その原理について知っておく事が大切です。

 

そもそも、コンプレッサーは、ダイナミクス系といわれるカテゴリーに属するのエフェクターですが、オーバードライブやディスト―ションといった歪み系のエフェクターとは異なり、音を圧縮(コンププレッション)してくれるエフェクターです。

 

どういうことかと言うと、コンプレッサーは、設定した音量を超えた音を圧縮して、時間的な音の減衰を抑えるような原理で出来ています。エレキギターは弦を弾いた直後から音が小さくなっていきますが、コンプレッサーをかけることによって以下の図のように、この差を小さくすることができるのです。

 

これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方

コンプレッサーを使って得られる効果

効果を知らないまま使用すると「で、結局なんか変わったの?」と思うほど地味なエフェクターではありますが、ここで説明した効果を理解したうえで使用すると、コンプレッサーの効果を感じていただけるのではないでしょうか。

 

コンプレッサーの音を圧縮するという原理により、結果的に以下のような効果が得られます。

  • 音の減衰が少なくなり、ロング・サステインを得たよう(音が伸びたよう)に聞こえる
  • 音量の最大と最小の差が少なくなるので、音の粒が揃って聞こえる

更に、エフェクターのツマミを調整することによって、弾いた直後から「どのくらい経過したら圧縮を開始し」、「どのくらいの時間圧縮を続けるのか」を設定できます。そのため、たとえば、ピッキングによるアタック感は残しつつ、音量差を均一にするということができるのが、このコンプレッサーの良いところです。

 

しかし、このコンプレッサーは、取り扱いには注意が必要です^_^; というのも、ピッキングが多少乱れていても音が均一化して綺麗に聞こえるため、うまくなったと勘違いしてしまうのです。普段の練習時にはあまり使用せず、ライブやレコーディングなどここ一番というときに使用するとよいでしょう。

 

また、コンプレッサーは地味であるため、つい強くかけ過ぎてしまいがちですが、そうすると、どんなピッキングをしても常に音の大きさが同じになってしまうため、ピッキングのニュアンスが失われてしまいます。音を補正するためのエフェクターという認識を持ちましょう!

コンプレッサーを使用する場面

コンプレッサーは常時ONにして使用するのではなく、以下のような効果を狙いたいときに効果的に使用することをおすすめします。あくまでも「補正」であり、コンプレッサーありきの音作りにならないように注意しましょう。

  • クリーンなトーンでロングトーンを多用するソロを弾くとき
  • 歯切れのよいカッティングを弾くとき
  • ソリッドステートアンプにチューブアンプにような感じを出したいとき
  • 弦ごとの音量差が大きい場合の音量補正

コンプレッサーの主なツマミ

コンプレッサーには、一般的にLEVEL、ATTACK、SUSTAIN、THRESHOLDといったツマミがあります。一つ一つ見ていくことにしましょう。

THRESHOLD

音量がどのレベルを超えると圧縮をはじめるかを決定するためのツマミです。これを上げるほど音の粒が揃いますが、一方で、音が奥に引っ込みやすいという欠点もあります。

ATTACK

弾いた直後から圧縮が始まるまでの時間を決定するためのツマミで、上げれば上げるほどコンプレッサーが仕事をしはじめるまでの時間が長くなります。

 

ATTACKを少し遅めに設定することで、音の出だしをはっきり聴かせることができ、ギターのピッキングニュアンスをしっかり出すことができます。逆に、早めすることでニュアンスを出さないようにして、音量レベルをそろえることができます。

 

たとえば、カッティングのレベルをそろえたいというときは、アタックタイムを早めにして、ニュアンスをあまり出さないようにするというのもありですね。

SUSTAINやRELEASE

圧縮し始めてから、圧縮されていない状態に戻る(コンプレッサーを開放)までの時間を調整するツマミです。これを上げれば上げるほど音が伸びているように聞こえるます。

LEVEL

これは他のエフェクターと同じで分かりやすいですね。圧縮後の音の音量を調整するツマミです。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる