イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!

イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!

 

エレキギターのサウンドを大きく変えたり補正したりすることができる
とてお便利なエフェクター『イコライザー』。

 

特にエレキギター初心者の頃は、意外と軽視してしまいがち。

 

なんだか設定が難しいなぁと感じて、あんまり使っていないのではないでしょうか。

 

 

 

確かに、○○Hz(ヘルツ)とか言われてもピンと来ないですよね。

 

私もエレキギター初心者の頃は、使っていなかったなぁ〜

 

ギターアンプについている3バンド・イコライザーを設定するだけでした。

 

 

 

まずは、ギターアンプでしっかりした音を作っておくことが重要。

 

でも、アンプの設定だけでは、音作りの幅がどうしても狭くなってしまうのです。

 

 

 

ギターアンプのイコライザーは、上下できる帯域があらかじめ決まっています。

 

だから、バンドの中で『音抜けが悪いなぁ〜』と思って、高域(トレブル)を上げても、ただキンキンするだけだったり、そうかといって低域(ベース)を下げるとスカスカな音になってしまうことがあります。

 

絶妙な感じで設定・調整することが出来ない場合があるんですよね。

 

 

 

そこで、イコライザーの出番です!

 

イコライザーを使いこなせるようになってくると、音作りが格段に上手くなります。

 

ギター初心者の頃はグラフィック・イコライザーの方が扱いやすいのでおススメ!パラメトリック・イコライザーは、もっと細かく設定できるのですが、おそらく多くの人が扱いが難しいと感じてしまうと思います。

 

グラフィック・イコライザーとパラメトリック・イコライザーの違いはコチラ

 

以前の記事でも述べたと思いますが、イコライザーは繋ぐ位置によっても、その存在価値が変わってきます。

 

特に、歪みの前か後かによって全然音色が変わってきます。

 

 

 

積極的な音作りがしたい場合は、歪みエフェクターの後、もっと言えば、プリアンプの後(大きなアンプの背面についているセンド/リターン)に繋ぎます。

 

歪みの前に置くと、ブースター+音色補正の役割を担うことが出来ます。歪みの前に繋ぐときは、歪ませ具合によっても、そのサウンドは大きく変わってきますよ。

 

でも、歪ませ過ぎていると、音色の変化をあまり感じることができないので要注意です!

 

 

 

また、イコライザーを、低音や高音を増減する道具という考えをお持ちの方は、少し考え方を改めるといいと思います。

 

迫力、音圧、存在感などを操るエフェクターだと考えましょう!

 

イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!(2/2)

 

始めから、細かく個々の帯域をイジろうとすると、イコライザー嫌いになってしまうかもしれませんので、まずは、低音域(〜200Hz)、中音域(〜1.0KHz)、高音域(2.0KHz〜)位にザックリと分けて、考えていきましょう!

 

一般的に、歪みの前と後に繋いだ場合で、それぞれ、目的別にイコライザーの使い方を分けると、纏めてみるとこんな感じになります。

 

まずは、こんなイメージで、イコライザーをイジッてみましょう!

 

 

歪みの前にイコライザーを繋いだ場合

 

「音補正+ブースター」的な感じで使える!

 

  • もっと倍音を増したい、ギラギラさせたい、ジャキジャさせたい

    ⇒高音域をブーストさせ(上げ)ましょう。

 

  • 耳に痛い、甘くメロウな音を出したい,密度感を増したい

    ⇒高音域をカットし(下げ)ましょう。

 

  • 音に太さや厚みを増したい、荒っぽい感じの音にしたい

    ⇒中音域をブーストさせましょう

 

  • キラキラ感を目立たせたい、音が太過ぎる

    ⇒中音域をカットしましょう

 

  • 存在感を増したい、音が暴れる感じを出したい、籠った感じを出したい

    ⇒低音域をブーストしましょう

 

 

 

歪みの後にイコライザーを繋いだ場合

 

積極的な音色を変えることが出来る!

 

  • ジョリジョリ感を出したい、音抜けが悪い

    ⇒高音域をブーストしましょう

 

  • 籠った感じを出したい

    ⇒高音域をカットしましょう

 

  • 目立たせたい

    ⇒中音域をブーストさせましょう

 

  • ドンシャリにしたい、五月蠅く耳につく

    ⇒中音域をカットしましょう

 

  • 迫力や存在感を増したい

    ⇒低音域をブーストさせましょう

 

  • 音が飽和している、中高音域を前面に出したい

    ⇒低音域をカットしましょう

 

 

 

もう少し帯域毎の役割を細かく知りたい人は、こちらの記事へ。
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる