ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?

エレキギター単体で良い音作りが出来ても、バンドの中で演奏すると、埋もれてしまうことってありますよね。

 

 

ここで、単純にアンプの音量を上げてしまうのは、ただ爆音になるだけで、ボーカルや他の楽器の邪魔をしてしまうので、ちょっと考えものです。

 

 

音量を上げるのではなく、音抜けの良いサウンドを作ることが大切です。

 

 

ここでは、音抜けの良いサウンドは、どのように作っていけばよいか見ていきたいと思います。

 

 

エレキギターは帯域が広いから他の楽器と被りやすい

エレキギターという楽器は、帯域がとても広い楽器です。

 

 

そのため、ボーカルや他の楽器と音がぶつかりやすいという欠点があるのです。

 

 

 

音作りが上手くない人は、ギターアンプやエフェクターのイコライザーの使い方が誤っていることが多く、カットすることよりも、ブーストする方向に意識が向いています。

 

 

これでは、どんなに良い機材を使ったとしても、音抜けの良いサウンドを作り出すことが出来ません。

 

 

イコライザーのセッティング次第では、音がもろに被ってしまい、バンドで演奏したときに、音抜けの悪いサウンドになってしまうんですよ。

 

 

ぶつかる帯域はカットしましょう

音抜けの良いサウンドを作るには、他の楽器とぶつかる帯域をカットしてあげることが、非常に大切です。

 

 

 

例えば、100Hzあたりは、ベースと帯域が被ってしまいますので、バッサリと削りましょう。

 

 

また、一般的な男性ボーカルの場合、800Hzがピークなので、バッキングでは、この辺りもカットしてあげる必要があります。

 

 

反対に、ギターソロなどでは、ボーカルの帯域が空くので、ここをブーストしてあげると目立ちますね。

 

 

さらに、高域もドラムのシンバルなどの音ともぶつかる帯域があるので、そういった部分をカットしてあげるのです。

 

 

 

このように他の楽器と被る部分は、カットしてあげることで、残った帯域の音が聞こえやすくなり、結果的に、バンドアンサンブルの中で音抜けの良いサウンドを作ることができるのです。

 

 

バンド全体で良い音作ることを意識しましょう

エレキギター単体で聴くと、なんとなく物足りないなと感じても、意外とバンドで合わせて聴くと、良い音・聴きやすい音だったりします。

 

 

 

当たり前ですが、バンドには、エレキギターだけが存在しているわけではありません。

 

 

ギター単体で良い音を作るというよりも、バンド全体で良い音を作るという意識をした方が、各楽器が活きてきて、バンドサウンドが格好良くなるし、ギターも抜けの良い音になりますよ。

 

 

音抜けの良い音のまとめ

ここまでで、ギターで音抜けの良いサウンドを作るには、ボーカルや他の楽器と被る帯域をカットさせること、ギター単体ではなくバンドアンサンブルの中で良い音を作ることが大切だとお伝えしてきました。

 

 

他の楽器の帯域まで食い潰してしまうようなギターの音作りは、NGだということはご理解いただけたでしょうか。

 

 

演奏だけでなく、帯域についても、しっかりと役割分担することが大事なんですね。

 

 

他の楽器の得意帯域は、他の楽器に任せて、空いている帯域で音作りを勝負しましょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる