エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー

エフェクターの繋ぎ方
ギターの音作りをするうえで、エフェクターの繋ぎ方は非常に重要です。繋ぎ方1つで、最終的にギターアンプからで出てくるサウンドはまるで全く変わってきます。

 

一例を挙げると、リバーブは歪みエフェクターよりも前に置くことがセオリーですが、この接続順を反対にするだけで、場合によっては輪郭のないヒドイ音になってしまうのです。これから様々なエフェクターの繋ぎ方について詳細を説明しますが、エフェクターの効果があまり感じられないような繋ぎ方になってしまう場合もあります。

 

繋ぎ方には「絶対」というものはなく、必ずしも基本に忠実に繋がなければNGだということではありません。実際、効果を狙って、敢えて基本とは異なるイレギュラーな繋ぎ方をする場合もあります。

 

しかし、エフェクターの基本的な繋ぎ方を、知っているのと知らないとでは、音作りの上手さに大きく影響してきます。そこで、まずは、基本となる繋ぎ方となぜそれが基本なのかを理解しておきましょう。

エフェクターの基本的な繋ぎ方

まず、ここでは一般的なエフェクターを以下のようにカテゴリー分けすることにします。このようなカテゴリー名で分けると、特に揺らぎ系のエフェクターの分け方が微妙になってきますが、説明の便宜上、この分け方でいきます。

音量補正系
  • コンプレッサー
  • リミッター
音程変化系
  • ピッチシフター
  • ハーモナイザー
  • オクターバー
音量変化系
  • ボリュームペダル
  • ブースター
歪み
  • オーバードライブ
  • ディストーション
  • ファズ
雑音除去
  • ノイズリダクション
  • ノイズゲート
  • ノイズサプレッサー
周波数変化系
  • ワウペダル
  • オートワウ
  • イコライザー
揺らぎ系
  • フェイザー
  • コーラス
  • フランジャー
  • トレモロ
残響系
  • ディレイ
  • リバーブ

もしも個々のエフェクターで分からないものがあれば、「エフェクターの種類を徹底解説」で詳しく説明されているので、読んで理解しておきましょう。

 

 

この中で赤枠の「周波数変化系」「揺らぎ系」「音量変化系」の3つのエフェクター群は、そのエフェクターを使う目的や効果の優先度によって、繋ぎ方が変わってきます。

 

一方、その他の青枠のエフェクター群は、基本的な繋ぎ方は以下の通りの順番で繋ぎます。特別な効果を狙いたいという場合以外は、この順番で固定してしまってよいでしょう。

音程変化系音量補正系歪み雑音除去残響系

エフェクターの繋ぎ方を考えるとき、歪みエフェクターよりも前に繋ぐかか後に繋ぐかが重要なポイントとなってきます。そして、後ろに繋いだエフェクターほど効果がハッキリします。

繋ぎ方を固定してしまってもよいエフェクター群

まずは基本的に接続順を固定してしまってよい青枠内のエフェクター群について、こうした繋ぎ方をする理由について、見ていくことにしましょう。

音量補正系は歪みよりも前に繋ぎノイズを防止する

歪みよりも前に繋ぐエフェクターは、コンプレッサーなどの音量補正系のエフェクターです。

 

このエフェクターは、音を圧縮することで、ピッキングによる音量差を整えるエフェクターなので、単純にその目的から考えても、ギターに最も近い位置に配置するのは、ごく自然なことだと思います。

 

また、歪みは、音の信号を増幅し、ある一定以上の音量に達した部分が歪み出すというものです。このため、歪みも小さい音と大きい音との音量差が小さくなります。音量差が小さくなるということは、ノイズ(雑音)と実音との差も小さくなります。

 

どちらのエフェクターもノイズが目立つようになることには変わりありませんが、増幅してから圧縮するという繋ぎ方をしてしまうと、余計にノイズが目立ってしまうのです。このような理由からも、基本的には歪みよりも前に音量補正系を繋ぐというわけです。

音程変化系はピッチ検出のためギターに近いポジションに配置

ピッチシフターなどの音程変化系エフェクターは、原音の音を検出してその音に対して音程を変化させます。他のエフェクターで音を着色してしまうと、正しい音程を検出できなくなってしまうことがあるのです。そのため、出来るだけギターに近い位置に配置するという繋ぎ方をします。

 

音量補正系との順番は微妙なところですが、コンプレッサーを強くかけたり、ダイナコンプのような個性が強いコンプレッサーを使うと、倍音成分が増えてピッチの検出がしづらくなる可能性もあるので、それよりも前に繋いだ方が無難でしょう。

歪みによって増幅してしまったノイズを除去

雑音除去ですが、歪みはノイズも増幅させてしまうため、歪みよりも後ろに配置するという繋ぎ方が基本です。

 

また、雑音除去は、残響系よりも後ろに繋いでしまうと、実音よりも小さい残響音まで消しまい不自然なサウンドになるため、歪み、雑音除去、残響系という接続順にするのが一般的な繋ぎ方です。

歪み・残響系という繋ぎ方をするのは音像がボヤけないようにするため

残響系のエフェクターの場合は、残響音によって音の輪郭がボヤけます。残響を前に配置する繋ぎ方をした場合、そのボケた音に歪みをかけることになるので、余計に音像が分かりにくい音になってしまうのです。特に、エフェクター強くかけた場合、残響感を感じない酷いサウンドになってしまう可能性があり、歪みよりも後ろに繋ぐのが一般的です。

目的によって繋ぎ方が変わるエフェクター群

揺らぎ系と周波数激変系はそのエフェクター効果を優先するかどうかで繋ぎ方が変わり、音量変化系と周波数補正系はブースターとして使うかどうかで繋ぎ方が変わってきます。

揺らぎ系のウネリ効果を優先するなら歪みより後ろ

揺らぎ系エフェクターは、歪みよりも前に持ってくるという繋ぎ方をしてしまうと、歪みによって周波数が大きく変わるため、そのウネリ効果を感じにくくなってしまいます。そのため、歪み、揺らし系といった順番での繋ぎ方が一般的です。

 

ただ、揺らぎ系の中でも特にフランジャーやフェイザーなどは、歪みよりも前に繋ぐギタリストも数多くいます。これは、ウネリ感は半減するものの、グシャっとした激しいサウンドが得られ、これがカッコよいサウンドのため、このような繋ぎ方を採用しているのでしょう。この辺りは歪みとの相性や好みの問題なので、実際に繋いでみて、自分の好みのサウンドが出る繋ぎ方をするとよいでしょう。

周波数補正系を前段に配置する繋ぎ方だとブースターになる

歪み周波数変化系揺らぎ系

このような繋ぎ方をした場合、イコライザーは純粋に周波数を補正する本来のエフェクターの役割として働き、例えば、高音域だけを上げれば、高音域の音量が単純に上がることになります。ワウの場合は、ワウ効果が強く感じられます。

周波数変化系歪み揺らぎ系

周波数補正系を前に接続する繋ぎ方だと、特定の周波数だけを増幅させるブースターとしての役割に変わります。特定の周波数帯域の音量が上げた状態で歪ませることになるので、ブーストさせた周波数帯の音は潰れドライブがかかります。

 

イコライザーの場合、好きな周波数帯域を細かく調整することが可能で、例えば、高音域を上げればトレブルブースターに、中音域を上げればミッドブースター、低音域を上げればローブースターとして働き、歪みやすい帯域をコントロールすることができます。

 

ワウは変化する周波数帯域があらかじめ決まっていますが、イコライザー同様にブースターとして機能します。ワウ効果は若干抑えられるので、ワウが強すぎると感じる場合には、この繋ぎ方をするとよいでしょう。

 

ギターアンプで歪ませた場合の繋ぎ方

ギターアンプはクリーントーンに設定しておくのであれば、これまで見てきたエフェクターの繋ぎ方をしてから、そのままギターアンプへと繋げてやればOKです。

 

ですが、アンプの歪みを使いたい場合、この繋ぎ方だと、歪み→残響系という順番の繋ぎ方ができません。そこで、大型のギターアンプには背面パネルなどに用意されているセンド・リターン(SEND/RETURN)を利用します。これにより以下の図のような繋ぎ方が出来るようになります。
繋ぎ方としては、アンプのセンド口からエフェクターへと繋ぎリターンへと戻す
ちなみに、この繋ぎ方をする場合は、ギターアンプとエフェクターの入出力レベルを合わせてやる必要があります。アンプやエフェクターに負荷を与えないためにも注意が必要なので、利用する際は『ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法』をご一読ください。

まとめ

エフェクターの基本的な繋ぎ方について見てきましたが、ここでは、ただ繋ぎ方を伝えるだけでなく、なぜそのような繋ぎ方をするのか理由も合わせてお伝えさせていただきました。

 

理由が分かっていれば、敢えて基本を崩し、奇抜なサウンドを作ってみたり、応用することができますね。

 

ここまでの内容を簡単に一言で纏めてしまうと、エフェクターの繋ぎ方の最大のポイントは歪みの前か後か、そして、後続のエフェクターほどその効果が優先されるということです。

 

まずは基本をしっかりと押さえたうえで、ぜひ様々なエフェクターの繋ぎ方も試してみてください。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる