マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです

初心者の方が、マルチエフェクターを初めて買う場合は、安くて使い勝手良いものを選ぶとよい思います。

 

 

ただ、ライブを行ったり、レコーディングをしたりするようになると、新たにより良いエフェクターが欲しくなってきますよね。

 

 

好きな音を突き詰めていくなら、コンパクトエフェクターで固めるのもアリですが、やっぱり様々な音が作れて保存・呼び出しができるマルチエフェクターは、どんな音楽にも対応できるので便利です。

 

 

ここでは、2台目以降に選ぶべきマルチエフェクターについて、述べていきたいと思います。

 

 

マルチエフェクターを使っても、歪みはコンパクトエフェクターやギターアンプに求める

2台目以降となると、音質的にも、それなりに拘るようになっているのではないでしょうか。

 

 

特に、ロックやパンク、メタルなどをやる方にとっては、歪みペダルは、サウンドの要になってきますよね。

 

 

ただ、マルチエフェクターに内臓されている歪みペダルは、なかなか自分が求めているサウンドを出してくれないことが多いです。

 

 

最近のマルチエフェクターは、歪みのクオリティーも良くなってきてはいるものの、コンパクトエフェクターやギターアンプの音と比べると、どうしても物足りなさを感じてしまいます。

 

 

そのため、歪みだけは、好みのコンパクトエフェクターを別に用意したり、ギターアンプに求めた方がよいと思います。

 

 

私自身、今まで様々なマルチエフェクターを試したり、コンパクトでボードを組んだりしてきました。

 

 

しかし今は、G-SYSTEMというそもそも歪みが入っていないマルチエフェクターをベースに、歪みは、DIABLOやREEZAというコンパクトエフェクターを使っていて、これに落ち着いています。

 

 

センドリターン端子が必要

歪みをコンパクトエフェクターやギターアンプに求めた場合、センドリターンの端子が付いていると良いです。

 

 

センドリターンが付いていないと、歪みの後にマルチエフェクターを繋ぐかたちになりますので、歪み(コンパクトやアンプ)→コンプレッサー(マルチ)のような順になってしまいます。

 

 

でも、一般的には、コンプレッサー→歪み→空間系といった繋ぎ方をしますよね。

 

 

ですから、センドリターン端子が必要なのです。

 

 

センドリターン付いていれば、コンプレッサー→センド→歪み→リターン→空間系という繋ぎ方ができるのです。

 

 

歪みに限定してしまいましたが、もちろん別の好きなコンパクトエフェクターを繋ぐこともできます。

 

 

基本コンパクトエフェクターで固めて、部分的にマルチを使いたいという方は、意識しなくてよいとは思いますが、マルチエフェクターをベースにするのであれば、やはりセンドリターンは欲しいところですね。

 

 

センドリターン端子があるマルチエフェクター

GT-100(BOSS)

マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです

 

 

まずはBOSSのGT-100ですが、操作性の良さは、圧倒的にこれがよいですね。BOSSのマルチエフェクターは、ホント操作がしやすいです。

 

 

COSMアンプを内臓しているので、宅録でも活躍してくれます。ただ、宅録に関しては、LINE6の方が一歩先を行っているかなって感じです。

 

 

Firehawk FX(LINE6)

マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです

 

 

モデリングで有名なLINE6のマルチエフェクターです。

 

 

計200種類以上もの膨大な数のアンプやエフェクトを選択できる点が、音作りにおいてバリエーションが豊富になり、最大の魅力だと思います。

 

 

アンプモジュレーターを使用することで、宅録などでも大活躍することでしょう。

 

 

私はLINE6のフロアタイプのHDシリーズを持っているのですが、ライブにあまり向かないため宅録専用になっていますが、こちらのFirehawk FXの方は、ライブでも使い勝手がよいと思います。

 

 

RP1000(DIGITECH)

マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです

 

 

外部アンプやエフェクターとの接続ができ、そのスイッチングをコントロールできるアンプループとストンプボックスループを装備しています。

 

 

写真でみて分かる通り、フットスイッチが多いです。1バンクで10パッチの音を切り替えができるのがスゴイところでしょうか。

 

 

センドリターン端子が付いているマルチエフェクターの中では、価格的にとても安いですね。

 

 

G-System(TC ELECTRONIC)

マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです

 

 

G-SYSTEMは、私自身も使っているマルチエフェクターで、各エフェクターの音に一切の妥協がなく、どれも高品位でクオリティが高いです。

 

 

また、センドリターンのループがエフェクター用に4つ、アンプ用に1つと充実している点が、他の機種とは大きく違うところですね。

 

 

さらに、アンプのスイッチング用の端子やフット・コントローラー用端子、コンパクト・エフェクター用9V DC電源アダプターを装備するなど、ギタリストの機材をトータルで制御してくれる優れモノです。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる